ダイハツ新型キャストはトヨタで発売されるのか?OEM供給の可能性は?

ダイハツ新型キャストはトヨタで発売されるのか?OEM供給の可能性は?

 

トヨタは軽自動車の発売を、ダイハツからOEMという形で補っています。

現在トヨタで発売中の軽自動車のカーラインナップは、

ピクシス エポック(ミライース)
ピクシス スペース(ムーヴコンテ)
ピクシス メガ(ウェイク)
ピクシス トラック(ハイゼット)
ピクシス バン

となります。

エポック、スペース、メガ、トラック、バンときて、キャストはトヨタにOEM供給され「ピクシス ジョイ」として、2016年8月31日から発売されることになりました。

関連記事

ピクシスジョイ「トヨタ新型軽自動車2016」ダイハツキャストOEMモデル発売

キャストマイナーチェンジ2016「レザー特別仕様&内外装カラー選択拡充」


スポンサードリンク

 

 

新型キャストはトヨタにOEMされる?

ピクシス エポックの「エポック」「新しい、画期的」という意味があり、イーステクノロジーを搭載したミライースのOEMのため、そのように命名したと推測できますね。

その他、すべて軽自動車が持つ特徴を、ニックネームにして「ピクシス」にくっつけてます。

スペースやメガなど、室内空間の広さが特徴の軽自動車は揃いました。(ここにタントは入らないんですね。採用基準は何だろう…ダイハツの売り込みなのか、トヨタの必要性なのか)

また商用のトラック、バンはそのままですね。

 

そして、ここにはSUVがありません。SUVはいま流行が来てますから、トヨタもキャストをラインナップに取り入れるのでしょうか?

新型キャストは、テリオスキッドの後継と言われてます。テリオスキッドは昔、「キャミ」としてトヨタで発売されていたので、キャストがOEMされる可能性は高いですね。

トヨタの軽自動車のカーラインナップに新型キャストが追加されるのは流れとしてあります。

しかし逆に、新型キャストはテリオスキッドほどのガチSUVではなさそうですから、可能性があるのか?結論を迷うところです。笑

 

新型キャストの3台の役割や意味はトヨタでどう扱われる?

キャストには、クロスオーバー、アーバンスタイル、スポーツドライブと3つの役割があります。

クロスオーバーはハスラー対抗SUV。アーバンスタイルはN-ONE対抗のポップな軽自動車。

スポーツドライブはスズキのアルトRSなど、スポーツモデルに対抗できる性能を持たせた役割を担います。

もしOEM供給されたとして、3つの役割を持たせて発売されれば面白いけど、《アーバンスタイル》はピクシス エポックとカブりますね。

ミライースほど燃費に特徴があるわけではないですがカブります。笑

スポーツドライブは、ピクシスラインナップにスポーツタイプをわざわざ入れるか?と言えば、可能性は薄そうです。笑

ピクシス軽自動車シリーズは、生活に密着し、使い勝手で厳選されたユーザーのための優しいラインナップな気がします。

だから、スポーツドライブもなさそうですね。採用されたら面白いけど!笑

軽自動車でスポーツよりも、トヨタなら86でスポーツの方が断然楽しいし本格的ですよね。

結論としてはキャストがOEM供給されるなら、トヨタで採用されるのは、SUVモデルのクロスオーバーのみでした。

結果、ピクシスジョイとして、3モデル(ジョイC/ジョイF/ジョイS)とも発売されることになりました。

お客さんからの要望も強かったようですから、いい結果に落ち着きました。^^

 

編集後記

最近トヨタは、コンパクトカーの選び方や「トヨタにも軽自動車はありますよ」っていう説明をホームページ上でわざわざしています。

トヨタの軽自動車が、テレビCMで流れることはめったにないし(流れたことがあったのかを忘れましたが^^;)、認知度はかなり低めですよね。

トヨタの軽自動車ラインナップの前提は、トヨタユーザーの方が軽自動車を必要としたときに、付き合いの長いお客さんに

「トヨタでも軽自動車を購入できる安心感を与えたい」というものかもしれませんね。

スポンサードリンク