Read Article

パッソ/ブーン新型&モデルチェンジ情報2020年春発売予想|ヤリス共用TNGAプラットフォーム採用

トヨタのエントリーコンパクトカー・パッソが新型モデルの開発を進めており、2020年にフルモデルチェンジを予定しているとの情報です。

現行型のパッソはダイハツが販売するブーンのOEMモデルとなっていて、使い勝手の良さや価格が受けて人気となっています。

新型モデルでは、どの様な変更が実施されるのか紹介したいと思います。

スポンサードリンク

パッソの新型&モデルチェンジ情報2020

新型ヤリスとプラットフォーム共有

新型パッソは、新型ヤリスと同じGA-Bプラットフォームを共有することになります。

またトヨタがプリウスから導入を進めているTNGAが新型パッソにも採用されることで、大幅に走りの質感を向上させることが予想されています。

新型ヴィッツ1

新型パッソのエクステリアデザイン

パッソ3

現行モデルはシンプルさや可愛らしさを重視したデザインとなっていましたが、新型パッソは先進性や走りの良さを重視した欧州アイゴ的デザインを採用のエクステリアデザインとなります。

アイゴ12 アイゴ13

また、新型パッソには、これまで設定が無かった本格的なスポーツモデルが設定されることになり、

トヨタのWRC参戦マシンである「ヤリスWRC」をイメージさせるようなエアロパーツが装備されるでしょう。

▽イメージアイゴ5パッソ2 パッソ5

ボディサイズはフルモデルチェンジによる大型化が最小限に抑えられ、現行モデルと同等の使い勝手の良さが維持される見込みです。

新型パッソの内装デザイン

アイゴ14

新型パッソのインテリアはフルモデルチェンジによって質感が大幅に向上させます。

そして、標準グレードではインテリアトリムのバリエーションを増やすことでデザイン性を重視するユーザーに対応。スポーツグレードではシックでスポーティなデザインとなります。

アイゴ4パッソ4

新開発の1.0L直列3気筒ターボエンジンを設定

新型パッソに搭載されるエンジンはベースグレードのパッソは1.0L直列3気筒エンジン、スポーツグレードは最高出力110馬力を発揮する1.0L直列3気筒ターボエンジンとなることが確実視されています。

1.0Lターボエンジンはコンパクトカーのルーミーやタンクに使用されているエンジンと同じ排気量です。大幅に性能が向上した新型となり、2.0Lエンジンクラスのトルクを発揮する見込みです。

この強力なエンジンを搭載するのは、スポーツグレードのパッソGTスポーツとなり、ライバルモデルはVW up! GTIになりそうです。

新型パッソの安全装備

新型パッソは次期ヴィッツとプラットフォームを共有するモデルとなります。

しかし、現行モデルと同様にダイハツがメインで開発することになり、ダイハツの先進安全装備の「スマートアシストⅢ」が搭載される可能性が高いです。

 

スマートアシストⅢは、世界最小クラスのステレオカメラが人の目と同じように前方を監視し、危険を察知すると衝突被害軽減ブレーキを作動します。

また、カメラによって物体の形状を認識するので歩行者にも対応する他、車線を判別して逸脱しそうな場合にはドライバーに警告を行なったり、

誤発進抑制機能やオートハイビーム機能も使用することが出来ます。

新型パッソの予想価格

新型パッソは現行モデルと比較して大幅に質感が上昇することもあり、量販グレードを中心に10万円ほど価格アップすることが予想されています。

しかし、価格を重視したエントリーモデルは価格の上昇幅は最小限に抑えるでしょう。

また、新設定されるスポーツグレードのパッソGTスポーツは、

エアロパーツやスポーツサスペンションなど専用パーツをふんだんに装備しながら200万円未満となることが予想されています。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top