アルトラパン2015フルモデルチェンジ「より丸くなって可愛く」

アルトラパンのフルモデルチェンジは2015年6月3日!より丸くなって登場

 

2007年以降、長きに渡ったダイハツの軽自動車販売台数No.1の座をようやく奪還したスズキ

2014年はハスラーの快進撃があり、ワゴンRのマイルドハイブリッド化、新型アルトのフルモデルチェンジが行われ、

そして2015年はSエネチャージをハスラー・スペーシアに搭載しました。^^

これに続き、アルトの派生車であるラパンがフルモデルチェンジを迎えます。

時期は2015年6月3日

とても待ち遠しいですね!^^


スポンサードリンク

 

 

新型アルトラパンのエクステリア

ハスラーがあのデザインで爆発的にヒットし、RJCカーオブザイヤーを獲得したり、日本流行色協会のオートカラーアウォードで、軽自動車初のグランプリを獲得したため、

ラパンにも少なからず似た装飾(丸目)が施されます。

初代から続く全体的にスクエアに近いデザインの角をさらに丸くすることで、よりほんわかした雰囲気のデザインへと変わります。

ラパンには「ショコラ」の別ラインナップがありますが、新型アルトラパンはショコラのデザインに近づいて、より可愛らしくなります。

グリルはシンプルにワンライン入れ、真ん中にウサギのエンブレム。全体的にクラシックな雰囲気になります。

ツートーンカラーはラパンから始まっていたようで、フルモデルチェンジ後も継続するようです。

 

新型アルトラパンにも燃費の良いR06A型エンジンを採用

2011年にMRワゴンから採用が始まったR06A型エンジン。

このエンジンは高効率で燃費が良く、スズキのほとんどの車種に採用されており、今年は次期エブリイにも載せられ、残るはラパンとジムニーでした。

今回のフルモデルチェンジによりアルトラパンもR06A型エンジンを搭載し、現行スズキ車で展開されている新技術のエコクールやエネチャージも採用されて進化を遂げます。

ワゴンR スズキ

さらに新型ラパンには、遅れてSエネチャージも採用される可能性もあります。

 

新型アルトラパンのインテリア予想

シートの色使いや座り心地がいっそう進化します。

ラパンという名の由来でもあるウサギがモチーフとなる可愛らしいデザインが、現行に増して織り込まれるでしょう。

まさに「女性を惹きつける雰囲気を満載」して次期アルトラパンはこの夏に登場する予定です。

 

編集後記

ハスラーが男性寄りのデザインなのに対して、次期アルトラパンはほぼ女性を意識したデザイン

モデルチェンジを待ちわびたファンに、新型アルトのデザインのように、惹きつける雰囲気を醸し出しそうですね。^^

スズキにとっては首位を譲れない勝負の2015年。どんな展開が待っているのか楽しみです。^^

スポンサードリンク