Read Article

プリウス2015「ナッツ型に近い外観へ」

今回で4代目となるプリウスのフルモデルチェンジ。

エクステリアが大幅に変更されます。^^

発売日は、2015年12月9日。また、

  • 燃費
  • 室内空間
  • バッテリー
  • 軽量化
  • 操作性の向上

など数多くの機能が見直され登場。燃費は40キロを突破。

新型プリウスの機能性の向上をひとつずつ見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

燃費40キロ。エコカーの代表選手がトップに返り咲く

新型プリウス。燃費40キロ

ポイントは

  • リアゲートの樹脂化(軽量化)
  • リチウムイオンバッテリーの採用
  • パワーコントロールユニットのロス低減
  • エンジン振動によるロス低減
  • ナッツ型のボディで空気抵抗を軽減(個人的な見解です)

などがあります。

これらが相乗効果(ハイブリッド)を引き起こし、JC08モード燃費 40km/Lを実現。

ちなみに、リチウムイオンバッテリーは上級グレードで採用される予定です。

 

エクステリア

現行とほぼ大きさはかわらないものの、現行の形よりもナッツ型に近い形。

設計でフロントガラスの位置をボンネット寄りに移動させたためです。

空気抵抗の関係で燃費に対して効率がいいですね。

このエクステリアによく似ているのがFCVです。^^

 

新型プリウスPHVは別デザインで登場

プリウスPHVとノーマルプリウスとの外観の差は、グリルのシルバーラインぐらいでした。

「ぱっと見、違いがあまり判らない」

という印象でしたし、内装もノーマルプリウスとほぼ変わらない。

ワンランク上のPHV所有者にとっては不満点だったと思います。

「PHV所有できるなんてリッチだな~」と思ってましたが。笑

そんなユーザーの不満もあり、次期プリウスPHVはプリウスをベースに

エクステリアの

  • ボディライン
  • ルーフ
  • ガーニッシュの形状

を変更。

インテリアにも高級感を盛り込んで、プリウスの約1年後に発売されるようです。

 

TNGA新開発プラットフォームの採用

英語では略してTNGA

Toyota New Global Architectureの頭文字を取ったものです。

この新開発プラットフォームにより、室内空間は現行よりも広くなります。

現行(3代目)は、2代目よりも車体が大きくなりました。

 

インテリア

高級感を出す演出により、部品がギュッと詰め込まれたように窮屈です。

車内頭上も多少低く感じます。

ただ頭上空間だけでなく、室内空間は、

  • 車内の高さ
  • 部品の配置
  • 視角効果

など、総合的なポイントで、広くも狭くも感じるもの。

新型プリウスが、この効果を発揮した作りになっているといいな、と思います。

 

パワートレーン

エンジンやトランスミッションをプラットフォームと一緒に刷新。

  • 低重心化
  • 低配置化

を実現しています。

現行プリウスも車両自体の重心は低い方です。でも、

  • 運転時の視点
  • インテリアの位置

は「高い」という印象です。

低重心・低配置により、ドライバビリティの向上が期待されます。

 

インテリアの質・ハンドリング性能の向上

ドライバビリティ

運転空間の

  • 快適性
  • 操作性の良さ

新型プリウスでは、この2つの質感を向上。

  • お父さんの運転するプリウスに乗ると落ち着く
  • 家族全員が快適にロングドライブを楽しめる
  • プリウスタクシーしか乗らない

など、

  • 乗車する人の快適な室内空間
  • 走行時の居住性

を大幅に向上させてくれるであろう車が新型プリウスです。

 

編集後記

プリウスが燃費トップに返り咲く一方で、ホンダはフィットで燃費世界一を狙っているようです。

これはまだ、2017年の話です。

2年以上期間が空きますが、新型プリウスの燃費との兼ね合いはどうなるか。

数リッターのカタログ燃費の向上争い。

なので、ユーザーの満足度からすると実燃費はそれほど変わらないと思います。

しかし、所有者の

  • ガソリン代
  • 維持費

の節約に繋がる要素。もっとコストパフォーマンスが上がるといいですね。

スポンサードリンク
Return Top