Read Article

プロパイロット2.0とは|2019年に販売する日産の運転支援テクノロジー

日産自動車は、2019年秋にマイナーチェンジするスカイラインに、新たな運転支援技術である「プロパイロット2.0」を搭載したタイプを発売すると発表しています。

このプロパイロット2.0は、高速道路での同一車線内でハンドルに触れることなく操作できるもので、従来のプロパイロットのハンドル操作支援機能をさらに発展させたものとなっています。

なお、アクセル操作に関しての発展のアナウンスはなく、こちらは従来のプロパイロット同様のインテリジェントクルーズコントロールが装備されると考えられます。

スポンサードリンク

日産プロパイロット2.0とは

プロパイロット2.0

プロパイロット2.0の装備とカーナビゲーション

プロパイロット2.0では、フロントウィンドウ上部の車載カメラ、グリル付近とドアミラーに搭載されたAVMカメラ、バンパーに装備されるレーダーとソナー、GPS、カーナビゲーションの3D高精度地図データによって作動するようになっています。

また、ドライバーモニターカメラも搭載されます。このシステムは地図データを必要とすることから、プロパイロット2.0にはカーナビゲーションの装備が必須の模様です。

また、カーナビゲーションで高速道路での目的地の設定なども行います。

プロパイロット2.0では追い越し車線の利用の判断などの高度な児童操作も行えるようになっており、こちらもカーナビゲーションのモニターによって指示を確認することができます。

プロパイロット2.0のメリット

プロパイロット2.0のメリットは高速道路の同一車線での操作においてのハンドル操作の負担を大幅に低減することにあり、さらに同時搭載されたインテリジェントクルーズコントロールによってアクセル操作も低減することができます。

なお、一般道ですべての機能の使用は現時点では不可能となっています。

また、完全自動運転技術ではない点は注意すべきポイントで、ドライバーモニターカメラによってドライバーが操作可能な状況においてのみプロパイロット2.0が作動するようになっている模様です。

プロパイロット2.0の今後予想される展開車種

プロパイロット2.0は、まずマイナーチェンジモデルのスカイラインに搭載される予定で、このスカイラインはフロントバンパー部分を変更し、レーダーやソナーを搭載するなど現行モデルからデザインを大きく変更したものとなる予定です。

プロパイロット2.0は、新型車でなくても装備できるようですが、大掛かりなマイナーチェンジは必要なようです。

今後、予想される展開車種は、すでにプロパイロットを搭載しているセレナ、エクストレイル(次世代型の可能性もあり)、リーフ、プロパイロット非搭載の車種では、フーガ、シーマ、エルグランドあたりが挙げられます。

フェアレディZとGT-Rは、性質的に難しい部分と予防安全装備が非装備な点で当面の装備はないのではとも考えられます。

ノートやマーチなどにはシステムの価格的に搭載されるかはやや難しいところです。

すでにプロパイロットが搭載されているデイズもバンパーの変更・センサーの設置などを要することと、カーナビゲーションを搭載する必要があることから、当面プロパイロット2.0に変更される可能性は低めと言えるでしょう。

また、今後はグレード・価格によってプロパイロット、プロパイロット2.0の両方が設定される車種も登場するかもしれません。

プロパイロット2.0の予想される価格

プロパイロット2.0は、システムにカーナビゲーションが必須なことと、カメラだけではなくソナーなどを多数搭載することから一定の価格上昇が考えられます。

少なくともカーナビゲーション込みで30万円程度の上昇、45万円程度までの価格上昇はあり得るかもしれません。

 

【比較参考】高速道路単一車線自動運転技術「プロパイロット1.0」の技術レベル

高速道路対応自動運転技術「プロパイロット1.0」の情報となります。プロパイロット2.0との機能比較として参考になります。

プロパイロット1.0は、2016年8月発売のセレナに初搭載された安全機能です。高速道路限定の半自動運転技術として採用されました。

プロパイロット1.0はどこまで自動運転なの?

