Read Article

トヨタ新車発売情報2016

トヨタの2016年、新車発売情報をまとめます。

モデルチェンジ予定はメーカーで唯一、新車発売やマイナーチェンジ・特別仕様車の数で独走をみせます。

2016年はトヨタ創立70周年。話題の新型モデルが多く用意されてるワケですね。^^

すでに今年も後半に突入しましたが、トヨタは手を緩めず8月以降も10車種以上の新型モデルを発表します。

また、マイナーチェンジ・特別仕様車を2017年1月にかけて、毎月発表していく予定です。

※プリウスPHVは2017年2月に発売延期になりました。

関連記事

トヨタ新型&モデルチェンジ情報2017

 

スポンサードリンク

 

トピックス

ノア/ヴォクシー/エスクァイア(1月6日 マイナーチェンジ)

  • トヨタセーフティセンスC、Tコネクト、おくだけ充電をオプション設定
  • セルフリストアリングコートを採用

 

86GRMN(1月 新型)

  • 走り好きなら憧れるGTウィングを備え、エンジンやボディ、足回りをキッチリ強化
  • ニュル24時間レースを2014年に制覇した車
  • パワーは250馬力
  • 軽量化でボンネット、ルーフ、トランクはカーボン・
  • これにより30kg減
  • 価格600万円以上

 

アイシス(4月6日 一部改良)

  • 次期型の予定はないアイシス
  • 2016年4月からの新燃費基準に準じるための一部改良
  • ゆくゆくは生産中止になる予定

 

パッソ(4月11日 フルモデルチェンジ)

  • 若い女性をターゲット層に
  • 上質グレード「MODA(モーダ)」を追加
  • スマートアシストⅡを搭載し安全性向上
  • 同プラットフォームで新型トールワゴンと新型SUV(ラッシュ後継)の開発も予定
  • ホイールベース延長で室内長14.5センチ
  • ヴィッツの居住空間とほぼ変わらない快適性をもつ
  • 新エコカー減税により厳しくなった免税状況
  • コンパクトカーは、そこがユーザーに対するウリ
  • エンジン、軽量化、低燃費と新しい技術を投入し100%免税を目指す
  • 1.0L直噴3気筒エンジン・低速域アイドリング付
  • 1.3Lエンジンは廃止

 

オーリスハイブリッド(4月18日 マイナーチェンジ)

  • HYBRID 262万473円
  • HYBRID 「G」Package 283万2545円
  • 「30.4km/L」の燃費を実現
  • 120TにRSグレードも追加

 

ノア&ヴォクシーG’s(4月20日 新型)

  • いまアツい流れがきているスポーツミニバン
  • 「G’s」のライバルは、ステップワゴン「モデューロX」やセレナ「NISMO」
  • いずれも、2016年発売予定
  • ヴォクシーZS・ノアSiに高いスポーツ性能を搭載
  • 「意のままに操る喜び」を味わえる仕様

きっと、このスポーツコンバージョン車シリーズ「G SPORT」はこの先の「波」となるでしょう。

価格は、どちらも311万9237円

 

エスティマ・エスティマハイブリッド(6月6日 ビッグマイナーチェンジ)

  • シエンタルックな「スリット」&LEDヘッドライト
  • 内装もクオリティを上げる
  • 3.5L「V6」は廃止
  • 「セーフティーセンスC」を全車標準装備
  • グレードを「アエラス」に統一
  • 2トーンカラーを設定

 

プレミオ/アリオン(6月13日 マイナーチェンジ)

  • 「プレミオ」はクラウンロイヤルに似たグリルを採用
  • 「アリオン」はクラウンアスリートに似たグリルを採用
  • 新しいグレードとボディカラーを採用
  • 「トヨタセーフティセンスC」を標準装備
  • 価格は6~17万円値上げ
価格
FF
A15 189万7855円
A15・Gパッケージ 208万6363円
A15・Gプラスパッケージ 249万1855円
A18 203万2362円
A18・Gパッケージ 223万9527円
A18・Gプラスパッケージ 249万1855円
A20 240万6763円
A20・Gプラスパッケージ 265万909円4WD
A18 222万6763円

A18・Gパッケージ 243万3927円
A18・Gプラスパッケージ 267万5455円

 

ポルテ/スペイド(6月30日 マイナーチェンジ)

 

86(7月13日 特別仕様車)

  • 同時にGT「イエローリミテッド エアロパッケージ」
  • GT「イエローリミテッド エアロパッケージFT」も期間限定、注文受付
  • 2016年11月に生産開始

 

アルファード/ヴェルファイア(7月4日 特別仕様車)

 

ノア/ヴォクシー(7月6日 特別仕様車)

Xディライトプラス W×B
Siグレードをベースとしてスポーティに仕上げられる
ブラックアウトのメッキグリル採用
ブラック基調の内装を採用
ZS煌Ⅱ
ハロゲン⇒LEDヘッドランプへ変更
グリルメッキをブラックメタリックに変更

 

86(8月1日 ビッグマイナーチェンジ)

  • フロントバンパーの開口部を大型化
  • LEDポジションランプの位置を変更
  • イメージを一新
  • ギア比の変更により、走りも見直され良くなる

 

