アクア2011モデルの評判

トヨタアクアの口コミ情報

 

2度目のマイナーチェンジを迎え、新たにX-URBAN(エックスアーバン)というグレードが設定されたトヨタアクア2011年モデル

アクアの口コミや評判はどういったものなのか?

メリットやデメリットを模索し、全体像を見ていきます。


スポンサードリンク

 

 

トヨタアクア2011年モデルの口コミ情報

総評で一番購入者の満足度が高いのは、やはり燃費性能です。

JC08モード37.0km/Lの燃費は、ハイブリッド車No.1

エンジンは1,500ccを搭載し動力性能も充分な5ナンバーサイズのコンパクトカーです。

しかも、車重が1,080kgと軽いので走行・燃費共まさに現時点で最高のエコカーです。

この燃費の良さを実感するためには、年間15,000km以上走る必要があります。

月にして1250km以上の走行距離で元が取っていける計算です。購入を考える場合、自分の年間走行距離を確かめる必要がありそうですね。

 

トヨタアクアのメリット

世界トップレベルの燃費に加え、アクアの魅力は走行性能にあります。

コンパクトカーの中でも低い全高(1,445mm)により『重心』が低く、前輪と後輪の間隔(ホイールベース)は2,550mmと長めになっているため、ボディがより地面に近く走行は安定します。

その走行性能をさらに支えるのがプリウスと同じハイブリッドシステムの動力性能。

つまり、エンジン+モーターです。

排気量は1500ccと特別高くないものの、エンジン出力(74ps)にモーター出力(61ps)が加わり相乗効果が働くため、小排気量エンジンとは思えない駆動力を発揮します。

 

トヨタアクアのデメリット

燃費に特化した上記メリットは、一部デメリットも生みます。

空力性能を上げるために全高を低く抑え、ルーフ後部を下げたことにより、室内高は一番高い部分で1175mmとかなり低く、後席に至っては居住性は悪化します。

この点で、アクアは二人乗りと割りきって購入を考える必要が出てきますね。

また、インテリアについてインパネ周囲のデザインは良いものの、質感においては上質とは言えない作りです。

エクステリアとハイブリッドシステムにお金を掛けて、ライバルたちとの価格差を最小限に抑えたら、インテリアにまで高級感は求められないのでしょう。(でも上級グレードには個性があります)

 

また、プリウスにも言えるのですが、後方視界は悪いです。次期プリウスからは、その点は改善されるようですね。

しかし、現時点で両車ともに後方視界は狭いので、走行時の車線変更やバック駐車に自信のない方にとってはかなり気を使う運転になるでしょう。

 

トヨタアクアのおすすめグレード

グレードは上からG、S、L

新規追加の最上価格のX-URBAN(エックスアーバン)の4種類です。

その中でおすすめはSタイプ、価格は約188万円、燃費は37.0km/Lです。

そしてSタイプは、ボディカラーの14色を選択できます。

専用ボディカラーとしてチェリーパールクリスタルシャイン、ダークバイオレットマイカメタリックが用意されています。^^(最廉価Lタイプは4色のみ)

Sタイプの主な装備として、エクステリアには15インチスチールホイール、フルホイールキャップ付(175/65R15)を装着。(Lタイプだと14インチ)

フロントグリルはブラック塗装されています。

インテリアには助手席の塗装インパネ、パワーウィンドウスイッチベースには同色のアクセントカラーを採用します。(Lタイプはリアドアが手動式)

また、ウレタンステアリングホイールは、ホーンの周りがシルバー塗装です。

 

編集後記

アクアはスポーティな走りが楽しめるハイブリッド専用のコンパクトカーです。

ボディはクーペスタイルなので、2人乗りで少し贅沢な足代わりとするなら最適な乗り物ですね。

また、上級グレードのGタイプとX-URBANには合成皮革シートが採用されています。

座ったことがある方はわかると思いますが、ノーマルのファブリックシートとは感触がまったく違いとてもくつろげます。^^

スポンサードリンク