「自動運転」とだけ聞くと、街乗り程度なら「ほぼ自動なのかな?」と思いました。しかし、自動運転技術「プロパイロット1.0」の技術レベルは、将来の完全な自動運転技術と比較して、まだ初期の技術というのが現実です。なので、「1.0」と表示しているんですね。

自動運転の領域は時速「10キロまで」

車速10km/hの走行(10km/h以下の先行車追走)の間であれば、ハンドルから手を離していても「ブレーキ」「アクセル」「ステアリング」を自動でクルマが操作してくれます。”使える場面はごくごく限られた状況”のみと言えます。

レーンキープサポートは「自動運転に入らない」

現在は、自動運転の認定条件が「確実な安全を確保できる速度で機能するもの」でなければ、”自動運転とは認められない”ため、プロパイロット1.0のレーンキープサポートは、まだ自動運転ではありません。

プロパイロット1.0のレーンキープサポートは、「時速11キロ以上の速度」で走行していれば、車線中央を維持して走ってくれる機能です。

プロパイロット1.0は、「高速道路の単一車線」走行を想定している技術なので、高速利用時は実用的です。

つまりプロパイロット1.0は「自動運転につながる技術」

今後、段階を経て2020年までにプロパイロット「2.0」「3.0」とバージョンアップさせ完全に向かう計画となっています。

MEMO
  • パイロットドライブ1.0(2016年):高速道路の単一レーン自律走行のみ
  • パイロットドライブ2.0(2019年):レーンチェンジや道路上の危険を判断して回避できる
  • パイロットドライブ3.0(2021年?):市街の交差点を安全にナビゲートが可能になる
  • パイロットドライブ4.0:無人運転を可能にする完全自動運転

プロパイロット1.0の仕組み

単眼カメラのみから得られる情報でブレーキ・ステアリング・スロットルを制御するコントロールユニットで出来ています。

他の予防安全技術はカメラ+レーダーで情報を得ますが、プロパイロット1.0は単眼カメラだけで詳細な3次元映像と距離まで計測できます。そして、「クルマ」「2輪車」「人」を見分けられる高性能技術です。

自動運転機能を搭載する目的

高速道路の追従・渋滞時の追従に利用して、ドライバーの疲労軽減に役立てることが1つの目的です。さらに、人的ミスによる事故を減らすために開発された技術になります。

プロパイロット1.0始動方法

プロパイロット

エンジン始動後
  1. ステアリングホイール右端のプロパイロットスイッチをオン
  2. モニターにプロパイロット機能「スタンバイ」を知らせる表示が出ると作動状態
  3. クルーズコントロールのボタンを押す
  4. ステアリング&車線表示がグリーンに点灯し認識開始
  5. 先行車表示

自動運転技術プロパイロット1.0ができることはなにか?

プロパイロットができるのは高速道路で

  • 渋滞時の自動停止、発進(10km/hまで自動運転)
  • カーブを自動で曲がる(11km/h以上でレーンキープサポート)※要ハンドルタッチ

となっており、印象としてはクルーズコントロールが進化した感じですね。ドライバーの負担になる運転状況をクルマがアシストしてくれる、といったところでしょうか。

つまり、自動運転のシステムやカメラの検知機能によって、ドライバーの「動作」「認識」「反応」の限界を拡大してくれる機能と言えます。

ドライバーの「動作」「認識」「反応」の限界を拡大してくれる機能とは?
  • ドライバーの緊張する時間を短縮・連続する緊張状態からの解放
  • 緊張緩和による疲労軽減
  • 疲れにつながる動作をクルマがアシストしてくれる

これらにより、ドライバーの運転に余裕を与えてくれます。こうした自動運転のアシスト機能がモデルチェンジごとに増えることで、将来は「完全な」自動運転へつながります。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=6vpWf6zvdGg

Return Top