ジェイド2015モデル新型発売

ホンダ新型ジェイド2015年2月13日発売予定

 

中国では2013年から販売されているジェイド(JADE)。昨年日本では「ストリーム後継車だ」と話題になり、ついに2015年2月に発売されるようです。

ちなみにジェイドとは、昔ホンダがバイクに使っていた名前です。

ジェイドはハイブリッドを搭載し、燃費は25km/Lとなります。

ホンダは新たに3ナンバーサイズミニバン・新型ジェイドを投入します。


スポンサードリンク

 

 

新型ジェイドの特徴

ストリームとオデッセイの中間に位置するジェイドは、発売前、一部の情報でオデッセイの後継車!?と言われていました。笑

位置付け(ホンダ的にはまったくの新型車でしょう)は、セダンやワゴン、ミニバンが持つ快適性や実用性の良い部分を合わせ持ったマルチなミニバンとなります。

エクステリアは、グリルにフィットでお馴染みのホンダウィングフェイスを引き継ぎ、ストリームに比べるとスッキリとした印象を持ちます。

ボディカラーは8色をラインナップし、フリードにも設定されたプレミアムブルーオパールメタリックを、ハイブリッド専用色として採用します。

カッコよくて売れ筋になりそうなのは、メーカーオプションのホワイトオーキッドパールです。

インテリアの居住性は、1列目の視界は開(ひら)けており、2列目は最近のミニバンには欠かせない、くつろげる空間が広がり、3列目はシートアレンジにより様々な実用性を持つ作りになっています。

全体の印象として、ボックスミニバンのようにファミリータイプではなく、都市型3列シート車と呼ばれるように、全高は低く、先日発売されたグレイスより25mm高い程度に収まっています。

エンジンはハイブリッドを採用し、1.5L+モーターを組む7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)のi-DCDです。

これはヴェゼルハイブリッドと同じく2000ccガソリン車並みのパワーを発揮してくれます。

そして、2月に発売して約半年後には、ステップワゴンにも採用される1.5Lターボモデルも追加される予定です。

ジェイド予想スペック

全長 4,600mm
全幅 1,720mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,780mm
エンジン 直4DOHC 1496cc+モーター
最高出力 110ps/6000rpm
最大トルク 13.7kgm/5000rpm
システム出力 137ps
燃費 25.0km/L
価格 253万~292万円

 

編集後記

新型ジェイドと同じ時期に、シャトルも発売される予定です。

3代目のシャトルは名前からフィットがなくなり独立。顔立ちとスタイルのバランスが取れるので、カタマリ感が出てカッコよくなります。^^

ホンダは、コンパクトカーのフィットが早くにハイブリッドを搭載したように、何気にユーザーが欲しいところにハイブリッドを展開してくれます。

ジェイドとシャトルという似た形のクルマを同時期に発売することで、ユーザーは選択肢が増えます。(売れるのはシャトルでしょう)両者共に人気が出そうな気配です。^^

スポンサードリンク