シエンタ2015の評判

新型シエンタ2015年7月9日発表

 

[追加情報]
新型シエンタは2015年10月1日現在、、ガソリン車もハイブリッド車も今すぐに注文しても納期は来年2月以降!かなり人気でましたね。^^

新型シエンタ思ったよりも早かった今年の7月9日、フルモデルチェンジしました^^

燃費は、ハイブリッドが27.2km/L、ガソリンが20.6km/Lの燃費を実現しています。

エクステリア前後に、アクアのXアーバンのようなガーニッシュが装飾されたのには、賛否両論、評価がわかれるところですね。

アクアがXアーバンをのちに追加したのなら、シエンタはその逆に、ノーマルバージョンを今後追加して欲しいです。^^


スポンサードリンク

 

 

シエンタの評判と価格設定の魅力

新型シエンタのハイブリッドは、ノーマルと比べて装備が充実しており、ディーラーの営業マンもオススメしています。

ハイブリッド価格222万円スタートは、ちょうどお手頃な価格設定ですね。^^

ガソリン車価格は168万円スタートで、新型フリードターボの予想価格(180万円)よりも手頃な価格となっています。

 

【動画】シエンタの試乗動画

 

 

新型シエンタと次期フリードなら、どちらが買いか!?

「どちらが売れるか?」
「ユーザーはどちらを選びたくなるか?」という視点で見てみますね。

次期フリードは、ターボとハイブリッドが時期違いで発売される予定です。

例えば、ある商品を購入しに出かけた場合に、商品カタログを見るといま欲しい物の選択肢が全部載っているのは新型シエンタ

それにお手頃価格に設定されているし、ハイブリッドは装備も充実しているので「買い」の選択だと思います。^^

ただ、新型シエンタは、デザインの面で「ちょっと好きずき別れるかな~」と思っています。新型シエンタと次期フリード。販売台数で有利な展開になるのは、果たしてどちらになるでしょうか。

 

新型シエンタはターゲットが変わった!?

これまでシエンタのデザインは、長らくファミリー層(特にママさん)を主なターゲットにしたデザインでした。

新型シエンタは、イメージをトレッキングシューズとしており、山登りの靴のように蛍光色中心のアグレッシブデザインです。

これは使う人がアクティブに活動することをコンセプトにしているように感じます。

 

しかし、上記のような意味付けは、メーカー側から提案されているコンセプトであり、「新デザインはアグレッシブ過ぎるな~」という印象を管理人は抱いています。笑

このデザイン、アクアのXアーバンからの派生ですよね。

XアーバンのCMにも表れているように、若さや冒険といったイメージのハマる20代~30代40代がターゲットですが、「それ以外の層は、楽しめないんじゃないの?」と感じます。^^;

 

インテリアは大人向け。でもエクステリアが少し派手?

これまでの子育て応援のインテリアの作りから、インパネ周りやシートはブラウンやブラック基調のシックな色合いを多用し、大人のインテリアを表現しています。

ターゲット世代が、日常の生活にいても大人の雰囲気を楽しめる、というデザインコンセプトになっています。

シックで落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

 

なのに逆にエクステリアがアグレッシブな雰囲気なのは、狙いなのでしょうか?

初めに書いたように、アクアXアーバンのコンセプトを前面に押し出したのが新型シエンタならば、今後ノーマルタイプを投入する(ガーニッシュがないモデルを販売する)ことで、掴めるターゲット層が広がるように思います。

つまりは、旧型シエンタのユーザー層や、ファンカーゴ時代のユーザーです。
(新型デザインを気に入っている方も多数いらっしゃるでしょうけど^^)

 

編集後記

管理人が新型シエンタを購入するなら、全体の色に統一感があるブラック一択となりそうです。

フリードは2015年末~2016年春頃に発売が予定されているようなので、今から2016年に架けて、ミニバン好きなユーザーにとって楽しい時期が続きそうです。^^

新型シエンタを即決か、新型フリードを待つのか?迷いますね。^^

スポンサードリンク