Read Article

新型ヤリスGRMN|ヴィッツ後継GRスポーツバージョンモデル|2020年内発売予想

最新情報によれば新型ヤリスGRMNというヴィッツGRMN後継となるスポーツバージョンが設定される可能性があります。

登場時期は2020年と見られていますが、少なくともベース車となるヤリスが登場してから年以上は先となるでしょう。

ヴィッツは海外名称であるヤリスに変更して、そう遠くない時期にフルモデルチェンジを行います。まずはヤリスのフルモデルチェンジに注目ですね。

さらにGRMNと同時期の予想で、GR SPORTが発売される情報も出ています。

スポンサードリンク

新型ヤリスGRMNのエクステリアデザインと販売形態

新型ヤリスGRMNは3ドア説と5ドア説があります。

ただしベースモデルとなる次期ヤリスに確実に3ドアが設定されているかも不確定な状態、国内仕様には3ドアが設定されない可能性は非常に高くなっています。

そのため、3ドアで登場した場合はヴィッツGRMNと同様輸入車になり、台数限定など特殊な販売形態となることも予想されます。

なお、スタイルとしてはヤリスをベースにオーバーフェンダーの装着、GRMN系のフロントグリルやエアロパーツの装着が確定的で、ヘッドライトの内部が独自形状となる可能性もあります。

 

新型ヤリスGRMNのインテリア

新型ヤリスGRMNのインテリアは特にシートを中心にスポーツ仕様となったものとなるはずです。

チタン製シフトレバーの採用なども考えられ、メーターデザインなども変更されるでしょう。

一方、シート形状の変更などから4人乗りになる可能性もあります。

 

新型ヤリスGRMNのエンジン

新型ヤリスGRMNは1.6Lターボにより250馬力になるのではという記事も流れています。

先代ヴィッツGRMNが1.8Lターボエンジンを搭載して212馬力を発生していたことから考えても、最低でも220馬力以上になると考えられるでしょう。

なお、4気筒エンジンになる可能性が非常に高いと考えられます。

また燃費に関しては公表されない少数の販売形態になるかもしれません。ガソリンはプレミアムガソリンの設定となり、変速機は6速マニュアルであることは確実のようです。

 

新型ヤリスGRMNの特別装備

新型ヤリスGRMNでは17インチ以上の大径タイヤを装着し、サスペンションやダンパーもGRMNにふさわしい強化されたものとなります。最低地上高も下げられるでしょう。

 

新型ヤリスGRMNの安全装備

先代モデルの傾向から考えると新型ヤリスGRMNにはトヨタセーフティセンスなどは搭載されない可能性も考えられます。

装備された場合場次期ヤリスと同等のものとなるか、一部機能を削除したものとなるでしょう。

 

新型ヤリスGRMNの価格

先代モデルであるヴィッツGRMNは400万円からとなっていましたが、5ドアベースで国内生産となった場合はもう少し低価格になることが期待できるでしょう。

320万円説などもありますが280万円まで下がるのは難しいでしょう。海外生産となった場合は400万円近い価格と変わらないかもしれません。

なお、5ドアベースで国内生産となった場合は限定販売ではなく、通年で購入できるようになる可能性が高くなります。

 

新型ヤリスGRMNのボディカラー

ヴィッツGRMNはホワイト系のみの設定でしたが、新型ヤリスGRMNもあまり多くの色が採用されないでしょう。

新型ヤリスGRMNでは少なくともホワイト系は継続、ついでブラック系シルバー系が設定される可能性が高く、

その次にレッド系とブルー系、更に可能性が下がってイエロー系が設定されるという方向性が考えられ、ツートンカラーなどは登場しないでしょう。

 

追伸情報

関連記事

「GR」一覧

画像引用元:https://www.motor1.com

スポンサードリンク

Return Top