Read Article

プリウスPHV 一部改良|5人乗り仕様へ後部シート変更|2019年5月9日発売

トヨタはプリウスPHVに一部改良を行い5月9日発売しました。注目の情報は、5人乗りが追加されたことです。

また、プリウス(HV)がマイナーチェンジによってプリウスPHVのデザインに似せたこともあり、プリウスPHVのデザインは現行から大きく変更することなく現状キープです。

期待される先進安全装備に関しては、次回のマイナーチェンジで先進的な車にふさわしいトヨタ最新の技術が導入がされ、夜間の歩行者や自転車の検知が可能になります。

今回は新型プリウスPHVに関する情報について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

プリウスPHVのマイナーチェンジ情報2019

◎プリウスPHVを一部改良して”5人乗り”仕様へ

今回の一部改良では、5名乗車用シートを採用して、プリウスPHVも5人乗り仕様になります。

現行はEVモードの航続距離60キロを維持するため、MIRAIと同じく乗車定員4人となっています。

EV性能・航続距離60キロの数値目標を優先した結果で、後席にはあえてセンターコンソールを設置したようです。

プリウスPHV6

ハイブリッドは5人乗りとして提供されている状況なので、5人乗り仕様の発売は、メーカーも意識していたそうです。

2019年のNYオートショーで後部座席3人掛けプリウスPHV(北米仕様)披露

詳細な画像は、下記DRIVER WEBのサイトで閲覧可能です。

◎プリウスPHVの一部改良によるエクステリアの変更点は?

エクステリアデザインは、基本的には好評となっているので、大きな変化はないようです。

プリウスEV2

【予想】次のマイナーチェンジで行われそうなエクステリアの変更点

前後バンパーに新たなデザインを採用して、スポーティな印象になることです。

LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を装備して、フロントマスクの印象を大きく変わるかもしれません。

プリウスPHV15

◎プリウスPHVの一部改良によるインテリアの変更点は?

プリウスのマイナーチェンジ同様に、ホワイトのアクセントをブラックに変更し、高級感を高めます。

また、5名乗車となった後部座席に合わせて、2つのUSBポートを追加します。さらに

Apple CarPlay・SiriusXM・Amazon Alexaへ対応

プリウスPHVプリウスPHV5プリウスPHV18

【予想】次のマイナーチェンジで行われそうなインテリアの変更点

全てのグレードにDCM(専用通信機)を標準装備したコネクティッドカーとなることです。

クルマとトヨタスマートセンターが通信で繋がることで、24時間カーライフをサポートすると共に、

対応ナビを使用することで様々なサービスを利用することが可能となります。

【予想】次のマイナーチェンジで行われそうな先進安全機能の進化

プリウスPHV23

各種支援機能が追加され、より安全性能が進化・向上するでしょう。

現行プリウスPHV|概要

プリウスEV12

プリウスPHVはハイブリッドカーであるプリウスのプラグインハイブリッドモデルで、2017年2月に現行型となる2代目モデルが登場しました。

「TNGA」に基づき一新されたプラットフォームは現行型プリウスと基本的に共通となっており、

パワートレインには現行型プリウスで大幅改良を受けた1800cc直列4気筒エンジンに駆動モーターと、発電兼用のモーターが組み合わされています。

プリウスPHVはリチウムイオンバッテリーの容量を先代モデルの21.5Ahから25Aに増やした上で、システムの効率化を行なっていることから、

JC08モード・充電電力使用時走行距離を26.4kmから68.2kmと倍以上の距離へと伸ばしています。

 

追伸情報

関連記事


「EV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com/

Return Top