Read Article

ToyotaプリウスPHV マイナーチェンジ|同一車線操舵支援機能搭載|2019年3月発売予想

トヨタはプリウスPHVにマイナーチェンジを実施して2019年3月発売との予想です。

プリウスがマイナーチェンジによってプリウスPHVのデザインに似せてくることは確定しており、プリウスPHVも現行のデザインから大きく変更することなく、バンパー形状の変更といった小変更に留まる可能性が高いです。

その一方で競争が激しい先進安全装備に関しては、先進的な車に相応しくトヨタ最新の技術が導入がされて、夜間の歩行者や自転車の検知が可能となることが予想されます。

今回は新型プリウスPHVに関する情報について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

エクステリアデザイン

プリウスPHVのマイナーチェンジによるエクステリアデザインは、基本的には好評となっているので大きな変化はないとされています。

プリウスEV2

しかし、前後バンパーに新たなデザインを採用してスポーティな印象とした上で、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を装備することが考えられます。

 

 

インテリアデザイン

プリウスPHVのマイナーチェンジによるインテリアデザインは、11.6インチの大型液晶パネルを装備したナビゲーションシステムが大きな特徴となっていますが、この大型モニターをインテリアの中心に備えたデザインから大きな変更はありません。

また、マイナーチェンジ後には全てのグレードにDCM(専用通信機)を標準装備したコネクティッドカーとなり、クルマとトヨタスマートセンターが通信で繋がることで、24時間カーライフをサポートすると共に、対応ナビを使用することにより様々なサービスを利用することが可能となります。

 

 

追加される機能

プリウスPHVはマイナーチェンジで「予防安全機能の強化」が実施される可能性が高くなっています。

そのため、現在では歩行者検知機能が昼間のみの対応となっていますが、昼夜問わず歩行者の検知が可能となると共に、自転車検知機能を付加した最新機能を搭載します。

また、レーダークルーズコントロール使用時に同一車線中央を走行できるように操舵支援を行う「レーントレーシングアシスト」や、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示して注意を促す「ロードサインアシスト」といった機能が追加されます。

 

 

プリウスPHV|概要

プリウスEV12

プリウスPHVはハイブリッドカーであるプリウスのプラグインハイブリッドモデルで、2017年2月に現行型となる2代目モデルが登場しました。「TNGA」に基づき一新されたプラットフォームは現行型プリウスと基本的に共通となっており、パワートレインには現行型プリウスで大幅改良を受けた1800cc直列4気筒エンジンに駆動モーターと、発電兼用のモーターが組み合わされています。

プリウスPHVはリチウムイオンバッテリーの容量を先代モデルの21.5Ahから25Aに増やした上で、システムの効率化を行なっていることから、JC08モード・充電電力使用時走行距離を26.4kmから68.2kmと倍以上の距離へと伸ばしています。

 

 

追伸情報

関連記事


「EV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top