新型フリードのエクステリアついに公開「全体的に丸みを帯びた印象」

ホンダ新型フリードのエクステリアついに公開!全体的に丸みを帯びた印象

 

フリードファンが待ちに待っている新型フリード。2016年9月16日発売。(2016年9月15日発表)

予約受付は8月5日開始。(初期予約でも納期は11月以降)

新型フリードは、キープコンセプト。ボディサイズは変わらず、室内空間・居住空間を拡大し、使い勝手を向上させます。

エンジンは新開発1.0Lターボを見送り

1.5L NA
1.5L i-DCDハイブリッド


を設定。1.5L i-DCDハイブリッドは、1モーター2クラッチシステム+リチウムイオンバッテリー。

ガソリン・ハイブリッドともに2WD・4WDを設定します。

冒険をせずに「キープコンセプト」を掲げたのは、シエンタ好調の影響が大きいようです。



スポンサードリンク

 

 

新型フリード(2WD・FF・3列シート)の価格&グレード

ガソリン

燃費:19.0km/L

B
188万円(6人乗り)

G
198万円(6人乗り)
200万円(7人乗り)

G Honda SENSING
214万3200円(6人乗り)
216万4800円(7人乗り)

ハイブリット

HYBRID B/EX 燃費27.2km/L
HYBRID G 燃費26.6km/L

HYBRID B
225万6000円(6人乗り)

HYBRID G Honda SENSING
249万6000円(6人乗り)
251万7600円(7人乗り)

HYBRID EX
265万6000円(6人乗り)

 

新型フリード(4WD・3列シート)の価格&グレード

ガソリン

B
209万6000円

G
221万2200円

G ホンダセンシング
233万2200円

ハイブリッド

HYBRID B
247万2000円

HYBRID G Honda SENSING
272万8200円

(EXは2WDのみ設定)

 

1.5L NA&1.5Lハイブリッドを搭載して新型フリードはデビュー

当初予定されていた新型フリードへの1.0Lターボ搭載は、慎重に行っていきます。(見送り)

代わりに搭載されるエンジンが、1.5L NA&1.5Lハイブリッド

フィットに搭載されているパワートレーンです。

その詳細は

1.5L i-VTEC
1.5L i-DCDハイブリッド

1.5L i-DCDハイブリッドは、改良され第2世代となり、加速&燃費ともに良くなっています。

トヨタから先にシエンタが発売され、フリード見直しを余儀なくされ、ホンダの2015年新車売上は思うように進みませんでした。

しかし2016年に巻き返しを図るため、フリード発売から動き出します。

 

新型フリードのエクステリア・インテリア

ついに、ホンダ公式から先行公開された「新型フリード」のエクステリア

ステップワゴン似
全体的に丸みがある

という印象です。フロントマスクは「ソリッドウィングフェイス」

フィットやヴェゼルから始まり、シャトルで完成度が高まったグリル形状やシャープなヘッドライト形状といった『共通デザイン』となります。

同メーカー車種内で共通点をもつ「ブランド化」により、ユーザーが「一目見ればホンダ車」と認識しやすいのが特徴です。^^

最近の国産車はこのような手法が顕著です。トヨタ、日産なら「キーンルック」「Vモーショングリル」といったもの。

各社ビッグマイナーチェンジにより、各モデルに共通点を持たせる改革を行っています。

 

新型フリードのインテリア

ボディサイズは変わらないまま、室内長や室内高を延長し、さらに視覚的にも広さを感じさせる空間に仕上がります。

新型フリードの3列目シートは、現行の跳ね上げ式を継続。これは3列目シートのクッション性を損なわないための配慮。

 

なぜフロントマスクに共通点を出すのか?

これまではエンブレムが「ブランド」の役割を果たしていましたが、各メーカーのクルマ全部に「共通点」を持たせて、ブランドとする時代。

高級バッグや高級時計のように、ユーザーに所有する歓びを与える存在となりつつあります。

所有する歓びは昔からあり、昔はクルマという「高いもの」を所有しているという大衆文化的な価値です。

最近は、個人が個人的な価値観の中で、クルマを所有できている満足感や充実感を感じるように、

より具体的なこだわりが強くなっているように感じます。

メーカーも時代を読み取り、個人的な感情を満たすクルマ作りを目指します。

 

最近、モデルチェンジの度に「ターゲット層」が変わってきている?

新型ステップワゴンも、全体的な角がとれて丸くなった印象ですよね。

それが好きな人、嫌いな人はわかれるでしょうけど、管理人的には好印象です!笑

丸みを帯びたクルマが好きです。^^

これは、そのクルマを売りたいターゲット(ユーザー)によっても変わってくるので、

ステップワゴンや新型フリードのターゲット層は女性やファミリーを強く意識しているのかもしれません。

一昔前なら、この2台のエクステリアは、もっとゴツゴツしていてシャープで、明らかにターゲットはやんちゃな男性像だったと思います。笑

時代は変わり、クルマのエクステリアは丸みを帯びる場合、

そこにおけるターゲットは女性だけでなく、世の中的に優しい印象が増えた男性像も見え隠れしているような気がします。^^

 

編集後記

いまだ堅調に売れているフリードですが、モデルチェンジを迎えることでエクステリアは大きく印象を変え、その人気ぶりはもっと爆発しそうな予感です。

シエンタに対する対抗心は半端ないでしょうからね!^^

絶好調のライバル・シエンタとの競合が、どのような動きを見せるのか?楽しみです。^^

スポンサードリンク