Read Article

タント特別仕様車VS追加|2018年12月3日発売

2018年12月3日にダイハツのトールワゴン、
タントに特別仕様車VSが追加されました。

タントは大変人気で特に女性オーナーが多いモデルですが、

ブラックのインテリアカラーや特別色などを用意しており
男性にも好まれるグレードになっています。

 

スポンサードリンク

 

タントVSの特別装備

 

 

2018年12月3日に発売されたタントVSのベースグレードはX”SA Ⅲ”で、
正式にはX“SA VS Ⅲ”という名前が付いています。

VSのみに装着されているのはたくさんありますが、
まずあげられるのはアルミホイールです。

タントには最上級グレードのみに
アルミホイールが標準装備されていますので、

見栄えが良くなります。

 

続いてLEDヘッドランプと自発光式大型三眼センターメーターです。

LEDヘッドライトは最上級グレードでもオプション設定ですし、
自発光式三眼センターメーターはタントには装備されておらず、

タントカスタムに装備されている装備です。

 

また右側のパワースライドドアもVSの特別装備です。

タントのリヤはスライドドアですが、
重いので電動で開閉するようになっています。

しかし、左右電動なのは最上級グレードのみで
それ以外は左側のみが電動となっています。

 

そのほかには「ブラックインテリアパック」という特別色が設定されています。

シートにはブラックの柄が入っていますし、
天井も含めておしゃれでシックな雰囲気になっています。

 

また、運転席と助手席のサイドエアバッグも装備されています。

サイドエアバッグは

最上級グレードにオプション設定されているのみですので、
安全にも配慮していると言えます。

 

 

特別色も用意

タントには8色のボディカラーが用意されていますが、

VSには「レーザーブルークリスタルシャイン」という
特別色が用意されており、このカラーはVSしか選べません。

27000円のオプションですが、
ネイビーっぽいブルーで結構おしゃれに見えます。

 

 

価格

そんなタントVSの価格ですが、
2WDで148万5000円、4WDで160万9200円となっています。

ベースグレードは

2WDで約142万円、4WDで約154万円ですので、
ベースグレードに比べて約6万円高となっています。

この価格差を考えると、かなりお得と言えます。

 

  1. アルミホイール
  2. LEDヘッドライト
  3. 自発光式メーター
  4. 左側のスライドドア
  5. サイドエアバッグ

などが標準装備されていますが、
これをオプションで選択するとかなりの額になります。

最近の軽自動車はどんどん価格が上がっていますが、
VSは良心的な価格設定と言えそうです。

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」特別仕様車一覧

画像引用元:https://www.daihatsu.co.jp

Return Top