Read Article

レクサスのバージョンLとFスポーツの違い

レクサスには「Fスポーツ」というスポーツコンセプトがあり、

トップスポーツモデルであるLFAをはじめとして、
プレミアムスポーツとなるGS F・RC Fが存在します。

 

その次に位置するのが専用チューニングを施した”Fスポーツ”で、
セダンやSUVモデルに、このグレードが存在しています。

この構造は、トヨタのGRMN・GR・GRスポーツとよく似ていますね。

今回は、通常モデルの「バージョンL」と「Fスポーツ」の違いを紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

サスペンションの違い

「Fスポーツ」の「F」は

トヨタが開発を行う本拠地である「富士スピードウェイ」や
日本の象徴でもある「富士山」から取られています。

レクサスはこの「F」をクルマを操る楽しさの象徴としていることから、
最高峰のテクノロジーに基づいたドライビング体験への情熱の結晶と謳っています。

 

そのため、乗り心地と運動性能の両立を図っているバージョンLと比較して、

Fスポーツは至高のドライビングフィールを訴えるために
専用のチューニングとして足回りにNAVI・AI-AVSを採用しています。

 

これはショックアブソーバーの減衰力を
状況に応じて電子制御によって最適化するシステムとなっており、

様々なセンサーやステアリングの舵角、
カーナビからのコーナー情報を読み取るハイテク装備となっています。

 

それに対してバージョンLのサスペンションは
一般的な高級車と同じ味付けのセッティングとなっています。

そのため、Fスポーツのように

過度にスポーティなセッティングにはなっていないので、
同乗者から「硬い」といった不満の声が聞こえることはないでしょう。

 

 

乗り心地の違い

「Fスポーツ」では前後のスタビライザーに設けられた
アクティブスタビライザアクチュエータにより、

スタビライザーの捩れ角度を最適に制御してロールを抑えます。

このアクティブスタビライザーにより、

Fスポーツはコーナリング時にもフラットな車両姿勢を維持するので
乗り心地の良さとスポーティな走行性能の両立を図っています。

 

しかし、「Fスポーツ」と「バージョンL」で
単純に乗り心地の良さを比較すると、

バージョンLの方が乗り心地にも硬さがないので優れているといえます。

 

エクステリアデザインの違い

「Fスポーツ」のエクステリアデザインの特徴としては、

専用スピンドルグリル(メッシュタイプ)が用意されており、
バージョンLよりスポーティ感ある精悍なマスクとなる点が挙げられます。

その他にもメッキのバンパーモールを前後に装備することによって、

ボディラインをさり気なく強調していたり、
Fスポーツ専用に用意されたアルミホイールバージョンLとの違いとなります。

 

 

インテリアデザインの違い

「Fスポーツ」と「バージョンL」では
インテリアデザイン自体に大きな違いはありません。

しかし、バージョンL高級感や上質感
訴えかけるものとなっているのに対して、

Fスポーツではスポーツマインド
訴えかけるデザインとなっています。

 

両者の最も大きな違いは、

Fスポーツに「表皮一体発泡工法」を採用した
専用スポーツシートが設定されていることです。

スポーツ走行時にフィット感やホールド感を持たせながらも
上質な乗り心地を損なわないシートとなります。

さらに、Fスポーツ専用カラーの
フレアレッドやブラック、ホワイトが用意されています。

 

また、Fスポーツでは専用メーターが装備されており、

マルチインフォメーションディスプレイには
加速時やコーナリング時にかかるGを視覚化する「Gモニター」や、

ターボ車には「油温計」や「油圧計」、
「ブーストメーター」が表示可能となっています。

そのため、Fスポーツではドライバーが愛車と
対話を楽しみながら走行出来る装備が充実しているといえます。

 

バージョンLの優れた面としては、
Fスポーツのスポーツシートのように過度なホールド感を求めておらず、

高級感にあふれた本革シートになってる点や、
後席可倒式シートが電動リクライニング&電動格納機能が備えられている点です。

ハンズフリーパワーバックドアの有無等があるので、
高級感や装備内容の充実度ではバージョンLの方が上回ります。

 

 

まとめ

「バージョンL」と「Fスポーツ」の価格差を比較すると、
多くのモデルで価格差が非常に小さくなっています。

しかし、装備面での内容を比較すると

Fスポーツではドライビングプレジャーに繋がる装備である
足回りの「NAVI・AI-AVS」や

「アクティブスタビライザー」が装備されている点が
大きな違いだといえます。

 

また、エクステリアやインテリアのデザインも
フォーマルな印象を持つバージョンLに対して、

Fスポーツではスポーティさを前面に出したデザインとなっており
好みが分かれるところです。

 

バージョンLがFスポーツに勝る面としては、ドライビングアシストに関する

  1. 「パノラミックビューモニター」
  2. 「インテリジェンスクリアランスソナー」
  3. 「リアクロストラフィックアラート」
  4. 「リアクロストラフィックオートブレーキ」

といった機能が、バージョンLでは標準装備となっており、
Fスポーツではメーカーオプションでの設定です。

 

そのため、バージョンL安全かつ快適なドライブを求める人に
オススメのグレードであり、

Fスポーツスポーティなドライブを楽しみたい人に
オススメのグレードだといえるでしょう。

Return Top