Read Article

CX-9新型2017年中に日本発売?「MPV後継&スライドドア撤廃」

MPVは2016年3月に生産中止

後継と言われるCX-9を北米から販売開始。

そして、日本にも導入する可能性が出てきました。

マツダは2016年から2017年、スカイアクティブを次世代に進化させる過渡期。

2016年2月29日Yahoo!ニュースでも報じられた通り、マツダは

  • 2017年にもミニバン事業から撤退
  • SUV生産に注力する

ことが発表されました。

 

今後、プレマシー・ビアンテも廃止。

そして、2020年までにSUVを拡大していきます。

SUVのラインナップは、CX-3・CX-5の2モデル体制からCX-6とCX-9を加え4モデルに拡大

CX-9は北米サイズだと日本モデルとしては大きく、ボディサイズを変更します。

マツダのSUVラインナップにはないモデルを投入です。

関連記事

 

スポンサードリンク

 

MPV後継北米向けSUV・CX-9を日本でも2017年中に発売

CX-9は、2016年春に北米から順次販売開始。

この流れで、CX-9をMPV後継として発売する可能性が高まっています。

2016年2月、北米向けを広島工場で生産開始。

その後、海外で人気が出ています。2016年10月には3割増産を決定。

CX-9は日本工場で生産しているものの北米向け名義。

日本発売する場合、手続きに1年以上時間がかかるのかもしれません。

 

2016年9月5日、マツダの広報Twitterで「9」と「5」にちなんだツイートがありました。

わざわざ発売しないものをツイートはしませんよね。笑

CX-5は2017年2月モデルチェンジ予定。

CX-9もそれに続く、という意味なのかな?と、深読みしました。

 

新型CX-9の予想スペック

エンジン

ガソリン
2.5L SKYACTIV-G
2.0L SKYACTIV-G
ディーゼル
2.2L SKYACTIV-D(CX-5搭載)

 

ボディーサイズ

全長 5065mm
全幅 1969mm
全高 1716mm
ホイールベース 2925mm
  • プラットフォームは新型アテンザ
  • 魂動デザイン採用
  • 両側スライドドアは採用しない
  • 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」採用
  • 新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」採用

 

【動画】海外向けCX-9のプロモーション

 

 

なぜ、MPVをフルモデルチェンジしなかったのか?

  • 現行のMPVは販売が奮(ふる)わなかった
  • 鼓動デザイン・スカイアクティブでブランディング

を理由にMPVはモデルチェンジから外れました。

 

MPVは販売が奮わなかった

年間販売台数は数百台でした

MPVの居住性や使い勝手は魅力です。

しかし、ミニバンの選択肢は他社にも良いモデルがたくさんありますからね。

売れないってことは、ユーザーはそちらに興味を惹かれているんですね。

 

鼓動デザイン・スカイアクティブでブランディング

また現在、マツダは

  • 鼓動デザイン
  • スカイアクティブ

でブランディングを行っています。

一時期、ボディカラーをソウルレッドに統一し「これぞマツダ」感を押し出してました。

MPVは、そのラインナップに入れるには難しいモデル。

発表でも、ミニバンはスカイアクティブ化せず、SUVだけということになりました。

 

今後は、フルモデルチェンジの周期や車格が似ているCX-9にMPVを統合

CX-9はアテンザベースの本格派SUV。

ユーザーが魅力を感じやすいSUVです。

SUV+ミニバン要素を盛り込むことにより、新型MPV後継にする戦略です。

 

CX-9とMPVの違い

北米向けCX-9のボディサイズ

  • 全長5065mm
  • 全幅1969mm
  • 全高1716mm

かなりビッグサイズです。

一方、MPVのボディサイズは

  • 全長4860mm
  • 全幅1850mm
  • 全高1685mm

MPVも十分大きいサイズです。しかし、CX-9はそれ以上。

日本市場に入ってくるとしたら、相当のインパクトをユーザーに与えられます。

 

CX-9搭載エンジンのフィーリング

こんな大きな車体を動かすには、かなりのトルクが必要になります。

しかし、マツダのクリーンディーゼルなら難なく解決。

搭載されるエンジンは、クラス下のCX-5と同じ2.2Lディーゼルターボ

  • 最大トルク:42.8kgm/2000rpm
  • 最高出力:175ps/4500rpm

一般的なクルマなら、スタート時、3000~5000回転と高くなります。

しかし、42.8kgm/2000rpmのトルクの場合、そこを2000回転で加速。

これがディーゼルターボの力強さです。

 

CX-9はスカイアクティブ技術と鼓動デザインで総合的に進化したモデル。

期待の新型SUVとして日本で衝撃的なデビューになるかもしれません。

楽天
Return Top