Read Article

VW up!限定車cross up!|high up!ベース|2018年11月27日発売

フォルクスワーゲンはAセグメントクラスのコンパクトカー「up!」のhigh up!をベースに、専用パーツによってSUVルックに仕立てたクロスオーバータイプの「cross up!」を合計300台の限定車として2018年11月27日に発売開始しました。

このcross up!は2015年8月にup!シリーズの新モデルとして登場。2017年4月に実施されたマイナーチェンジに伴いカタログモデルから姿を消していました。

ですがその後、クロスオーバーSUVタイプの車は世界中で注目を集めており、

小柄なコンパクトカーがベースとなるcross up!も取り回しの良さと、SUVルックの両立により人気のモデルとなることから、2017年6月に限定モデルとして復活しています。

今回は約1年半振りの登場となっており、cross up!の詳細について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

cross up!のエクステリア

cross up!はルーフレールに加えてup!では最も大きなサイズとなる専用16インチアルミホイールを採用し、タイヤサイズを185/50R16を装着しています。

これによりベースモデルと比較して全高が15mm・最低地上高も10mm高められておりSUVクロスオーバーモデルらしさを強調しています。

また、専用アルミホイールの他にもシルバーとブラックの専用パーツがエクステリアカラーにアクセントを加えています。

 

 

cross up!のインテリア

cross up!のインテリアは全体的に黒で統一することでスポーティな雰囲気となっている中に、ドアシルプレートやオレンジにライティングするアンビエントライトによって特別仕様車ならではの特別感を表現しています。

 

 

cross up!の安全装備や快適装備

cross up!はベースグレードのhigh up!が装備するパークディスタンスコントロールと、オプティカルパーキングシステムに加えて、特別装備としてリアビューカメラ「Rear Assist」を採用されています。

その為、駐車時の後方に対する安全性が高められています。

 

快適装備の内容に関しては基本的にベースグレードのhigh up!と同じとなっていますが、純正インフォテイメントシステム「Composition Phone」やスマートフォンホルダー等をセットにしたインフォテイメントパッケージ、フルオートエアコン、シートヒーター、クルーズコントロールなどを標準装備としています。

 

 

cross up!の販売価格と販売台数

cross up!の販売価格は209万8000円となっており、専用色のコスタアズールメタリックが200台と、ハニーイエローメタリックが100台となっています。

 

 

追伸情報

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top