コペンローブ2014「コペンのオーナー像とは?」

ダイハツコペンローブ2014年6月19日発売!コペンのオーナー像とは?

 

ダイハツが新型コペンを、2014年6月19日に発売しました。^^

新型コペンローブの開発コンセプトは、車外の樹脂外板や内装の一部をスマホのカバーのように

着せ替えることが可能なことでしたね。

このアイデアへの、開発者の意図はコペンを所有する喜びを実感し、もっと楽しんでもらおうというものです。

 

一方、若年層にも車への興味を取り戻してもらおうというユニークな戦略でもあります。^^

コペンのエクステリア、インテリアのわかりやすい動画がUPされていたので貼り付けています。

 

コンセプトの段階ではKOPENでしたが、しっかり正式名称のCOPENとして帰ってきました。^^

動画を見ても、綺麗で可愛らしく、気持ちよく走ってくれそうな車です!


スポンサードリンク
 

 

コペン・ローブの詳細

ダイハツの新型車戦略は、先日のデカデカの発表といいかなり攻めてますね。

新型コペンの車体価格は、179万円~181万円

エコカー減税対象で、取得税60%、重量税50%の減税を受けられるので、うまく買い物をすれば200万円以下で購入が可能です。

しかし、あくまで軽自動車ですから、安い買い物ではないですね。

所有する方も、趣味でセカンドカーにするという人が多いでしょう。

 

燃費はJC08モードで

CVT 25.2L/km
5MT 22.2L/km

どちらもターボチャージャー車です。

樹脂外板を外せるので、もろそうな印象になりがちですが車体剛性を強めています。

また、軽快な走りをより楽しめる電動開閉式オープンルーフで高級感に溢れ、夏の時期にも最高な車に仕上がっています。

 

コペンのオーナーってどんな人なんだろう?

コペンについて、昔から気になってるのは、オーナーになる人の人物像です。

スポーツカーであり、軽自動車で、車体サイズからして、かなり内装は狭いのに「よく乗れるな~」と、いつも思います。

知り合いにコペンユーザーがいましたが、狭い車内に閉じ込められる空間で軽快な走りを楽しむような感じの人には見えませんでした。

キムタク好きで、男勝りで気の強いアラフォー女性なので、もっと広々とした内装のある解放感の溢れる車に乗りそうな感じです。

コペンにはオーナーだけが味わえるコンパクトな車体でスカッと走る爽快感のような、コペン独特の魅力や喜びがきっとあるんでしょうね。

 

編集後記

スポーツカーが長い間、低迷していて若者の車離れが騒がれてきましたが、コペンから始まるスポーツカーの復権というのもあるかもしれませんね。

若者の心の奥に眠っている車好きの本能を呼び覚ますようなスポーツカーブームが来るかも知れません。^^

まずは、軽自動車からスポーツカーの魅力を打ち出し、アクティブな若者の意識を惹く戦略で市場を開拓していくのでしょう。

「走りを存分に楽しむ」そんな時代がまた来ると楽しいですね。^^

スポンサードリンク