Read Article

フィアット500 Zaffiro(ザッフィロ) 限定モデル|2018年10月13日発売

フィアット500に限定モデルとなるZaffiroを設定し、2018年10月13日発売となりました。

このフィアット500 Zaffiroは宝石のような輝きを放つボディカラーとシックなレザーシートを組み合わせることで、
ベースグレードのポップな印象から大きく変わって上質感が見事にプラスされており、「小さな高級車」へと仕立て上げることに成功しています。

そのため、個性的でエレガントなコンパクトカーを求めるニーズにピッタリな車だといえます。

今回はZaffiroについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

Zaffiroの特徴

フィアット500 Zaffiroとはイタリア語でサファイアを意味するZaffiroが名前の由来となっており、

名前の通り宝石のような煌びやかな輝きを放つ上質なブルーの専用ボディカラーに、フラウ社製によるブラウンレザーシートが組み合わされており、

小柄なフィアット500を高級感あふれるコンパクトカーに仕立て上げています。

 

 

Zaffiroの専用装備

フィアット500 Zaffiroの専用装備としては専用カラーとなっている「エピックブルー」や、フラウ社製のブラウンレザーシートの他にも、
専用デザインの16インチアルミホイールやクローム仕上げによるエクステリアミラーハウジングが設定されています。

 

 

Zaffiroのパワートレイン

フィアット500 Zaffiroのベース車は、875cc直列2気筒SOHCガソリンターボエンジンの「TwinAir」を搭載した「TwinAir Lounge」となっており、

吸気バルブをカムシャフトではなく油圧ピストンで駆動する「マルチエア」と呼ばれるバルブ機構と、
インタークーラー付ターボを組み合わせることにより、

小排気量・小気筒でありながら最高出力85馬力、最大トルク14.8kgmを発揮します。

このダウンサイジングターボエンジンにSTART&STOPシステムが備えられており、21.8km/Lという高い燃費性能を実現しています。

 

Zaffiroの価格と販売台数

フィアット500 Zaffiroの販売台数はハッチバックの500 Zaffiroが269万円で100台限定となっており、
コンバーチブルの500C Zaffiroが289万円で30台限定となっています。

 

 

フィアット500|概要

フィアット500はイタリア車を代表するコンパクトカーであるNUOVA500をモチーフとしたエクステリアデザインとなっており、
小さくつぶらなヘッドライトや軽くせり出したフロント周り、インテリアデザインにもNUOVA500の雰囲気を残した非常に愛らしくポップなモデルとなっています。

 

 

追伸情報

関連記事

「輸入車」モデル一覧

画像引用元:https://www.fcagroup.jp

Return Top