ハスラーを購入するならNA?ターボ?

ハスラーNAターボ

 

ハスラーにターボは必要なんでしょうか?これは「使う人の目的」によりそうですね。^^

軽自動車を運転しているとわかりますが、発進や加速などパワーが欲しいときに、アクセルを踏み込んでも速度はついてきません。

単にエンジンが高鳴るばかりで走りが非力です。これは排気量からすれば仕方のないことですね。^^;

しかし、このちょっとしたストレスを軽減してくれるのがターボです。^^

今回の記事では、ハスラー購入に際して、NA(自然吸気)エンジン・ターボエンジンで迷ったとき、

判断材料は何なのか?ということを書いてみました。

最新情報(2015.12.7)

ハスラーJスタイルが2015年12月7日マイナーチェンジ!


スポンサードリンク

 

 

ハスラーターボの燃費

ハスラーに限らずターボ車の燃費は、NAエンジンより劣りますが、ハスラーはその燃費差7リットルです。(Xグレード 2WDで比較した場合)

NA 32km/L (Sエネチャージ)
ターボ  26.8km/L

「ターボは燃費悪い」と言われても、26.8km/Lも走れば十分ですし、7リットルしか変わらない小さな差であれば、そのパワーは魅力ですよね。^^

実際、燃費はドライバーがアクセルを踏み込む量で変わるので、NA車であっても、非力な加速感が嫌でアクセルを踏み込めば、ターボと同じくらい燃費が悪くなることもあります。

 

また、燃費が劣る点だけに目を向ければデメリットで終わりますが、ターボはその性能上、NAに比べて低速域で力を発揮してくれるので、

アクセルを踏んだ分だけ車がグッと加速するのを体感できると思います。

この加速感が、ドライバーにかなりの爽快感を与えてくれるでしょう。^^

そうすれば、NAのようなストレスがなくなり、アクセルを踏み込む量も減るので、逆に燃費にいい影響を与えるとも、言えるわけです。

 

ハスラーターボの実用性

NAは、平坦な道を走ることが多い街乗りユーザーにとっては、燃費も良く、お買い得感の高い車です。

しかし、例えば、アウトドア派で

人や重い荷物を乗せることが多いユーザー
高速を使って遠出することの多いユーザー

なら、ターボのほうがお買い得感が高いでしょう。

 

また、街乗りでも坂の多い地域に住んでいる人や、軽自動車をファーストカーで乗っていて、「軽でも力強さや加速感といった余裕が欲しい」という人には、

ターボであれば非力な加速のストレスを軽減してくれて、運転も快適で、ドライブが楽しくなるでしょう。^^

 

ハスラーターボに対する個人的な感想

車に何を求めるか?は、人によって全く感性が異なります。

デザイン/燃費/居住性/走り/馬力/駆動力

などの魅力のうち、優先順位を決めるのは車を前にして自分が感じる印象です。

高額で購入する車だから、この辺りの選択肢はハズせないですよね。^^

 

ハスラーの購入を検討している人は、毎日のように、ワクワクしながらハスラーに関する情報を眺めて、休日にはディーラーに足を運んで試乗して

「こんな素敵なところを見つけた!」
「う~ん、ここはもっと改善してくれたらな~」

と、一喜一憂しながら、購入までかなり迷うことでしょう。^^

そんな思いを抱きながら、ターボを選択するかどうかの決め手は、自分の生活や環境の中での実用性という部分が多くを占めると言えるかも知れません。

そこさえ正しく判断すれば、残るは価格との相談ということになるでしょう。^^

 

編集後記

最後に、選択肢のひとつにはならないかもしれないですが、ある記事でハスラーは「塩顔男子に似合う車」だとランク付けされていました。

なかなか面白い発見です。^^

塩顔とは、一重や奥二重でシャープな目をしている顔だそうです。

芸能人なら、綾野剛さん、向井理さん、加瀬亮さん、西島秀俊さん辺りなんですね。

そして塩顔に似合う車は、ハスラーのほかに

フォルクスワーゲンのゴルフ
ホンダのヴェゼル
マツダのCX‐5

だそうです。^^

ここにハスラーがランキングしているのは、いまかなり売れている=トレンドだからでしょうか。

発想が面白いですね。^^

スポンサードリンク