S660モデル2015「ミッドシップで走りを楽しむ」

S660ホンダ新型2015年4月2日発売!ミッドシップで走りを楽しむ!

 

かつての軽スポーツオープンが、未来型に進化を遂げて帰ってきます。ホンダS660。2015年4月2日に発売です。

長い間、日本の新型クルマ市場から消えていたミッドシップですが、S660はこれから先、スポーツカー人気に火をつけるでしょうか。

お楽しみポイントを押さえながら詳細に迫ってみます。


スポンサードリンク

 

 

S660はCR-Zの弟的存在

グレード展開がCR-Zと同じくαとβです。ジャンルもスポーツだから兄弟のデビューという感じでしょうか。

αが上級グレードで6MT設定があります。やっぱりスポーツ車はマニュアルで操作感を味わうのが醍醐味ですね!

管理人が昔乗ってた車が、CR-Zの旧型とも呼べるCR-Xはシブすぎますね!笑

ホンダ・CR X 引用元:https://ja.wikipedia.org/

VTECが高回転まで吹け上がった時のエンジン音(キュイィィーーン!です。笑)はシビれます。スポーツ車はそこが楽しみですね。^^

S660は軽自動車とは言えガチガチのスポーツ設計だし、車重も軽く、かなり軽快なドライビングが楽しめるでしょうね。^^

また、オープンの仕組みはタルガトップで、海苔を巻くように丸めて取り外すという、少し面倒なアナログ設計ですが、それこそマニアックな楽しみ方ができるS660です。

 

ミッドシップの醍醐味

前がトランク、後ろにエンジン。ルパン3世でよく見かけそうな車です。笑

昔の車はホント、工夫というか遊び心があって持ってるだけで楽しかったものです。^^

逆にミッドシップのデメリットを挙げるなら、真夏のロングドライブだと背中からの熱で車内が暑くなることでしたが、涼しい季節ならオープンで走るときには、風に冷やされて丁度良いですよね。笑

そして、ミッドシップの醍醐味は後ろからエンジン音が聞こえること。

しかも、耳より後ろにあるので、エンジン音が過ぎた場所から聞こえる感じが楽しいです。(ちょっと伝えベタですいません)

 

また、ミッドシップはエクステリアも独特で、前後のタイヤサイズが違います。

S660のタイヤサイズは、前輪が165/55R15、後輪が195/45R16と異なり、ミッドシップ車の個性が一目でわかる作りです。

知らない人からしたら「なんで大きさ違うの~?」と興味津々ですよね。

そんな話題が尽きないホンダS660は人を楽しませるクルマです。

 

Nワゴンと同じ安全性?ファイブスター獲得か?

独立行政法人・自動車事故対策機構で、自動車アセスメント試験が行われて毎年、最高安全性を持つJNCAPファイブスター賞というものが発表されます。

ホンダは、軽自動車では初となるN-WGNで2014年にこれを獲得。

比較としてファイブスターを獲得している車は、他車ではトヨタのヴォクシー、クラウンアスリート/ロイヤル、海外ではゴルフです。

そして、昨年ホンダはヴェゼル、フィット、アコードハイブリッドでもファイブスターを獲得しています。

どの車もかなりゴッツイ作りですよね。^^;そんなどれも乗用車の中でのN-WGNの快挙です。この安全性をぜひS660でも獲得してほしいですね。

軽自動車という極小車のジャンルだから、身は薄皮一枚のような状態で、スポーツ車だから速度を出して走らせます。

そんな中で、最高に安全も配慮されたクルマとして発売されて欲しいです。^^

S660予想スペック

全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1180mm
ホイールベース 2285mm
車重 830kg(CVT850kg)
エンジン 直3DOHCターボ
排気量 658cc
最高出力 64ps/6000rpm
最大トルク 10.6kgm/2600rpm
ミッション 6MT
燃費 21.2km/L(CVT24.2km/L)
価格 198万円~238万円

 

【動画】軽とは思えない高剛性と車体バランスS660試乗インプレッション(4:50~)

 

 

編集後記

コペンも年内に昔大人気だった丸目バージョンをラインナップに揃えるそうです。

時代は巡る…と言いますが、数10年に1度でホントに一回りするんですね。

世の中が忘れていったかつての良いものを、懐かしむように再び思い出して、その対象が進化を遂げて帰ってくる感じって、ジャンルを問わずなんかいいですよね。^^

スポンサードリンク