ホンダ新車発売情報2015

新車2015

 

車の買い替えで新型車を検討中の人やただ新型の車に興味のある人にとっても2015年に発売が予定されている新型車

または発表が噂されている車のことが気になると思います。^^

ホンダ、フィットやヴェゼルのリコールで新型車の発売予定に遅れが出ているようでしたが、満を持して2015年は続々と新型車を発表していくようです。



スポンサードリンク

 

 

JADE(ジェイド)ストリーム後継(2月 新型)

日本での発売があるか謎だったJADEですが、どうやら来年2月に急遽発表するようですね。

ストリームの後継と言えない程質感高く、存在感を放っていてオデッセイに迫る高級感を持っており、1.5Lハイブリッドを搭載したハイブリッド車となります。

JC08モード燃費 25.0km/L
価格 272万円

「こんな車を待っていました!」という感動をしています。^^

 

S660ビート後継(4月2日 新型)

ホンダのビートと言えば、ダイハツのコペンやスズキのカプチーノ(マツダオートザムAZ-1)といったミニミニの軽オープンスポーツカーがひと昔前(20年前?)に流行りました。

細かいことを言えば、エンジンの位置や駆動方式が異なるので、ひとまとめで語れないような伝説の車(?^^)です。

先日は、軽オープンスポーツのダイハツコペンが復活しましたね。

続いて復活(後継)を遂げるのが、ホンダのS660です。
 

 

ステップワゴン(4月 フルモデルチェンジ)

ステップワゴンが、初の直4VTECターボを搭載。2015年4月にフルモデルチェンジです。

そして、行方がわからなかったハイブリッドの搭載はターボの1年後に追加となる予定です。

JC08モード燃費 17.0km/L
価格 228万円(Bグレード・最廉価)

 

フィットシャトル(4月 フルモデルチェンジ)

現行・新型フィットとは異なるマスクで、しかもフィットからは独立する形で、居住性や積載力をさらに上げ

上質で燃費の良いステーションワゴンとして発売される予定です。

JC08モード燃費 32.0km/L
価格 220万円

 

フィット(9月25日 マイナーチェンジ)

予定されていたフィットに1Lターボを搭載する予定は先送りとなり、

エクステリアデザインの変更や装備の充実といった一部改良を行うに収まります。

今後、上記1Lターボ搭載の可能性やハイブリッドモデルが、ライバル・アクアを超える37km/L以上の燃費を突破するのは時間の問題でしょう。^^

フィットターボ 予想スペック

全長幅高:3395 1695 1525mm
ホイールベース:2535mm
システム:直3DOHC998cc+ターボ
最高出力:129ps/6000rpm
最大トルク:20.4kgm/2500rpm
燃費:30km/L
価格:170万円

 

シビックTYPE R(10月28日 新型)

国内販売1000台限定で販売!!

 

ヴェゼル(12月 マイナーチェンジ)

ヴェゼルはホンダセンシングを搭載し、2015年末~2016年初めの間でマイナーチェンジを予定しているという情報です。

それ以上の情報がなくて申し訳ありません。なのでホンダセンシングに関して調べました。^^;2015年2月現在、オデッセイとジェイド、新型レジェンドへ、ホンダセンシングが搭載されています。

ホンダセンシングは、グリルから発せられるミリ波レーダーと、フロントウィンドウ上部に装備される単眼カメラによって

歩行者、対向車、前走車を認識し、衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制、路外(車線)逸脱抑制などの多彩な機能を持つシステムです。

ホンダは、この高度安全システム搭載を成功させ、昨年から続くリコール問題も、2度と起きないように対策し、2015年は新型発表に集中できる環境へと移行していくでしょう。

スポンサードリンク