ダイハツ新車発売情報2015

新車2015

 

2014年末の新型車投入の追い込みで勢いのあるダイハツ。

ライバルはスズキでハスラーの大躍進により、ついに軽自動車販売台数トップの座を譲りました。

この先、スズキとは違った戦略を取る模様です。

これまで長らく続いた燃費バトルは、この先ムーブのカスタム ハイパーに見られるような新しい魅力あるグレードの展開。

そして、特定グレードに偏らない普遍的な燃費性能の向上として現れていきます。

そのダイハツ。2015年は新型&モデルチェンジ展開として以下が予定されています。


スポンサードリンク

 

 

キャスト(2015年9月9日 新型)

ハスラー対抗の新型軽SUV キャスト

綺麗な丸目で、丸みを帯びたエクステリア。先代ミラジーノのフロントマスクが進化した形でSUVモデルが誕生します。^^

しかもキャストは、コペンのように1台で3つのスタイルを持ちます。

アクティバは、ハスラー対抗軽SUV。スタイルは、都会派でミラジーノ似のモデル。スポーツは、扁平タイヤを履き、車高を低く魅せ、ブラックルーフにホワイトボディ、赤の配色を散りばめたモデルです。

 

ミライース(10月 フルモデルチェンジ)

2015年末、アルトのマイナーチェンジによる燃費37km/Lへの向上により、身を潜めたかのようになってしまったミライース

現行ミライースの燃費が35.2km/Lと奮(ふる)わなくなってしまったので、ダイハツは電磁波(電子レンジ技術)を燃焼機関へ応用し、

燃費を40km/Lまで伸ばすことに成功する予定のようです。

顔つきはムーヴカスタムのフロントマスクに変更する模様。

スズキとのライバル関係に、電磁波でさらなる火花を散らします!

 

タント・タントカスタム(12月 マイナーチェンジ)

現行カスタムよりもすっきりしちゃうタントの外観

しかし、トップエディションはギラッギラ!!

燃費は30km/Lあたりか?

 

以下、発売される可能性のあった新型車

タント エグゼ(新型)

タントエグゼは、タントをベースとし、高級感を追求したモデルです。

ノーマルは子育て感満載なので、そこに街乗りの雰囲気を出せるタイプを創ったのが、タントエグゼです。

タントは、2013年新型にモデルチェンジしたため、約2年後のエグゼの追加です。2015年秋に登場します。

タントが子育てなら、エグゼは街乗りやレジャーに出掛ける子育て後の夫婦が乗る高級感あるハイトワゴン。

 

ターゲットのユーザー層は、20才前後の学生がいる夫婦の乗り物といったところでしょうか。このため、スライドドアではなく、ヒンジドア(従来のバンッと閉めるタイプ)を採用しており、シートも肉厚感のある座り心地良さがウリです。

タントが新型になって質感を上げてきたし、ダイハツの軽は、元から上質と評判なので、各パーツの使用感は軽自動車より上をいく感触を味わえるはずです。

また、重量のあるスライドドアを採用しないことにより、燃費も向上します。

 

次期タントエグゼのJC08モード燃費は、30km/Lを達成する可能性が高いです。この場合、エコカー減税100%免税となります。(2015年現在で必要な基準値を達成するでしょう)

089847

来年4月の新車購入から、軽自動車税が10,800円となるので、そうなるとエグゼを購入するお得感は上がりますね。最後に、予想スペックを載せておきます。

新型タントエグゼの予想スペック

  • 全長 3395mm
  • 全幅 1475mm
  • 全高 1730mm
  • エンジン 直3DOHC658cc
  • 最高出力 52ps/6800rpm
  • 最大トルク 6.1kgm/5200rpm
  • 燃費 30.0km/L
  • 価格 120~170万円
 

ミラココア(冬 フルモデルチェンジ)

ミラココアは2016年8月中旬マイナーチェンジ予定です。

ミライースが10月にフルモデルチェンジするのを受け、ミラココアも2015年冬にフルモデルチェンジ

先日、スズキから発売されたアルトラパンが可愛さ満載で大好評です。

ミラココアも負けじと、ターゲットである女性向け仕様を前面に押し出す形で、参戦してくるでしょう!

新イーステクノロジーを採用し、燃費は35km/L予想。現行の160通りの内外装カラーチョイスは継続する見込みです。

 

編集後記

ダイハツは、新型コペンに始まり新型ウェイク、新型ムーブなど、これからの2015年、小型から中型までのモデルを充実させていきます。

その他、新型車の続報がわかれば、随時記事に追加していこうと思います。

スポンサードリンク