プリウス(8月8日 特別仕様車)

Sグレードへ設定

以下を標準装備
LEDヘッドランプ
LEDフォグランプ
ナビレディバックモニター
トヨタセーフティセンスP
専用ボディカラーを設定
パールホワイト
ブラック
シルバー
ブロンズメタリック

 

クラウン(8月29日 特別仕様車)

  • クラウンアスリート/クラウンマジェスタに特別仕様車を設定
  • トヨタ創立70周年記念モデル
  • フロントグリルにメッキ加飾
  • 本革シートを装備など
一部改良内容
トヨタセーフティセンスCを標準装備

 

ランドクルーザー/ランドクルーザープラド(8月29日 特別仕様車)

  • ランドクルーザー/ランドクルーザープラドに特別仕様車を設定
  • トヨタ創立70周年記念モデル
  • 電動リヤデフロックをディーゼル全グレードで選択可能に
  • ダークグリーンマイカ廃止
  • 特別仕様色「ヴィンテージブラウンパール」追加
  • 18インチアルミホイール(ハイグロス塗装)
  • ルーフレール(シルバー/ブラック)
  • アウターミラー(メッキ加飾)
  • サイドステップ(シルバー)
  • 本革シート(レッドウッドステッチ付)
  • スイッチベース(ブラック)
  • ダッシュボード・シフトレバーパネル(アルミ調)
  • 2.7L 直4ガソリン 403万7040円
  • 2.8L 直4クリーンディーゼルターボ 477万5760円

 

プロボックス/サクシード(8月30日 マイナーチェンジ)

 

ピクシスジョイ(8月31日 新型)

  • ダイハツキャストのOEM軽自動車
  • アクティバ/スタイル/スポーツをジョイC/ジョイF/ジョイSとして採用
  • C(クロスオーバー)F(ファッション)S(スポーツ)
  • ボディカラー全15色(2トーン含む)
  • 燃費30キロ(最新e:Sテクノロジー採用)
  • 衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」設定

価格

2WD

ピクシスジョイC
C X 122万400円
C X SAⅡ 128万5200円
C G SAⅡ 141万4800円
C Gターボ SAⅡ 151万7400円

ピクシスジョイF
F X 122万400円
F X SAⅡ 128万5200円
F G SAⅡ 141万4800円
F Gターボ SAⅡ 151万7400円

ピクシスジョイS
S SAⅡ 162万円

4WD

ピクシスジョイC
12万9600円高
ピクシスジョイF/ピクシスジョイS
12万4200円高

 

カローラアクシオ(9月1日 特別仕様車)

  • HYBRID G 50(ゴーマル)リミテッド
  • 全国限定500台
  • 初代カローラのカラー・赤いスポーツシート仕様
  • 花冠エンブレムをシート&エンブレムに採用
  • 専用色を設定(ホワイトパールクリスタルシャイン)(ブラックマイカ)
  • 価格:240万円

 

ピクシストラック(10月3日 一部改良)

  • メーターやスイッチ表示の意匠変更
  • 選べるカラーパックに新外板色追加(アーバンナイトブルークリスタルメタリック・マスカットグリーンメタリック)
  • ドアハンドルをボディ同色に変更

 

新型コンパクトトール2ボックス(11月9日 新型)

  • トヨタ店/カローラ店「ルーミー」
  • トヨペット店/ネッツ店「タンク」
  • エンジンはパッソと同じ1KR‐FE搭載
  • 1000ccをターボ化
  • パッソと共通プラットフォーム
  • 最高出力90ps/最大トルク15.0kgm
  • ソリオのハイブリッドと競合させる
  • bB/ラクティスよりも実用的なモデル
  • 2列シートで両側スライドドアを採用
  • 価格:130~150万円
  • 販売はトヨタ全系列店、スバル、ダイハツでの扱い(トヨタ、スバルにOEM)

 

86(11月14日~2017年1月31日期間限定注文受付 特別仕様車)

発売日は2017年3月10日

 

マークX(11月22日 マイナーチェンジ)

  • フロントマスクを大幅変更
  • バンパーへ流れるワイド&スポーティなフロントグリル
  • 4WD「250Four」と最上級「プレミアム」グレードを廃止
  • 350/250RDSと250Sを設定(4WD設定はGクラスのみに)
  • 衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」標準搭載
  • インテリアの質感や機能向上
  • G’s販売中止
  • 2017年9月までにカムリと統合

 

C-HR(12月14日 新型)

  • ものすごく完成度が高く、その先進性と特徴あるエクステリアに「欲しい」と思わせる要素が盛り込まれています。
  • トヨタの「本気」が伝わる2016年最大のモデル登場。^^(と、管理人は興奮気味)
  • エンジンは1.2Lターボ・1.8Lハイブリッド搭載
  • ハイブリッドに2WD設定。ターボに4WD設定
  • 3ドアと5ドアタイプを設定
  • 燃費(予想):20km/L(ターボ) 30km/L(ハイブリッド)
  • 価格(予想):220(ターボ)~280万円(ハイブリッド)
  • ホンダヴェゼル対抗モデル
  • トヨタ全系列店扱い
  • 月販1万台規模のスーパー戦略モデル
スポンサードリンク
Return Top