Read Article

米国カローラセダン|ハイブリッド初搭載|2019年春登場

2019年の春に、米国で販売されているカローラセダンがフルモデルチェンジする予定ですが、アメリカで販売されているカローラセダンとしては初めてハイブリッドが搭載される予定です。

カローラはトヨタの基幹車種で、アメリカでも人気ですので話題になりそうです。

スポンサードリンク

新型米国カローラのパワートレーン

新型米国カローラセダンは2019年にデビューします。

日本で販売されているカローラハッチバックと
同じエンジンが搭載されることが想定されています。

1.8Lエンジンにモーターが組み合わされたユニットで、
プリウスなどにも搭載されています。

 

日本で販売されているカローラハッチバックの
JC08モード燃費は30.0km/Lとかなりの低燃費ですが、

新型セダンもこの程度の燃費になると考えられます。

 

またガソリンエンジンですが、こちらは
日本ではハッチバックには1.2Lターボエンジンが搭載されています。

ハッチバックよりボディが大きなセダンでは
パワー不足になると思われます。

このためもう1グレード別に「2.0Lエンジン」が搭載されると思われます。

 

 

4種類の走行モード

カローラセダン1

新型カローラセダンの走行モードは

  1. 「ノーマル」
  2. 「エコ」
  3. 「スポーツ」
  4. 「EV」

の4種類が設定されると思われます。

ハイブリッドカーは発進するときはモーターで駆動して、
ある程度速度が上がるとエンジンが動き出すという仕組みです。

走行モードを切り替えることで、
同じペダル操作でもエンジンの回転数を変化させ、燃費を抑えます。

 

スポーツでは適度にスポーティに走行できて、

エコではあまりパワーは出ませんが
低燃費になるという特徴があります。

またEVモードではモーターのみで走行することができますので、
早朝や深夜の時間帯に近所迷惑にならないようにすることができます。

 

 

ECOアクセレータガイダンスを採用

カローラセダン8

カローラセダンのスピードメーターには
インフォメーションディスプレイが設定されており、

燃費やバッテリー、モーターの駆動状況などを
確認することができます。

その中にECOアクセレータガイダンスという
システムも装備されています。

 

これはアクセルの踏み具合が適切なのか知らせてくれる仕組みで、
最適なペダル操作を教えてくれます。

アクセルを踏みすぎてしまうと
燃費が悪くなりますが、

これを参考にしながら運転すると
低燃費につながります。

 

 

最新のToyota Safety Sense搭載

カローラセダン9

安全装備はToyota Safety Sense2.0が搭載されています。

ミリ波レーダーとセンサーカメラによって
歩行者や自転車を認識して、

衝突しそうになるとアラームで知らせ
ブレーキが作動するプリコリジョンシステム(PCS)や、

前方の車と一定の車間距離を保ちながら走行する
ダイナミックレーダークルーズコントロール(DRCC)が搭載されています。

DRCCは全速度域で作動させることができますので、
車が自動的に停止したり発進したりすることもできます。

 

また車線逸脱警報装置も装着されており、

車線から逸脱しそうになるとアラームが鳴り、
ステアリングアシストまで車がしてくれます。

 

 

価格

カローラセダン4

気になる価格ですが、アメリカで販売されている
ハッチバック2.0Lは約2万ドルからです。

トヨタの場合、ハイブリッドは

ガソリンエンジンに比べて最低でも
40万円高になるのが一般的ですので、

米国カローラセダンハイブリッドは
2.5万ドルくらいになると思われます。

 

またカローラにはハッチバック、セダンのほかに
ステーションワゴンも販売されると言われています。

こちらも2019年中には発売されます。

 

ちなみに、これら米国で販売される
新型カローラのセダンとステーションワゴンは、

全幅が1.7mを超える3ナンバーサイズになります。

現在日本で販売されているカローラは
1.7m以下の5ナンバーサイズですが、

日本で販売される新型も
1.7mを超える3ナンバーになると言われています。

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top