Read Article

アクセラ Mazda3|ハイパフォーマンスモデル『スピード』設定|2021年頃発売予想

マツダは2019年5月24日に発表・販売を控えている新型アクセラ(マツダ3)ですが、ハイパフォーマンスモデルが登場するとの噂が持ち上がってます。

マツダはモーターショーの度にMPS(マツダスピード)モデル復活の話が出てきて、その度にMPSの復活を否定していました。

しかし、実際にはハイパフォーマンスモデルの開発を検討しているとのことで、

新型アクセラのハイパフォーマンスモデルについて予想を交えて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アクセラ Mazda3 ハイパフォーマンスモデルのエクステリア

アクセラ(マツダ3)のハイパフォーマンスモデルはサーキット走行を主眼に置いたようなモデルではなく、快適性とデイリーユースに力を入れたモデルになると予想されています。

そのため、エクステリアもMPSのようにエアスクープを設けた専用ボンネットフードは設定されず、最低限のエアロパーツを備えたものとなるでしょう。

アクセラ・Mazda3スピード

アクセラ Mazda3 ハイパフォーマンスモデルのインテリア

アクセラ(マツダ3)のハイパフォーマンスモデルのインテリアは、標準グレードをベースに専用シートや専用メーターが設定され、快適性とスポーティさを両立させたものとなる見込みです。

アクセラ Mazda3 ハイパフォーマンスモデルのパワートレイン

アクセラ(マツダ3)のハイパフォーマンスモデルに搭載される有力エンジンとしては、北米仕様向けに用意されている2.5L直列4気筒ターボエンジンが挙げられています。

このエンジンは最高出力253馬力・最大トルク42.8kgmを発揮することが可能となっており、

2代目アクセラに設定されていたMPSの排気量2.3L直列4気筒DISIターボエンジンの最高出力264馬力・最大トルク38.7kgmに匹敵する性能を有しています。

アクセラのハイパフォーマンスモデルがFFモデルになるか、4WDモデルになるかは決まっていませんが、

軽量なアクセラのボディで強力なエンジンパワーを受け止めようとすると、FFではトルクステアが発生してしまいます。

マツダではリアサスペンションがトーションビームの車種向けの4WDシステムを開発している話もあり、

アクセラのハイパフォーマンスモデルは4WDとなる可能性が高いと思われます。

また、トランスミッションに関してもATのみになるか、MTがラインナップされるのか不明ですが、

マツダはドライビングプレジャーを大切にしているのでATとMTの両方が設定されると考えています。

アクセラ Mazda3 ハイパフォーマンスモデルの先進安全装備

アクセラ(マツダ3)のハイパフォーマンスモデルに設定される先進安全装備は、標準グレードのアクセラと同等の内容となる見込みです。

そのため、新開発のドライビングモニターが設定され、運転中のドライバーの状態を検知し居眠りや脇見運転と判断するとドライバーに警告を行います。

また、スマートブレーキサポートと協調制御でブレーキ警告のタイミングを早めます。

また、高速道路ではアクセル・ブレーキ・ステアリング操作をアシストする新機能も装備されます。

アクセラ Mazda3 ハイパフォーマンスモデルの発売時期

マツダはアクセラ(マツダ3)のハイパフォーマンスモデルの発売を公表していません。

現状まだ開発の検討段階ということであり、スムーズに開発が進んだとしても2021年頃になると思われます。

また、車名に関してもマツダスピードの名前が使われるかはMPSの開発を否定してきた経緯から流動的で、

デイリーユースをメインとしたハイパフォーマンスモデルとして新たな名前となることも考えられます。

アクセラ Mazda3 ハイパフォーマンスモデルの販売価格

まだ標準グレードのアクセラ(マツダ3)の販売価格も公表されていませんが、220万円弱から365万円程度になるとされています。アクセラのハイパフォーマンスモデルの価格はSKYACTIVE-X搭載グレードと同様に350万円近くになると予想しています。

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.motor1.com/

スポンサードリンク

Return Top