Read Article

新型XV PHV|XVにプラグインハイブリッドシステム搭載|2019年日本発売予想

スバルのコンパクトSUV・XVにプラグインハイブリッドシステムを搭載して2019年に日本発売という話があります。

プラグインハイブリッドシステムは、あまりガソリンを使わずバッテリーに充電した電気のみで走行できるもので、モーターでの走行の比重は大きいシステムと言えます。

ただし、XVのハイブリッドシステムe-BOXERは他のハイブリッドと比較して数値的に突出しているものではなく、

徹底的に燃費向上を追い求めたものではないことや、システム的な面からもe-BOXERをプラグインハイブリッドシステムに対応できるかもまだ不確定と言えます。

そのため、e-BOXERではない専用のプラグインハイブリッドシステムの採用や、トヨタのプラグインハイブリッドシステムの採用という線も考えられます。

ただし、水平対向エンジンの搭載をやめることはないでしょう。

スバルXVにプラグインハイブリッドが登場した際の価格は、SUV的な装備を施す関係や生産台数の関係でプリウスPHVより少なくとも10万円程度高くなるのではと考えられます。

また、XVに搭載ができた場合、続いてフォレスター、インプレッサ、場合によっては次期レガシィなどでもプラグインハイブリッドシステム搭載車の登場が考えられます。

スポンサードリンク

スバル新型XV PHVのエクステリア

新型CROSSTREK HYBRID18

スバルでは過去に販売されていたハイブリッド車に関してはヘッドライトの装飾などの変更こそ行っていますが、大々的な変更を行っていない経緯があります。

また、現在のe-BOXERではほとんどデザイン的な変更点はありません。

そのためXVにプラグインハイブリッドシステムを搭載した場合、電源ソケットがフロント部分に蓋とともに装着される必須の変更点以外は、

エンブレムの追加程度しかデザインの変化がない可能性も考えられます。

また、大幅な変化があった場合はフロントグリルのデザインやブルーのアクセントカラーの追加などが考えられます。

スバル新型XV PHVのボディカラー

かつてXVハイブリッドでは専用色で明るいグリーンメタリックが採用されていましたが、何らかのイメージカラーの採用はあるかもしれません。ただし基本カラーはXVと同等となるでしょう。

スバル新型XV PHVのインテリア

XVのプラグインハイブリッドが登場した場合、シートカラーやパネルカラーの変化があるかもしれません。

新型CROSSTREK HYBRID7

インパネのマルチファンクションディスプレイはプラグインハイブリッドシステムに関する充電状況などが表示されることになるでしょう。

新型CROSSTREK HYBRID19

スバル新型XV PHVのメカニズム

新型CROSSTREK HYBRID46

スバルXVに現在設定されているe-BOXERは走行性能重視のハイブリッドシステムで、

バッテリーを増量すればプラグインハイブリッドシステムとして使えるほどパワフルなモーターを搭載したものではありません。

そのため、プラグインハイブリッドシステムを搭載する場合は他メーカーのものと同様、パワフルな2モーター対応となることが考えられるのですが、

プラグインハイブリッドよりは技術的に登場させやすい2モーター式ハイブリッド車をスバルは登場させていないだけに、トヨタのプラグインハイブリッドシステムを導入するなどの方向も考えられます。

燃費はプラグインハイブリッドシステムの場合重量がかさむこともあり、JC08モードで25km/Lあたりが限界ではと考えられます。なお、AWDの設定の可能性はやや低めです。

スバル新型XV PHVの安全装備

プラグインハイブリッドシステムを搭載した場合でも安全装備はXVの最新の安全装備とは大きく変わることはなく、最新バージョンのアイサイトが装備されるでしょう。

追伸情報

関連記事

「SUV」 新型一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top