タイヤチェーンの基礎知識「急な大雪に備える」

チェーンの基礎知識

 

今年初めの2014年2月。南岸低気圧の影響による記録的な大雪は、気象庁も 「予測できなかった」として批判を受けているようですね。

毎年冬の寒さは、”年明けから厳しく” なります。

この時期、車でお出かけを計画していても、その当日に大雪になったり、出先で急に大雪に見舞われたりすることもあります。

ノーマルタイヤの装備だけでは、外出が制限されてしまいますね。

もし無理して出掛けたら大変な目に遭います。

 

しかし、そんなときタイヤチェーンを常備しておけば、計画に多少の融通が利きますし、急な大雪に遭遇しても、より安全に移動が可能です。

そのタイヤチェーンには、どのような種類があるのでしょうか?


スポンサードリンク

 

 

タイヤチェーンの種類

タイヤチェーンの種類

タイヤチェーンには、金属製・非金属製があります。昔よく見かけたのは、鎖型の金属チェーンです。

取り付ける際には、ジャッキアップも必要でした。

しかし最近は、取付も比較的簡単で、持ち運びにも便利な非金属製ウレタンネット型のタイヤチェーンが主流なようです。

 

非金属製ウレタンネット型のタイヤチェーンの特徴

    • 耐久性あり
    • 超硬合金マカロニスパイクピン付
    • 氷雪路でもグリップする
    • 静粛性・低騒音・低振動で快適な乗り心地
    • ゴムバンドフック付
    • プッシュロックで固定
    • 収納サイズは縦横各60㎝
”プッシュロックで固定”とは、巻きつけたチェーンの両端をシートベルト感覚で差し込む金具で固定するものです。

特徴だけ見ても、とても使用しやすい印象です。

 

ただ一つ、価格が10000円台(ネット価格)と少し高めではあります。

近所のタイヤ屋さんなどで購入すれば、取付方法も直接指導してもらえるので、

”価格に見合うだけのメリット”を得ようと考えれば、オートバックスやイエローハットなどで購入する方がいいですね。

 

金属製チェーンの特徴

一方、金属製チェーンには、リングチェーン・金属チェーンがあります。価格も5000~10000円以下で購入できてお買い得です。

ただし、以下のような特徴があります。

リングチェーン

      • ジャッキ不要
      • 取り付け時間が短い

金属チェーン

      • 価格が安い
      • 取り付けに手間がかかる
 

また、金属チェーンのデメリットは、他にも走行時の金属音がわりと大きく、鎖なので耐久性が悪いというところがあるんです。

それに、金属なので重く、持ち運びや保管も大変です。^^;

こんなものを持つイメージですよね・・・。

金属製チェーン

こういった点では、非金属製のウレタンネット型のタイヤチェーンの方が、装着も持ち運びも比較的楽で、便利かもしれないですね。^^

以下では、その装着方法について見て行きましょう。

 

金属製及びウレタンネット型タイヤチェーンの装着方法

以下にYouTubeで見つけた”JAFのタイヤチェーン取付講座の動画”を添付します。

【動画】実際のチェーンの装着方法

 

 

他にも種類のあるタイヤチェーン

布製のチェーン
スプレー

といったものもあるようです。

布製チェーン(スノーカバー)

      • 手軽、非金属チェーンよりも安い 10000円以下
      • 高速道路のチェーン規制時、使用不可の可能性あり

スプレー

      • 価格が安い 5000円以下
      • 時速30㎞以下の走行を10㎞までしかできず、
        再度吹き付け必要
これらのチェーンには、持ち運びの利便性がかなりありますが、雪道で数キロ毎に道路に出ていたら、逆に危ないですよね!^^;

手軽さを追い求めすぎると安全の質が問われますね。

なので、これらの商品は、積雪が少ない地域の方が緊急時の常備品として車に載せておくには良さそうですね。

 

編集後記

以上、チェーンの解説をしてきましたが、便利ではあってもスタッドレスタイヤに比べると安全性は低いです。

雪の多い地域の方は、チェーンの装着のみで雪山に向かうことをかなりの準備不足だと言ってます。

スタッドレスタイヤを装着するのが基本でありマナーのようです。

関連記事

SUV用スタッドレスタイヤのオススメ情報&ブランド比較2015
乗用車用スタッドレスタイヤのオススメ情報&ブランド比較2015

理由は、雪道で事故を起こしてしまうから。そして、事故をしたら渋滞を巻き起こして、多くの人に迷惑を掛けるからです。

関連記事

ノーマルタイヤでは大変危険!雪積もる冬の山間部のドライブ

管理人は、雪の少ない地域に住んでいて、実情が分からないので、それが「マナー」であることが勉強になりました。^^;

そして、大雪に慣れている東北地方の方でも、スタッドレスタイヤを装着していても雪道の運転にはかなり神経を使うそうです。

雪道を走行する機会がある方は、自分だけではなく周りにいる人の安全のためにも、十分に備えておくべきですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク