ウェイク2014「ウルトラスペース軽最大の室内空間」

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af2014%e3%80%8c%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e8%bb%bd%e6%9c%80%e5%a4%a7%e3%81%ae%e5%ae%a4%e5%86%85%e7%a9%ba%e9%96%93

 

DECADECA(デカデカ)をベースに開発された、ダイハツ期待の新型軽自動車ウェイクが、予定通り2014年度内(予定では今年の11月初旬)に発売される予定です。

軽最大の室内空間・ウルトラスペースな新型車として発売されます。^^

ダイハツは、軽自動車開発において、「もっと軽にできること」をキーワードとし、軽自動車の可能性を追求しています。

今回の最大のウリは、ウルトラスペース、ファインビジョンといった、空間や視界の広さです。

このウリを引っさげて、軽ユーザーに「もっとレジャーに出かけてもらおう」という思いが込められています。

車名のウェイクは、「レジャーに目覚めよ!」”Wake UP!”のウェイクでしょうか?^^管理人の勝手な想像です(笑)

軽はどちらかというと街乗りで、買い物の足として扱うイメージが強いですよね。

だけど、例えば今爆発的に売れているウェイクのライバルになるであろうハスラーの ”遊べる軽、出た!”というキャッチフレーズにも表れているように、

最近の軽自動車の開発は、軽ユーザーに、もっと付加価値を感じてもらえる軽の開発を行っています。

そこには軽ユーザーに対する開発者の「新開発した軽に乗って街を飛び出してもらい、アクティブに新しいコンセプトの軽自動車を使い倒してほしい」という意気込みが感じられます。

このような思いが込められた、ウルトラスペースの軽新型車には、どんな新技術が搭載されるのでしょう。


スポンサードリンク

 

 

軽最大の室内空間 ウルトラスペースとは?

車両の全高が、タントよりも高く1,835mm

これにより広げられた室内空間は、室内高・軽自動車No.1の1,455mm

軽自動車にとって、走行時の安定性を無くしかねない圧倒的な車高を加えてでも、ダイハツ新型ウェイクが、購入ターゲットに選んでいるユーザーは、

大きな車両サイズというだけで維持費がかさむミニバンから、ダウンサイジングを検討しているユーザーです。

ダウンサイジングは、近頃の自動車業界の流れでもあります。

特に欧州メーカーから日本へ浸透し始めている流行とも言えるもので、環境・燃費の面で、省エネに貢献でき、

車や排気量が小さくなれば経済的にも助かるから、「ダウンサイズを検討している」という人は、増えているようです。

 

ファインビジョンとは?

運転時の目線の高さが1,387mm

一般的に車の運転は、目線が高いほど、見晴らしがよく運転しやすくなります。もちろん、その目線の高さが苦手という方もいます。

また、車高が高いことによる操縦安定性に不安を感じる人もいますよね。そこに投入された技術が・・・

 

ファン&リラックス ドライブコンセプト により安心安全の性能

1,835mmの全高に合わせた車両安定性と乗り心地を追求

これにより、現行タントやムーブと変わらない安定性と乗り心地を実現しています。

ダイハツ車では初の、空力フィンの採用

 

背の高い車には欠かせない重心高の抑制

タントの重心高から10mmアップしかしていません。

 

荷室の広さに特化した ミラクルラゲージ

ラゲージアンダートランク

高い室内高に加えて、荷室床下の空間も利用することにより、背の高いゴルフバッグや畳んだ状態のベビーカーでも、立てたまま収納できる空間を確保。

アンダートランク容量は、350mlのビール1ケースが2箱収納できる広さです。

 

リヤシートが荷室側からもスライド操作できるスライドレバー

これはタントに採用されている助手席シートバックレバーが、運転席側からスライドやリクライニングを操作できる機能の応用ですね。

 

フル撥水加工リアシート(及び背面、塩化ビニール加工)

アウトドアを想定して、汚れや水濡れを弾いてくれる撥水加工のフルファブリックシートを採用しています。

また、裏面も塩化ビニール加工のため、汚れや水分がついても拭き取れば済む仕様。

 

充実の収納

インパネ周りには、6.6Lの大型インパネトレイを設定しているので、アウトドアの思い出作りには欠かせない一眼レフのような大型カメラも収納できます。

また、他に考えられる用途としては、目的地を検索するナビ用のタブレットを助手席の人が使用しながら、手を空けたいときには置いておくこともできます。

多くの用途に便利な、大きいインパネトレイですね。^^

その他の収納空間として、スマホやCDケース、靴など大小様々な大きさの物を収納できる、さり気なく便利に配置された各収納ポケットや収納ボックスを装備していますよ。

 

編集後記

ハスラーとの競合は、目に見えていますがレジャーへの使用を考えたときに、ダイハツ新型ウェイクとスズキハスラーを比較するなら、その大きな違い、特にウェイクのメリットは、

”乗車する4人がしっかり乗れて、荷物をしっかり積める”ことだそうです。新型ウェイク。この冬を機に、どれほどの人気が出るでしょうか??

スポンサードリンク