Read Article

日産新型ノート|スライドドア採用予想&e-POWER継続|2019年秋?発売予想

日産はノートのフルモデルチェンジを2019年(秋?)に実施するとの予想情報。

また、2018年はノートe-POWERに

4WD(電気式)グレードが追加されるとの情報です。

新型ノート|フルモデルチェンジ情報

  • シャープなデザインを採用
  • e-POWER継続
  • スライドドア採用か?
  • 3列シート採用か?

という内容で、これだと

「キューブの特徴も含まれてるよね?」と感じられますね。

 

スポンサードリンク

 

エクステリア|特徴

notenew引用元:ベストカーWEB(大人気車の新型続々登場!! 売れてる車 ベスト10の新車カレンダー)

ベストカーさんの予想CGでは、

フロントはこれからの日産車に特徴的なシャープデザインを採用。

Vモーション初め、大型エアインテークは

三菱の影響もありそうなデザインです。

そして、画像後方には「スライドドア」のレールが再現されていました。

 

姉妹車キューブに欲しい機能を採用しており、

ボディ形状も元々スクエアに近いフォルムなので

今後2019年~2020年にかけて、

  • 新型ノートと新型キューブ(後継)の棲み分け

をどのように行っていくのか気になるところですね。

 

 

【2017年9月1日】ノート|仕様向上

新グレード・ブラックアロー追加

ノート仕様向上の概要

  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ性能向上
  • ノート:139万9600円~240万840円
  • ノート NISMO:210万600円~273万4560円

 

インテリジェント エマージェンシーブレーキの性能を向上

  • インテリジェント クルーズコントロール新採用:高速道路などを使った長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)新採用:意図せずに走行車線から逸脱しそうなときに車線内に戻るステアリング操作を支援する
「ノート e-POWER」の「e-POWER MEDALIST」「e-POWER MEDALIST ブラックアロー」「e-POWER X ブラックアロー」に標準設定
「e-POWER X」「e-POWER NISMO」にオプション設定

 

また、「e-POWER MEDALIST」「e-POWER MEDALIST ブラックアロー」「e-POWER X」、「e-POWER X ブラックアロー」にオプション設定している「踏み間違い衝突防止アシスト」は、新たにフロントカメラと機能を連動。

作動速度域を約25km/hまで拡大したほか、歩行者に対しても作動

 

ハイビームアシストを一部のグレードを除いて標準装備化

さらに、先行車や対向車、道路周辺の明るさを検知してヘッドライトのハイビームとロービームを自動的に切り替える「ハイビームアシスト」を一部のグレードを除いて標準装備に追加。

これらの先進安全技術の充実により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している安全運転サポート車「セーフティ・サポートカーS」の「サポカーS・ワイド」に適合。

 

新グレード「ブラックアロー」|ブラック多用内外装|スポーティデザイン

エクステリア
ブラック塗装:ルーフ・ドアミラー・アウトサイドドアハンドル
ダークメタリック塗装15インチアルミホイール装着
インテリア
内装トリム(ルーフトリム・ピラー)ブラック化
専用カラーに変更:シート・ドアトリムクロス・フィニッシャー

 

 

【2016年11月2日】ノート「e-POWER」追加

デザイン

e-POWER引用元:https://car.watch.impress.co.jp

 

シリーズハイブリッド(レンジエクステンダー付EV)とは?

ノートe-POWERに搭載が予想されている「シリーズハイブリッド」。東京モーターショー2015で披露された次期ジューク「グリップスコンセプト」が同システムを搭載。そのとき日産が発表した内容が以下です。

パワートレインには電気自動車(EV)技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-POWER」を搭載。このシステムは、日産リーフと同じ大容量モーターを採用しており、ガソリンエンジンで発電した電気で駆動します。

このシステムにより、高い静粛性・優れた燃費・スムーズで素早いリニアな加速が可能となります。

この「高い静粛性」「優れた燃費」「スムーズで素早いリニアな加速」が可能というのが、シリーズハイブリッドEV(e-POWER)の特徴です。

 

ノートe-POWERに搭載するシステム

1.2Lエンジン+リチウムイオンバッテリー+モーター(リーフと同じモーター)。小容量バッテリーへモーター走行に必要な最小限の電力を一定の回転数(2000~3000回転)で回るエンジンにより発電。そのためエンジン音は常に一定。

優れた燃費性能

燃費は37.2キロ。アクア超えします。e-POWERは、ガソリンエンジンで発電した電気をモーター駆動に使用してEV走行。

クルマを動かす(駆動する)のは電気自動車と同じモーター。エンジンはバッテリー充電専用です。従来通り、ガソリンスタンドで燃料補給さえすれば、エンジンが発電してモーター走行が可能な仕組み。

