DECADECA(ウェイクコンセプトカー)2014

ダイハツDECADECA(ウェイク)!2014年度中の発売を発表!

 

大好評のスズキハスラーに対抗して2014年3月28日に、ダイハツがレジャー用スーパーハイトワゴンDECADECA(デカデカ)(ウェイク)を

2014年度中に発売すると発表しました。

ダイハツデカデカ(ウェイク)は、2013年東京モーターショーに コンセプトカーとして出展された軽自動車です。

東京モーターショ-2013では、2009年の初のコンセプトカーよりも市販化に近い形で披露されました。

ネット上でも、そのネーミングや観音開きのドアのこともあり、「市販される?」 「いや、されないでしょう!」という様々な反響を呼んでいます。

2015年現在、ハスラーのライバルとしてオモシロCMの効果など、人気はいい線いっています!^^


スポンサードリンク

 

 

反響を呼んでいるダイハツのデカデカ(ウェイク)

男性をターゲットとしており、「もっと軽ユーザーにレジャーに出かけて楽しんで欲しい」という開発者の意向が含まれています。

というのも、スズキのハスラーが、アウトドアやレジャーに出かける若者をターゲットにして大ヒットを飛ばしたためですね。^^

なので、ダイハツもデカデカ(ウェイク)でホームランを飛ばすほどの熱い思いで、この車を販売してくるでしょう!^^

 

デザインは車体が男らしく角張った印象

車高は、1850mmと規格最大値で同社、ダイハツタントよりもさらに10センチ高いです。室内空間は、スーパースペースという新しいカテゴリを掲げているので、かなりの広さになるでしょう。

また、ダイハツタントよりも着座位置は高くなっており、見晴らしの良い、解放感のある室内です。

 

東京モーターショー2013に出展時の情報

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1850mm
ホイールベース:2455mm
タイヤサイズ:165/50R16
総排気量:660cc
直3DOHCインタークーラーターボ
乗車定員:4名

スペースが増えた分、ターボは付いてないとツラいところですね。駆動方式はFFです。4WD設定もあれば、ターボと相まって益々購入層が増えそうです。

しかし、価格は200万ほどになるのではないか?との意見もあるので、軽というよりはミニバンやコンパクトカーに近い軽自動車になりそうですね。

 

編集後記

噂される両側観音開きのドアの採用はどうなるでしょうか。

楽しみですが、現実的にはスライドドアになるだろうとの意見が聞かれます。(そりゃそうですよね。笑)

何より、軽自動車市場にまた面白く楽しみな車が誕生することにワクワクしてきました!^^これからの動向に注目です♪

スポンサードリンク