Read Article

ステップワゴンハイブリッド2017年9月発売「2.0L i-MMD燃費27km/L」

2017年9月ステップワゴンハイブリッド追加

DSC00492-5 (2)

  • 2.0L i-MMDハイブリッド搭載
  • 2モーター
  • リチウムイオンバッテリー搭載
  • スパーダにハイブリッド設定
  • 燃費:27キロ
  • 価格:エスクァイアHV並み

オデッセイハイブリッドのシステム搭載となっています。

 

1.5Lターボ・ステップワゴンの経過と今後

パワーこそあるものの燃費17キロ。ハイブリッドに遠く及ばない性能が売上の伸び率に影響しました。

他社のミニバンがハイブリッドで優勢なのが現状。NAで、モデル後期だった旧セレナにも販売台数で負けていました。

1.5Lターボのユーザーは、おそらくステップワゴンハイブリッド購入を待ち望んでいる、と予想できます。

今回のマイナーチェンジで多少の改良を加え、ハイブリッドに見劣らない魅力を採用します。

 

スポンサードリンク

 

ステップワゴンハイブリッドの発売時期

2017年9月に発売。マイナーチェンジで追加。

ライバル・日産セレナは、2016年夏(8月24日)にフルモデルチェンジ。

日産セレナは「半自動運転技術搭載」というインパクトを見せました。

ステップワゴンは、より付加価値を与えないと、セレナの魅力に追いつけないかもしれません。

フリードは、トヨタシエンタに対抗するため、発売時期を延期。開発に時間を掛け、2016年9月発売。

同じくステップワゴンハイブリッドも、じっくり改良を加えて発売します。

 

ステップワゴンハイブリッド搭載ハイブリッドシステム

2.0Lエンジン+モーターi-MMD。

理由は、パワーとステータス性を与えるため。

1.5Lターボは

  • 2.4L並みのパワー
  • 1.5Lの燃費(17キロ)

という売りでデビュー。

しかし、他社ミニバンのハイブリッドに売上で敗北。

その負けを挽回するため、ステップワゴンハイブリッドには、オデッセイの2.0Lエンジン+モーターi-MMD搭載

パワーは十分で、オデッセイのステータス性も与えられます。

燃費は27キロ予想。

エクステリアにも大きく変更が加えられるビッグマイナーチェンジとなります。

 

予想スペック(2.0L DOHC i-VTEC+i-MMD)

全長:4735mm
全幅:1695mm
全高:1840mm
ホイールベース:2890mm
重量:1700キロ
エンジン:直列4気筒2.0L+モーター
エンジン出力:145ps/17.8kgm
モーター出力:184ps/32.1kgm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
燃費:27キロ
価格:250万円

 

2.0L DOHC i-VTEC+i-MMDのパワー

エンジン最高出力:145ps
モーター最高出力:184ps
エンジン最大トルク:17.8kgm
モーター最大トルク:32.1kgm
2.5L車並みのパワー
3.0L車並みのトルク
このポテンシャルをもつエンジンを、オデッセイハイブリッドより車重が200キロ少ないステップワゴンハイブリッドに搭載すると、ステップワゴン1.5Lターボで不満が出ていた「パワー不足」を解消できます。

 

気になるハイブリッド燃費27.0km/L

オデッセイハイブリッドとステップワゴンの車両重量を比べてみると

  • オデッセイハイブリッド:1880kg
  • ステップワゴン:1700kg

と、約200kg差。この重量差で

  • オデッセイハイブリッド:燃費24.4~25.2キロ。
  • ステップワゴンハイブリッド:燃費25キロ~26キロ前後

になりそうです。

 

ステップワゴンハイブリッドのライバル燃費

アコードハイブリッド(2.0L DOHC i-VTEC+i-MMD):30キロ
ノア&ヴォクシーハイブリッド:23.8キロ
セレナ(ハイウェイスター2WD):17.2キロ

ステップワゴンハイブリッドは、27キロの燃費で競合に勝ちます。

 

ハイブリッド搭載で起こるメリット

現行ダウンサイジングターボは、売れ行きが良くありません。

そのマイナスを大人気のN-BOXやフリードの売り上げで補っています。

なぜ、ステップワゴンターボは売れないのか?

ターボの性能では、他社のハイブリッドミニバンに太刀打ちできませんでした。

ライバルであるノア/ヴォクやセレナは、ハイブリッドやe-POWERを搭載。進化を遂げています。

しかし、ステップワゴンは、ハイブリッド追加の噂が早くに流れながらも、発売が大幅に遅れました。

そのため、大多数の買い控え(ステップワゴンハイブリッド発売を待つユーザー)の可能性も考えられます。

 

2017年秋は、ステップワゴンハイブリッド登場で、ホンダのミニバンに追い風が吹くでしょう。

 

ステップワゴンハイブリッドのデザインは改良される?

ステップワゴンハイブリッドは、マイナーチェンジに伴い、フロントマスク変更を加えます。

ライバルの攻めたデザインと同じく、フロントマスクにシルバーメッキを多用。

押し出しの強い整った顔立ちに。

DSC00492-5 (2)

 

多人数・多荷物乗車ならハイブリッドが有利

昔、ステップワゴンに乗せてもらったとき、とにかく車内が広かったです。^^

人は所有しているクルマが広いと「人やモノをたくさん乗せなきゃならない」って観念にとらわれます。

多人数・多荷物乗車の機会が増える

  • パワー不足
  • モタつき感

を感じやすいです。

 

そんなボックス車の課題を解決

  • ターボのパワー増幅効果
  • ハイブリッドのモーターアシスト機能

でも、ターボではパワー不足には不満が出ました。

それだけ「ユーザーのターボ性能への期待が大きかった」ということでしょう。

 

そこで

2.0L DOHC i-VTEC+i-MMDのハイブリッド搭載

これしか方法はありませんね。笑

モーター出力:169ps
トルク:31.3kgm
2.5L並の馬力
3.0L並のトルク

このパワーなら、多人数・多荷物でも、グイグイと引っ張ってくれます。

スムーズな走りで、爽快感を感じられます

 

【動画】新機能ワクワクゲートの使い方

 

関連記事

 

ホンダモデューロ・コンプリートモデル

東京オートサロン2016でコンプリートカー『ステップワゴン モデューロX コンセプト』出展。

担当はホンダアクセス。

関連記事

 

純正アクセサリーモデューロ・カスタム

純正アクセサリーブランド・モデューロにより機能・デザイン・品質 を追求。

走行性能と快適性、スタイリングが最大限に高められたモデルとなります。

 

エクステリア

  • 大型のダクトを備えるフロントバンパー
  • メッキパーツ
  • 左右に設置されたビームライト

によって、存在感とスポーティーさを演出。

ステップワゴンはカスタム向けのクルマとして人気が高いです。

モデューロや無限のパーツで飾るカスタマイズはアガります。

ステップワゴンハイブリッドが発売されれば、モデューロ・無限パーツで飾るファンも多いことでしょう。^^

 

関連記事

Return Top