結ばない靴ひも3種類を比較

結ばない靴紐

 

2月にテレビ番組で紹介されていた結ばない靴ひも キャタピランかなり便利そうですね。^^

ほぼ、スニーカー専用なのですが、使えるシチュエーションは様々あるように思います。

参考になる動画です



スポンサードリンク
 

 

便利に使えそうなシチュエーション

早朝ランニングやウォーキングを習慣にしている人

スポーツ全般で言えることですが、靴紐がほどけたり、ゆるかったりすると、

足首をひねって捻挫を起こす危険があります。

それに、競技中にヒモの結び直し、圧迫感の調整などが起こると、けっこう煩わしいですよね。

なので、キャタピランのような結ばない靴紐を使用して、動き出す前にフィットさせておけば

途中で結んだり、緩めたりしなくてもフィット感抜群だから、競技に集中できます。

ランニング

また、「今日はちょっと行きたくないな~」ってモチベーションが低いときも

自分の足にジャスト調整してあるので、その気持ちが心を支配する前に靴を履いて勢いでスタートすることもできます。

こんな風に、キャタピランがあれば、今まで履くたびに、ヒモを結んで調整してと手間がかかっていた靴が

より簡単に履けるようになるし、足とのフィット感が良いので、動いた後も快適です。

 

靴の着脱が多い仕事

訪問

例えば、お客さんの所に訪問して家にお邪魔するような仕事では、頻繁に靴を脱いだり履いたりするので、紐靴は大変です。

引っ越し業者の作業員
家電の修理工
訪問介護や施設介護


の人は、靴を脱ぐ機会が多いと思います。

そんな人に便利な履物には、靴のような見た目のスリッパが、すでにあります。

でも、お客さんの前で、スリッパ”だと、信用にも関わるので、ヒモ付きの靴を履きたいという人もいるでしょう。

071085 

結ばない靴ヒモなら、紐を結ぶ必要もなくなるので、ワンタッチで着脱ができ、

作業前後の靴を履く煩わしさからも解放されて、仕事にもより集中できます。

それに、靴がしっかり足にフィットするので、作業する体勢による足の動きにも柔軟に応えてくれるでしょう。

一度紐を通せば、ほどける心配もないので、”スリッパに近い使い心地”

この素晴らしい商品、調べてみたらキャタピランだけではなく、他のメーカーも販売しているようです。

以下、3種類の結ばない靴ひもの特徴や取り扱い店、価格に触れてみます。

 

キャタピラン

 
 

 

ひもの各所にこぶが付いていて、ひもを引っ張ればこぶが伸び、ひも状になり、靴紐のリングを通ります。

手を離すと、こぶが元の形に戻るという構造で、できています。

このこぶは、左右に引っ張らないと伸びないので、靴を履いている間に、こぶがリングを通り抜けてしまうことはありません。

素材は、ナイロンとゴムです。

価格は、980円以下で購入できます。

主な販売は、ABCマートの店舗、ネットの楽天やアマゾンで扱われています。

 

エクステネクス

 
 

 

キャタピランと似ている商品ですが、価格は倍近くします。

キャタピランが、キレイな丸いこぶ付きの紐なのに対して、こちらは結び目のような少しゴツゴツした節(ふし)が付いています。

機能は変わりませんが、靴に通したときの見た目は、キャタピランの方が、スッキリしているでしょう。

素材は、芯がラバーで、表面はポリエステルです。

取り扱いがあるのはネットの楽天やアマゾンです。

 

ヒッキーズ

 
 

 

棒状のゴム素材を、靴ひもを通す両側のリングに通し、最後はロックします。

1本のひもではなく、単独のゴムの輪っかを各ひも通し部分にくぐらせてロックし、ひもと同じ機能をするものです。

便利そうですが、レビューを見ると耐久性に劣り、激しい動きには向いていないようです。

磨耗したり、伸びたりするようですね。

しかし、価格はキャタピランの倍はします。

 

取り扱いは、ムラサキスポーツの店舗、楽天で販売されています。

ムラサキスポーツは、CROCS(クロックス)の取り扱いでも名がありますよね。

 

まとめ

以上、結ばない靴ひもを比較してみると、やっぱり今一番売れている”キャタピラン”がコスパや耐久性においてリードしています。

もちろん、どれが一番使えそうかは、その用途や人によって違いますので、メーカーの商品説明をよく読んで選んでみると良さそうですね。

スポンサードリンク