Read Article

ウェイク マイナーチェンジ|スマートアシスト4搭載の可能性も|2019年10月発売予想

ダイハツの軽ハイトワゴンウェイクに、2019年マイナーチェンジの情報があります。

予防安全装備スマートアシストの強化などが盛り込まれるようです。

ただし、ムーヴまたはタントのフルモデルチェンジが先に行われたのち、スマートアシスト4が搭載される可能性もあります。

さらに、消費税増税のタイミングや東京モーターショー開催のタイミングがあるため、時期の予測は難しいです。

早ければ2019年夏頃のマイナーチェンジ。

遅ければ東京モーターショー開催時にマイナーチェンジモデルの出展、その後に販売開始という流れになるでしょう。

スポンサードリンク

ウェイクのマイナーチェンジ情報2019

ウェイクはマイナーチェンジでフロントリアデザイン刷新?

ウェイクは一度グリルガーニッシュのデザイン変更を行っています。

そのため、マイナーチェンジでフロント・リアデザインともにイメージ刷新の可能性も考えられます。

小規模変更の現実的なラインでは、ヘッドライトをムーヴやイースで使うタイプのリフレクター式LEDライトに変更することが考えられます。

またその他に考えられる変更点は、

  • 大型メッキグリル採用
  • バンパー下部シルバー塗装
  • ドア周りプロテクター付きSUVスタイルの登場

などが挙がるでしょう。

シーケンシャルターンランプ採用やボンネットデザインまで変更する可能性は低いと考えられます。

ウェイクはマイナーチェンジでルーフ色ラインナップを増やす?

ウェイクは多彩なボディカラーが特徴ですが、マイナーチェンジによって、これが大幅に減るということはないでしょう。

紫系やピンク系が追加される可能性もあります。

ツートンカラーは現在のホワイトのルーフに加えて、シルバールーフやブラックルーフの追加の可能性も考えられます。

日産デイズハイウェイスター・三菱eKクロスはグレー・オレンジ・シルバーといったルーフカラーを追加したので、流行りが来る可能性は高いです。

ウェイクはタントのモデルチェンジに合わせ内装機能を向上?

ウェイクのマイナーチェンジは、”タント”のフルモデルチェンジと比較的、時期が近いことが考えられます。

そのため、先行発売するタントのインテリアが、より広くなる可能性もあります。

その場合ウェイクは、インテリアの変更において、より機能を向上していく方向性が考えられます。

例えば、

  1. ラゲッジスペースにフック設置の追加
  2. ラゲッジボードの標準装備グレード設定
  3. ラゲッジに折りたたみ機能やハンドルを取り付ける
  4. 助手席を倒したテーブルモードにカップホルダー設置
  5. USB電源の追加

といった使い勝手向上の可能性です。

ただ、シート形状には変更がなく、シートカラーに関しても大きな変化はないでしょう。

ウェイクはマイナーチェンジで燃費向上?

ウェイクのエンジン周りは、ムーヴに比べ、ミライーステクノロジーの導入数が少ないです。

なので、クールドi-EGR、CVTサーモコントローラーなどを導入することで燃費を向上することが考えられます。

ただし、これらテクノロジーを導入した場合でも、JC08モード27.0km/Lあたりが限度となるでしょう。

ウェイクはマイナーチェンジで安全装備にスマアシ4?

ウェイクにはスマートアシスト4の搭載が噂されます。

このスマートアシスト4には、現在のスマートアシスト3にない装備が追加されるでしょう。

  1. 標識認識機能
  2. アダプティブクルーズコントロール機能の追加
  3. 衝突回避支援ブレーキ機能の検知対象の追加
  4. 検知スピードの向上

といった機能が含まれ、3から4へ進化するものと考えられます。

さらに、車線逸脱警報からステアリング操作アシストを含めた、車線逸脱システムへの性能向上なども考えられます。

欲を言えば、他メーカーの予防安全装備にも搭載されない”新機能”の搭載も考えられます。

しかし、レベル2を超える自動運転技術は搭載されないでしょう。

ウェイクはマイナーチェンジで価格上昇?

ウェイクのマイナーチェンジ後の価格は、あまり変化がないものと考えられます。

高くなったとしても5万円程度の上昇にとどまるでしょう。

追伸情報

関連記事

アウトドア派がターゲットのモデルなのでライバルはスペーシア ギアでしょうか?

「軽自動車」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.daihatsu.co.jp

Return Top