フィット2013モデルの評判

ホンダフィットの口コミ情報

 

人気のコンパクトカー、ホンダフィット

売れ筋グレードは安定のハイブリッドと、価格、燃費、運転の気持ちよさのバランスが取れた1300ccエンジン搭載車です。

フィットの口コミや評判はどういったものか?メリットやデメリットを挙げて全体像を見ていきます。


スポンサードリンク

 

 

ホンダフィット2013年モデルの口コミ情報

フィットは、5ナンバーサイズで全長も4m以下なので、狭い街中のドライブでも運転がし易い大きさです。

それに加え、2013年の新型から後席空間に余裕が生まれ、身長が170cm以上の大人が乗っても窮屈感がなくなりました。^^

車両の全高は1525mmに抑えられているので、都心部への買い物の際でも迷うことなく立体駐車場が利用できます。

また荷室には余裕を持たせており、後席は床下収納、または荷室側に跳ね上げるシートアレンジができるため、急きょ購入した大きな荷物でも余裕で載せることもできます。

人気の13G-Fパッケージは装備も充実していて、価格は142万円、エコカー減税は免税、燃費は24.6km/Lと、十分な満足を得られるグレードになっています。

年間の走行距離が少ない人にはお買い得感が高いです。^^

ちょっと豆情報・・・

◆人気のグレード◆

1位 13G-Fパッケージ
2位 ハイブリッドFパッケージ
3位 ハイブリッドLパッケージ

 

ホンダフィットのメリット

ひとつは先程のフィット1300ccNA車であってもユーザーの満足度が高いことです。

特に今回は、ハイブリッド車にミッション系のトラブルが発生し、異音がするなどのリコール問題がありましたので、

高機能を求めるより、ノーマル車のバランスの良さに目を向ける方が、お得感が高めです。

これはノーマル車で価格を抑え、衝突回避支援機能とサイド&カーテンエアバッグをセットで装着できる『あんしんパッケージ』が6万円台でオプションとして付けられるためです。

燃費性能の良さがどの車にも浸透していく中、この先ユーザーを満足させるのは安全性ですね。

ちょっと豆情報・・・

◆人気のオプション◆

1位 ナビ装着用スペシャルパッケージ
2位 LEDヘッドライト
3位 あんしんパッケージ

 

ホンダフィットのデメリット

フィットは新型になり、より燃費向上をするために転がり抵抗を抑えたタイヤを装着しています。

転がり抵抗はタイヤの変形、摩擦、空気抵抗によりエネルギー損失が発生するので、転がり抵抗を回避するために指定空気圧が高めに設定されています。

空気圧が高いタイヤは、高速走行時のように平坦で長く直線が続く場合は乗り心地にあまり変化はないのですが、

街中のように道路に変化が多い場合はどうしても硬く粗い乗り心地になってしまいます。

 

次に、フィットは外観デザインを一新し、先代までの丸っこいデザインに比べるとシャープになり、それは燃費にも貢献しているのですが、

車内においてのななめ後方視界は悪化してしまいました。原因は、後ろの窓下部が後方に向けて持ち上がっていくデザインになったためです。

また車内デザインでは他に、先代まであったエアコン吹き出し口前のカップホルダーや助手席前のアッパーボックスが省かれ多少使い勝手が悪くなっています。

でも、今は皆さん、足りない装備はネットやクルマのグッズショップで、充実した社外品(デザイン豊富、個性的なグッズ)を購入して補うから、この辺りは初めから無ければ逆にメリットでもありますね。

 

編集後記

こだわり派の人におすすめは、上級グレードのハイブリッド1500cc Sパッケージです。

スポーツタイプで足回りを固めており、燃費性能、動力性能に余裕があって走行安定性と乗り心地の上質感を味わえます。

走りを楽しみながら、乗り心地にもこだわりたい人におすすめです。^^

スポンサードリンク