Read Article

ヴェゼル Modulo X|ツーリンググレードベース|2019年内の発売は?

ホンダのコンパクトSUV・ヴェゼルをベースとしたコンプリートカー「VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019」が東京オートサロン2019で出展されました。

この車は実際の販売を目標として開発とのことで、次世代ヴェゼルの販売タイミングの兼ね合いなどから、2019年内には販売されるものと考えられます。

スポンサードリンク

ヴェゼル モデューロX(Vezel touring modulo X)は2019年内発売?

ヴェゼル Modulo Xのエクステリア

VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019のエクステリアは他のModulo X同様、Xの文字を思わせるデザインのフロントグリル・バンパーの変更を施し、リアバンパーのデザインが変更されるなど、より走行性能の高さを意識させるものとなっています。

また、空力性能も全体として向上させており、大型のリアスポイラーも装着されています。18インチのアルミホイールのデザインも含め、おそらくこのデザインがほぼそのまま市販化されると考えて良いでしょう。

ヴェゼル Modulo Xのボディカラー

VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019ではプラチナホワイトパールとみられる色が採用されており、こちらは市販版での採用は確実です。

他のModulo X では、これにブラックパール系、ブルーパール系が設定されており、ヴェゼルModulo Xではプレミアムクリスタルブルーメタリックとクリスタルブラックパールの採用の可能性が高いです。

追加カラーとしては、プレミアムクリスタルレッドメタリックの採用の可能性が僅かですが考えられます。

ヴェゼル Modulo Xのインテリア

VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019では、専用のスポーツシートがフロントシートとなっています。

また、専用の本革巻きステアリングホイールや専用のフロアマットも装着されていることが特徴で、市販版はこれをそのまま引き継ぐ可能性が高いと見られます。

また、8インチ画面のインターナビも展示車では装備されていますが、こちらは他のModulo Xの展開から、オプション設定の範囲になると考えられます。

室内カラーはシート、インパネ周り他、現行ヴェゼルに設定されるダークグレーに近い色合いになると見られます。

ヴェゼル Modulo Xのメカニズムと燃費

VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019の名前の通り、ヴェゼル Modulo Xはツーリンググレードをベースとしている模様で、172馬力のVTEC TURBOエンジンを搭載したものとなっています。

このグレードはFF車だけですが、「ヴェゼル Modulo X には4WDも追加したい」というインタビューも公開されているため、172馬力+4WDの組み合わせの登場の可能性も高いでしょう。

燃費

ベースグレードがJC08モードで17.2km/Lであることから、16.5km/L以上は確実と考えられます。

一方、ハイブリッドに関しては登場するのか不明ですが、登場すれば走行性能重視のRSグレードをベースにすると思われます。

燃費はJC08モードで24.0km/L以上にはなるでしょう。

足回りの強化

Modulo Xならではの特徴となります。専用サスペンションの装備がほぼ確定的で、最低地上高が若干下がることも考えられます。

ヴェゼル Modulo Xの予防安全装備

Modulo Xシリーズは、ホンダのTYPE RやNSXとは異なりHonda SENSINGを搭載しています。

ヴェゼルModulo XでもHonda SENSINGは搭載されるでしょう。ただし、専用機能などは搭載されず、販売時点のヴェゼルのHonda SENSINGと同等の性能となるはずです。

ヴェゼル Modulo Xの価格

ステップワゴンModulo Xの価格差は、最上級グレードとModulo Xで”44万円程度”となっています。ヴェゼルModulo Xでの価格差も、その範囲に収まることが考えられます。

TOURINGグレードの2,903,040円+4,000,00円で3,300,000円前後、4WDが登場した場合は201,600円+の3,516,000万円程度になると考えられます。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.honda.co.jp/autosalon/modulo.html?sid=twitter

Return Top