Read Article

スポンサードリンク

新型ekクロス|3グレード『G』『T』『M』設定|2019年3月28日発売予想

ekワゴンは日産自動車にも提供されており「デイズ」という名前で販売されています。そのekワゴンが、少し車高を高くしたクロスオーバーを登場させます。

派生車種であるekスペースも同じラインナップが予想され、ダイナミックシールドデザインを採用します。

 

スポンサードリンク

 

新型eKクロスのエクステリア

デリカD:5がマイナーチェンジしてフロントグリルのデザインが変わりましたが、ekクロスにもこれと同じ意匠が採用されます。

デリカD5 2

 

 

新型eKクロスのボディカラー

  • 2トーン:5色
  • モノトーン:6色

 

新型eKクロスの予想価格

  • 130万円台~180万円台

気になる価格ですが、現在発売されているekワゴンは約110万円からですので、これより高くなることは確実だと思われます。ハスラーでも人気のあるグレードだと150万円くらいになりますので、このくらいの価格設定になると予想されます。

いずれにせよ三菱自動車は軽自動車やオフロードカーの実績がある会社ですので、ekクロスオーバーの登場も待ち望まれます。

 

新型eKクロスのパワートレーン

eKクロスにはマイルドハイブリッド仕様がラインナップされ、スズキのワゴンR並みの燃費(33.4キロ)に向上するようです。

 

 

高速道路同一車線自動運転技術|プロパイロット搭載

自動運転技術の内容(セレナe-POWERの場合)

  • 高速道路の運転に対応
  • 渋滞時の自動停止、発進
  • カーブを自動で曲がる

単純なストレートとカーブの連続である高速道路で作動します。

まずは、高速道路に対応する半自動運転技術から開始。年末年始やお盆・GWと、必ず渋滞が発生する時期に力を発揮します。

 

 

パジェロミニ(後継/新型)の存在はどうなる?

三菱にはパジェロミニという本格的軽SUVがかつて存在していました。スズキ・ジムニーほどではありませんが、それなりのブランド力があり街でも結構見かけました。

しかし、近年はあまり人気がなく、2016年に販売中止となっています。そんなパジェロミニの開発が行われており、数年以内に再び登場するのではないか、という噂が出ました。

しかし、雑誌などの情報によると開発が行われているという形跡はないようで、今後も発売される予定はないようです。

そうした理由もあり、ekクロスオーバーが発売されるのではないかと考えられています。

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:http://www.suzuki.co.jp

ekクロスオーバーは過去に実際に販売されていました

当時は「ekアクティブ」という名前で販売されており、 一定の人気がありました。

最低地上高は通常のモデルよりも100mm高くなり、多少の悪路も走行できるという特徴があります。当時、軽自動車ではこうしたモデルは販売されておらず注目されました。

軽自動車でオフロードが走行できるモデルはスズキ・ジムニーと三菱・パジェロミニのみでしたので、アウトドア派の人などからは人気がありました。

 

ハスラーはまさに以前販売されていたekアクティブのようなモデル

最近、軽自動車で人気なのはスズキ・ハスラーです。軽トールワゴンはどれも同じような車が多く、あまり個性がない中で、ハスラーの登場は多くの人を驚かせました。

Suzukiハスラー 特別仕様車「ワンダラー」|ブラウン基調|2018年11月15日発売

ハスラーはシンプルな角張ったデザインと、オレンジやブルーなど鮮やかなボディカラーが用意されており、おしゃれなイメージもあって、価格は少し高いにもかかわらず一躍人気車種となりました。

そこで、三菱もハスラー対抗軽SUVであるekクロスオーバーの開発。2019年に発売します。

 

多様化する軽自動車市場

軽自動車は日本独自の規格ですが、税金が安いこともあり日常の生活に車が欠かせない地方では大変な人気があります。こうした理由もあり各社様々な軽自動車を販売しています。

以前はスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーブ、三菱・ekなどのワゴン型が主流でした。

しかし、近年さらに車高が高いスズキ・スペーシアやダイハツ・タント、ホンダ・NBOX、三菱・ekスペースなどが人気です。またスズキがハスラーを発売して、軽のSUVという市場を開拓しました。

このように軽自動車の市場はますます多様化しており、多くのモデルが登場していますので、ekクロスも人気が出そうです。

Return Top