Read Article

新型デリカD:5|予防安全装備やシート機能の強化|2022年発売予想

三菱のSUV性能を高く持つミニバンデリカD:5は2018年末にビッグマイナーチェンジを受けています。

その時点での最新情報で次世代モデルデリカD:5につなげるためのビッグマイナーチェンジであるという旨の三菱の開発側のインタビューもあり、

デリカD:5自体のフルモデルチェンジ自体は今後あり得るというのは事実でしょう。

ただし、ガソリンモデルデリカD:5が旧型のデザインで販売されていることから2022年などかなり先になることも間違いないでしょう。

また次世代デリカD:5の価格は予防安全装備の強化やシート機能の強化などで最低でも10万円程度の価格上昇が考えられます。

スポンサードリンク

次世代デリカD:5のエクステリアデザイン

デリカD5-1

次世代デリカD:5のエクステリアデザインはモーターショーの展示モデルなどの最新情報が一切ないという背景と

現行デリカD:5自体が一定の成功を収めていることや三菱全体がダイナミックシールドというデザインテーマに基づいてファミリーフェイス化をすすめていることなどから、

現行最新モデルをベースとしたフロントデザインとなる路線がかなり高いと考えられます。

 

ただし、ひと目で新型と分かるという要素が必要になるため、グリルの一部にLEDアクセサリーランプを内蔵させるなどの方向性が予想されます。

また、ボディ全体のデザイン構成は窓配置を含めて極端な変化はないと考えられ、フェンダーなどで迫力を出す方向は考えられますが、Aピラーがブラック塗装されるようなことはないでしょう。

 

次世代デリカD:5のボディカラー

次世代デリカD:5のボディカラーは現行を継承する線が濃厚で、レッドメタリック系などの採用はないでしょう。シルバー系とホワイト系のツートンなどはあるかもしれません。

デリカ10

 

 

次世代デリカD:5のインテリア

次世代デリカD:5では、現行モデル登場時のインタビューからサードシートの跳ね上げ機能をリニューアルすることが考えられます。

床下格納式という線もありえるでしょう。

シートカラーなどの傾向はほぼ同等で本革仕様も引き続き用意されることが考えられます。

デリカ31

また、シート自体のデザインは全面変更されると考えられますが、キャプテンシートとベンチシートの設定は変わらず、

他社のミニバンのようなオットマン付きの豪華なセカンドシートの搭載の可能性は低いでしょう。

インパネ周りではヘッドアップディスプレイの装備も考えられます。

また、ハンズフリースライドドアやハンズフリーリヤゲートの装備の可能性もあります。

 

 

次世代デリカD:5のパワートレーン

デリカD:5のフルモデルチェンジの噂で度々出ていたのがプラグインハイブリッドの採用ですが、次世代モデルではおそらく販売当時のアウトランダーPHEVと同等のものを搭載するでしょう。

搭載された場合はアウトドア用の電源としても使用できる点も大きな強みとなります。

また、燃費はJC08モードで18.0km/l前後にはなると考えられます。

一方、ディーゼルエンジンは現行のものをアップデートしたものにとどまり、8速ATという点も共通でしょう。

 

ガソリン車に関しても、少なくとも販売当初は今後登場すると考えられるビッグマイナーチェンジ後のデリカD:5のものをアップデートしたものとなるでしょう。

また、日産との関係からe-POWER搭載という線もなくはないのですが、プラグインハイブリッドが優先事項と考えられます。

 

 

デリカD:5の先進安全装備

マイナーチェンジ後のデリカD:5には衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームの予防安全装備とレーダークルーズコントロールシステムが搭載されていますが、

搭載されていない踏み間違い抑制機能や車線逸脱防止支援システム、標識認識システムなどが搭載されることが考えられます。

なお、日産との関係性次第ではプロパイロットと同等の機能を搭載することも考えられます。

 

 

新型デリカ試乗インプレッション

 

 

追伸情報

関連記事

「デリカD5」一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

スポンサードリンク

Return Top