 

ハイブリッドのようにエンジンとモーターを切り換える仕組みとは違い、エンジンは発電専用・モーターはEV走行専用として扱い、クルマの「駆動」にガソリンのエネルギーは直接使わないため、ガソリンの燃料消費は効率が良くなり、優れた燃費性能となります。

 

ちなみに「航続距離」は、バッテリーとモーターの働きによるため、燃費とは別問題。つまりノートハイブリッドの燃費とは、「ガソリンで電気を発生する際の燃料消費率(燃費)」ということ。

 

スムーズで素早いリニアな加速(高い静粛性)

走行性能はアクアより上。電気モーター走行のため、発進・加速ともなめらか。「リニアな加速」はイコール静粛性にもつながり、「リーフのようなEV走行の静粛性」をノートハイブリッドでも実現。

リニアな加速や静粛性は、「地下鉄」に乗ったことがある人なら皆体感したことがある、エンジン音のしない”あの感覚”です。

 

ノートe-POWERに搭載する駆動用電池

パナソニック製を採用。日産の現行EVモデルのバッテリーは内製でしたが、今回パナソニック製を「外部調達」し採用。コンパクトHV市場に遅れて参入するため、すでに市場で実績を挙げているライバルトヨタ アクア・ホンダ フィットハイブリッドら強豪揃いの激戦区を渡り、実績を積み上げていかねばなりません。

日産はEV技術の強みを活かして、日本初と話題の「シリーズ式ハイブリッドEV」(レンジエクステンダー付EV)をノートに搭載します。

 

ノートe-POWERの価格

他社のハイブリッド(エンジン+モーター駆動)の価格よりも安めの設定。アクアを意識した価格設定。

e-POWER S:179万円
e-POWER X:198万円
e-POWERメダリスト:221万円
e-POWERニスモ:224万円

 

ノートe-POWERの装備内容

e-POWER S

プリウスやアクアの燃費に対抗した燃費特化モデル(予想燃費38~40キロ)

  • インテリジェントキー+イモビライザー
  • フロントパワーウインドー(リア手動式)
  • エアコンレス
  • 後席中央ヘッドレストレス
  • スピーカーレス
  • リア固定式シート
  • ガソリンタンク容量35リットル

 

e-POWER X

Sの装備に加えて

  • オートランプ
  • UVカットガラス+リアプライバシーガラス
  • ウインカー付ドアミラー
  • リアワイパー
  • マップランプ
  • 専用ピアノブラックセンタークラスターフィニッシャー
  • オートエアコン
  • 2スピーカー
  • 運転席シートリフタ―
  • メッキインナードアハンドル+アシストグリップ
  • ドアポケット
  • 後席中央ヘッドレスト追加
  • 後席パワーウィンドー追加
  • リア可倒式シート
  • ガソリンタンク容量41リットル

 

e-POWERメダリスト

Xの装備に加えて

  • 15インチアルミ
  • LEDヘッドランプ+フォグランプ
  • ヒーター付ドアミラー
  • 本革巻ステアリング
  • 運転席+助手席アームレスト
  • 専用ジャガードシート表皮+ドアトリム
  • 専用ブラウンフィニッシャー
  • シートパックポケット
  • ラゲッジランプ

 

e-POWERニスモ

Xグレードの装備に加えて

  • ニスモVCMチューニング
  • 専用ニスモエアロキット追加
  • 専用ニスモインテリア

 

追伸情報

関連記事


 

e-POWERを日産の他モデルにも展開するのか?

もしかしたら日産は、同じコンパクトカーであるキューブにもシリーズ式ハイブリッドを搭載するかもしれません。ちなみに、キューブは2018年後継/新型プチバンへモデルチェンジと言われています。

しかも、セレナハイブリッドにも搭載される予定です。

EV(PHEV)に強い、日産と傘下に治めた「三菱」の力があれば可能なことです。

 

両社はもともと軽自動車EVモデルの共同開発を進めています。

ですので2016年を機に、日産(及び三菱)のEVシリーズは充実していくでしょう。

これまでの遅れを取り戻す必要もあります。

トヨタやホンダでお馴染みのハイブリッドとは異彩を放つ、日産らしさに三菱の技術をミックスした「押し出しの強い魅力的なモデル」がこれから期待できそうですね。^^

日産がいよいよ本気を出してきました。

「ハイブリッド国内量産」に大きく動き出します。リーフで培ったEV技術をハイブリッドモデルに盛り込んで、静かで、力強く、超低燃費のコンパクトカーを期待します。

 

Return Top