Read Article

新型アルト|S-エネチャージ搭載で走行・環境性能アップ|2019年10月発売予想

スズキを代表する軽自動車であるアルトが
2019年10月にフルモデルチェンジを実施するとの情報が入って来ました。

アルトは2016年12月に同社が販売する軽自動車として
初めて国内累計販売台数500万台を超えるなど、

多くの軽自動車をラインナップする
スズキの中でも特別なモデルとなっています。

今回は新型アルトのフルモデルチェンジに関する情報について紹介します。

 

スポンサードリンク

 

新型アルトのエクステリアデザイン

新型アルトのエクステリアデザインは、
評判が高い現行型からキープコンセプトとなると予想されています。

そのため、軽快さや親しみを持ったデザインとなります。

現行型ではバックドアのカラーを変えた
独自の2トーンバックドアを採用していますが、

アルト5

新型アルトはルーフカラーを変える
2トーンルーフモデルが設定されます。

 

 

新型アルトのインテリアデザイン

新型アルトのインテリアデザインも
現行モデルと同様にシンプルながらも

効率的で大きな室内空間を確保する
デザインが採用される可能性が濃厚です。

 

新型アルトでは設計を基礎から見直すことにより、

現行モデルよりも余裕ある室内空間とするとともに、
インパネのカラーを一部変更するなど

デザイン性も向上させてくるでしょう。

▽現行アルト|インテリアアルト7アルト8

 

 

新型アルトのパワートレイン

マイルドハイブリッドである
「S-エネチャージ」を搭載したモデルが設定されます。

現行モデルでは減速時のエネルギーを回収して
電装パーツや、アイドリングストップからの
エンジン再始動に使用する「エネチャージ」を搭載していました。

 

そこに新型アルトはエンジンのアシストも可能とする
S-エネチャージを搭載することにより、

走行性能と環境性能のアップを実現しています。

▽現行アルトワークスアルト1

 

また、S-エネチャージの採用によって
モーターがエンジン始動をサポートしてくれるので、

アイドリングストップから再始動する際に
キュルキュルと鳴るセルモーターの音が無くなり

快適性の向上にもつながっています。

 

 

新型アルトの燃費性能

アルトはスズキの軽自動車の中でも特に
燃費性能の高さが際立ったモデルとなっていることもあり、

新型アルトは現行モデルの37.0km/Lを超えることは確実です。

 

新型アルトではモーターによるアシストが可能な
マイルドハイブリッド「S-エネチャージ」が設定されることにより、

更なる燃費性能の向上が可能で
40km/Lの大台を超えると見込まれています。

そのため、ライバルモデルと比較すると
大幅に燃費性能をリードすることになるでしょう。

 

 

新型アルトの安全装備

2018年末の改良で以下が改良されています。

先進安全運転装備更新

前方衝突被害軽減ブレーキ:100km/h以下まで範囲拡大
2ペダル車に標準装備
FとLグレードにオプション設定
誤発進抑制機能:後方も対応
サポカーSワイド対応

新型アルトではスズキ最新の安全装備である
「デュアルセンサーブレーキサポート」
標準搭載し、大幅に安全装備を充実させるでしょう。

 

 

新型アルトの販売価格

新型アルトの販売価格に関しては

マイルドハイブリッドである
S-エネチャージを搭載することにより、

搭載する上級グレードの販売価格は
数万円ほどアップする見込みです。

 

しかし、アルトはスズキの軽自動車の
エントリークラスを兼ねていることもあり、

低価格モデルも引き続きラインナップされます。

 

 

新型アルトの販売時期

新型アルトのフルモデルチェンジが
実施されるタイミングは

2019年10月と予想されています。

これは現行モデルの発売開始から
5年が経過したタイミングで、

新型モデルを投入することにより陳腐化を防ぎ、
ライバルモデルとの競争力を保つことを重視しているからです。

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top