スズキ新車発売情報2015

スズキ新型&モデルチェンジ情報2015

 

新型ワゴンRから始まるスズキの新型車戦略。

S-エネチャージを他車種にも展開して生まれるアドバンテージを生かし、ライバルに差をつけます。

スズキには、2015年4月の軽自動車税・増税を意識した2014年末からの積極的な攻めの姿勢を感じます。

こちらの記事では、その積極性から放たれる2015年発売予定の新型車やマイナーチェンジ情報をまとめていきます。


スポンサードリンク

 

 

アルト(2014月12月末 フルモデルチェンジ 新型)

アルトは、2014年12月にエクステリアを一新します。これを始まりとして、スズキのメイン車種は将来のデザインに大きな変化を遂げていくと言われています。

そのアルトのデザイン。レトロと言うのかモダンと言うのかわかりませんが、ヘッドライトの形状に特徴があって、例えるなら、人で言うとたまに見かける「普通の人なら選ばない」ちょっと変わったメガネを掛けている人みたいなフロントマスクです。(笑

そして燃費に関して、今回は価格を抑える目的でマイルドハイブリッド(Sエネチャージ)は非搭載の予定。

車重を切り詰め、総合的に施す燃費技術だけで、ハイブリッドを搭載せずにJC08モード燃費37.0km/Lを達成するようです。

これでついに、ガソリン車がハイブリッドに追い付きました。^^まあ、そもそも比べるのは間違いですが。

さらに、RSというターボモデルを設定するようです。

ちっちゃくて速いのが昔はカッコよかったですからね。それに、アルトは、軽自動車で比較するなら、ダイハツコペンにはない居住性の面で有利です。

 

アルトRS(3月 新型)

アルトのフルモデルチェンジから約3ヶ月後、アルトターボRSとして誕生します。

アルトの外観に、緻密なスポーティさを加え、流行りの2トーンをサイドミラーやボディの一部に採用して、走りの良さを期待させるエクステリアになっています。

ノーマルアルトの燃費は、車全体の軽量化にも依(よ)るものですから、その軽い車重にターボが搭載されたら、そりゃあサクサク軽快に走り回る一台になるでしょう。

このアルトRSが今の軽自動車市場に追加されると、どのような需要が見込めて(どんな人に人気が出て)、どれほど売れるのかを知るのは、管理人的な楽しみでもあります。

 

ハスラー(2015年上半期 5月 Sエネチャージ搭載 マイナーチェンジ(1))

ハスラーは、ライバルのウェイクがダイハツから発売されたこともあり、発売から1年経ち、2015年1月にJスタイルを追加そして、5月にはSエネチャージ追加と仕様の見直しが予想されています。

というのも、ハスラーは奇抜なデザインやこれまでになかった機能性で人気を集め爆発的に売れたけれど、燃費の面では、先日発売された同社のワゴンRには及ばず、そのシステムも搭載していません。

なので、2015年5月にS-エネチャージを搭載し、JC08モード燃費30km/L越えをしてくるでしょう。

また、その後の展開として、人気の動向も視野に、2014年のオートサロンで出展されたスポーティローダウン仕様やSUVテイストモデルを追加してくると予想されています。

下記に、2015年下半期(12月)のマイナーチェンジ情報あり

 

アルトラパン(6月 フルモデルチェンジ)

次のフルモデルチェンジで3代目となるアルトラパンは、ハスラーの成功例を活かした居住性のあるモデルに変化していくと予想されます。形も箱形で似てますしね。

それプラス、ワゴンRの技術的進化の導入やベースモデルのアルトがフルモデルチェンジすることもあって、次期型はとても良い形で登場してくるのではないでしょうか。

もちろんS-エネチャージも搭載されるでしょう。これにより燃費も大幅に改善されるものと思います。

元々女性がターゲットのアルトラパン。次のフルモデルチェンジを迎えたら、さらなる圧倒的な女性からの支持を受けることが想像されますね。

 

ソリオ(8月26日 フルモデルチェンジ)

待望のソリオが2015年8月26日にフルモデルチェンジを行う予定です。^^

現在、続々とスズキの車種はマイルドハイブリッド化しています。ソリオも例にもれずマイルドハイブリッドになります。

軽量プラットフォーム、さらに磨きをかけた1.2Lデュアルジェットエンジンにより、JC08モード27.8km/Lの高燃費を実現します。

期待のエクステリアは、ノーマルがメッキグリルで渋めのデザイン。バンディットは細いヘッドライトでシャープな印象へと一新されます。

以前から、親しみやすくも丸みがあり過ぎるヘッドライト形状が気になっていたので、フルモデルチェンジにともない、フロントマスクが「いい感じのシャープさ」となりました。^^

さらに、マイルドハイブリッドでは終わらず、年末にはリチウム電池を搭載したストロングハイブリッドも追加されます。EV走行も可能な先進モデルです。

 

スペーシアターボ Sエネチャージ(8月)

スズキSエネチャージシリーズに軽自動車初のターボモデル追加

スペーシア、スペーシアカスタムに搭載されるとの情報

 

エスクード(10月15日 フルモデルチェンジ)

10年ぶりのフルモデルチェンジです。日産ジュークをライバルと意識した大幅な車体構造の変更をし、ひと回りコンパクトで居住性のある室内を持つモデルへと生まれ変わるようです。

それに伴い、駆動はFFとなり、4WDは電子制御になる模様。こちらはオールグリップと呼ばれるダイヤル式のポジションチェンジで操作し、オート、スポーツ、スノー、ロックと選択できます。

日産エクストレイルに見られるものと一緒ですね。

日産エクストレイル
引用元:http://www.nissan.co.jp/

燃費は18.2 km/L(2WD)・17.4 km/L(4WD)

 

ハスラー (12月7日 マイナーチェンジ(2) JスタイルⅡ特別仕様車)

2015年2度目のマイナーチェンジ(一部改良) 新色、イエロー・グリーンを追加。

ターボ車にSエネチャージを搭載。

そして、特別仕様車JスタイルⅡを発売しました。

 

アルトワークス (12月24日 新型)

スズキ アルトワークス1
引用元:http://autoc-one.jp/suzuki/alto_works/newmodel-2474123/photo/0026.html

 

ターボRSを高性能にした本格スポーツ・アルトワークスが、ついに2015年12月24日、復活!

アルトワークス情報

燃費:23~23.6km/L(アイドリングストップの有無やAGSの選択で変わる)
価格:139万8000円~(4WDはプラス10万円)
※ターボRSプラス20万円の価格設定

ボディカラー

スチールシルバーメタリック(NEW)
ピュアレッド
ブルーイッシュブラックパール
パールホワイト

予想スペック情報

全長全幅全高:3395 1475 1500mm
ホイールベース:2460mm
重量:670kg
エンジン:直3DOHCターボ 658cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.2kgm/3000rpm
トランスミッション:5速MT/5速AGS
タイヤ:165/55R15

・エンジンはターボRSと同じ、R06A型
・しかし、最大トルクを0.2kgmアップし10.2kgm
・低回転域から力強さを発揮
・5速MTの採用(クロスレシオの専用ギア採用)
・ショートストローク化
・2WD&4WD設定
・カヤバ製ダンパー&スプリングを採用でハードセッティング
・タイヤ&ブレーキはターボRSからの変更なし
・レカロ製スポーツシート採用

 

また、東京モーターショー2015では、アルトワークスが展示されました。

アルト ワークス展示東京モーターショー2015アルト ワークス展示

スズキ アルトワークス
引用元:http://autoc-one.jp/suzuki/alto_works/newmodel-2474123/photo/0022.html

スポンサードリンク