バレーノ2016「1.0Lターボ」=スズキiK-2コンセプト

スズキiK-2は次期スイフト!?1Lターボで2016年夏に発売かも

 

iM-4と一緒にコンセプトモデルの発表があったiK-2は、次期スイフトなのか!?と言われてました。

しかし、iK-2コンセプトは次期スイフトではなく、システムが共通している別のクルマで、

バレーノとしてフランクフルトモーターショーにて発表され、その名のままスイフトの兄貴的存在のクルマとしてデビューします。

これはグローバル戦略のクルマだったんですね。^^

スズキは次期スイフトにダウンサイジング・1L直噴ターボエンジンを積みます。
ちなみにスイフトスポーツは1.4Lターボですね。

一方でスイフトも、ポロやプジョーの競合として進化し続け、世界にアピールします。


スポンサードリンク

 

 

iK-2がバレーノとしてデビュー!欧州でも人気のスイフトの兄貴分!

今回のバレーノには、次期スイフトにも載せられる1L直噴ターボエンジンが搭載しています。

スズキは2016年夏にダウンサイジングターボをスイフトに採用します。

そのターボエンジンの名称は「BOOSTER JET(ブースタージェット)」

デュアルジェットエンジンを進化させた「力強さ」を感じさせる名称ですね。^^

しかし、コンパクトカーに対する期待が大きい欧州市場では、求められる性能の幅も広くなるため、

バレーノには、この1L直噴ターボBOOSTER JETエンジンの他に、1.2Lデュアルジェット、1.2Lマイルドハイブリッドが搭載される予定です。

合計3種類のエンジンを搭載し、バレーノのラインナップは幅広くユーザーの用途に応えます。

ちなみに1L直噴ターボ・ブースタージェットエンジンは、小排気量ながらクラス上のトルクを発揮します。日本でもお馴染みになりつつあるダウンサイジングですね。

ターボによるトルクの恩恵で、より速く、質の高い走りに加え、燃費にも貢献する、走りと燃費を両立したエンジンとなります。

 

iK-2(バレーノ)のデザインコンセプト

「調和した力」をコンセプトに、スズキはバレーノにデザイン、実用性、快適性、操作性、走行性、燃費をパッケージングして披露しました。

エクステリアは、前から後ろにかけて流れるデザインを表現しています。

これは『水の塊が動き出すときのエネルギー移動』のような、普段はスローモーションにしないと目にできない姿をバレーノのボディで優雅に表しています。

 
 

先日発売されたSX-4がS-クロスとなり、全高を抑えることで初代の腰高感が消え、全幅が広いエクステリアは、全体的に凝縮され、質感がグッと上がりました。

バレーノもスイフトと差別化されるように、全高が抑えられ、全幅は広げられスイフトよりも大きな車体となっています。(全長3995 全幅1745 全高1470)

スイフトよりも踏ん張りが利き「大人なスイフト」を感じさせます。

欧州戦略車ということもあり、世界で存在感を示していくには、ライバルであるVWのポロやプジョー208シリーズのように

個性的で存在感を放つワールドワイドな雰囲気を持つクルマに仕上げていく必要があるのでしょうね。^^

 

バレーノもスズキの次世代軽量プラットフォームにより最大軽量化

新型アルトのように、軽さで低燃費を実現するためにバレーノも次世代軽量プラットフォームを採用。

次期スイフトも共通するプラットフォームを採用し、ターボ搭載でグイグイ走る上に軽いボディで低燃費(30km/L?)を実現します。

両者ともスズキの次世代カーのコンセプトを纏(まと)い、走りの楽しさと経済性に配慮され、さらには実用・快適な高級感ある次世代コンパクトカーとしてデビューします。

 

編集後記

バレーノの兄弟車スイフトはスポーツカー好きに人気ですよね。^^

しかし、居住性の面では少し狭さを感じます。2代目でひと回り大きくなりましたが、さらに上の大きさが要求された(特に海外)のでしょうね!^^

バレーノに続いて2017年夏にデビューするスイフトにも、現行より大きくなってくれることを期待します。

スポンサードリンク