Read Article

「e-tron GT」電気自動車|4ドアセダン&リアハッチバック型EV|2021年登場

アウディはまもなく「e-tron」という電気自動車を発売します。

来年発売されるのはSUVで、すでに発表されていますが、2021年には「e-tron GT」という4ドアセダンが登場する予定です。

ロサンゼルスモーターショーで発表されました。

スポンサードリンク

「e-tron GT」エクステリアの特徴

アウディe-tron GTのボディスタイルは4ドアセダンですが、
リアはハッチバック型になっています。

e-tron GT15

現在販売されているA5やA7と同じような
スポーティなデザインになっているのが特徴で、

前方から見るとクーペっぽく見えます。

e-tron GT11

 

ボディスタイル

全長×全幅×全高が4960mm×1960×1380となっています。

e-tron GT8

またタイヤは285/30R22インチが採用されており、
かなり運動性能は高いと想像できます。

e-tron GT13

ルーフにはカーボンを採用し、ボディにも
アルミを多用しており、

バッテリーで車重が重くなりがちな
EVの弱点を克服しています。

 

 

e-tron GTは前後に2つモーターを搭載するクワトロ(4WD)

最大出力は509馬力で、電子制御の4WDシステムは
4輪に最適なトルクを配分しますので、

路面状況が悪くても安全に走行することができます。

また0-100km/h加速は3.5秒と
かなりの俊足で4.0L並のパワーを発揮します。

 

また、1回の充電で走行できる距離は
最大400kmとされています。

運転の仕方によってはこれより少なくなりますが、
ニッサン・リーフも1回の充電で400km走行できますので、

電気自動車としては高い性能を持っていると思われます。

 

 

回生ブレーキも最新式

電気自動車には回生ブレーキが装備されています。

これはアクセルペダルを放すと作動するシステムで、
運動エネルギーを再び電気エネルギーに変えるというものです。

「回生ブレーキを上手に使って、航続距離を伸ばす」
というのが最近の電気自動車のトレンドです。

 

一般的に電気自動車では

アクセルペダルを放すと回生ブレーキが作動し始め、
ガソリンエンジンの車よりもより多く減速しますが、

e-tron GTの回生ブレーキは

ナビや周囲の環境を車が判断して、回生ブレーキの量を
調整することが可能となっています。

また回生ブレーキの量を3段階に調整することも可能です。

 

ところで、まもなく発売されるSUVのe-tronが発売されますが、

モーターを2つ搭載したクワトロや、
回生ブレーキはe-tronにも搭載されています。

e-tronGTはこうした技術をすべて搭載していますので、
両車はよく似た車といえそうです。

 

 

e-tronGTのインテリア

e-tron GT133

e-tronGTのインテリアデザインは
基本的にはアウディのデザインを踏襲しています。

スピードメーターは液晶で、
この中にナビの外面も映し出すことができます。

e-tron GT2

またダッシュボードの中央には液晶画面がありますが、
その下にももう一つ画面が装備されています。

e-tron GT3

この画面で、ラジオのチューニングをしたり
エアコンの温度調整をしたりすることができます。

 

このインテリアのデザインは

まもなく発売されるe-tronのほか、
先日登場したA8にも採用されています。

今後のアウディはこのようなデザインに
なっていくものと思われます。

このデザインのメリットは
ボタン類を減らすことができる点で、室内はすっきりします。

 

e-tronGTはたくさんのバッテリーを搭載していますが、
トランクはしっかり確保しています。

e-tronGT14

450Lの荷物を積むことができ、床下には
さらに100Lのスペースが確保されています。

 

 

価格

e-tron GT25

肝心の価格ですが、まだ公表されていません。

しかし、e-tronは約1000万円だといわれていますので、
e-tronGTは1000万円以上になることは間違いないと思われます。

 

まもなく発売されるといわれているe-tronは
とても滑らかに走り、乗り心地が良いといわれています。

Audi e-tron

電気自動車というとアメリカのテスラが有名です。
しかし乗り心地は、遙かにe-tronの方が良いようです。

アウディe-tronGTが発売されるのは2021年でまだまだ先ですが、
おそらくかなりスポーティで乗り心地の良い車になるでしょう。

 

 

追伸情報

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top