Read Article

ルノートゥインゴ テンポ限定モデル|2018年10月18日発売

ルノーはコンパクトカーのトゥインゴに限定モデルの「テンポ」を設定し、2018年10月18日から発売開始しました。

ルノー トゥインゴ テンポは可愛らしいのに大人っぽさも感じられるフランス車ならではのコンパクトカーとなっていますが、
そこに世界的に有名なオーディオメーカーであるフォーカル社のサウンドシステムが搭載されたことで、
カーオーディオマニアの人も納得する音響空間を実現することに成功しています。

臨場感溢れる音楽と小粋な走りの両方を楽しめるルノー トゥインゴ テンポは150台限定モデルとなっています。

今回はルノー トゥインゴ テンポについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ルノー トゥインゴの概要

ルノー トゥインゴは欧州でAセグメントに位置するコンパクトカーで、1992年まで製造されていたルノー・4と入れ替わる形で1993年に初代モデルが登場しました。

初代モデルと2007年に登場した2代目モデルはフロントに横置きされた直列4気筒エンジンによる前輪駆動モデルでしたが、

2014年に登場した3代目モデルは、メルセデス・ベンツとの提携によって、
スマート・フォーツー/スマート・フォーフォーとメカニズムを共用することにより、

一般的なFFレイアウトからRRレイアウトを採用した5ドアモデルのみとなっています。

 

また、現行型のトゥインゴのエクステリアデザインは往年の名車である「ルノー・5」の影響を色濃く受けており、
フロント周りは大型のCIマークを中心に左右のヘッドライトをグリルで繋ぐ独特なものとなっている他、

5ドアモデルとなっていますがリアのドアノブをCピラー内に隠すことで、
一見すると3ドアハッチバック車のように見えるデザインとなっています。

 

 

ルノー トゥインゴ テンポの特徴

ルノー トゥインゴ テンポは

「ミュージシャンが奏でる音楽が聞こえてくるパリの街を歩いているかのように、上質な音楽とともにドライブを楽しむ」

というコンセプトで作られた限定車となっています。

その為、フランスが生んだ世界を代表するオーディオメーカーのひとつである
フォーカル社製の最上位サウンドシステム「Focal Music Premium」を搭載しており、

ツィーター、サブウーハーを含む5スピーカーによって迫力ある重低音から艶やかな中高音域まで
臨場感あるサウンドを実現しているのが大きな特徴となります。

 

 

ルノー トゥインゴ テンポの特別装備

ルノー トゥインゴ テンポの特別装備にはフォーカル社製の最上位サウンドシステムである「Focal Music Premium」の他にも、

  1. 前席シートヒーターを備えた「レザー調×ファブリックコンビシート」
  2. 「LDW(車線逸脱警報)」
  3. 「プライバシーガラス」
  4. 「フェンダーモール&サイドスカート」
  5. 「ブリリアントブラックドアミラー」
  6. 「16インチアロイホイール」
  7. 「グレー内装トリム」
  8. 「専用サイドストライプ」
  9. 「キッキングプレート」
  10. 「助手席チャイルドシートISOFIXアンカー」

と多岐にわたっています。

またボディーカラーはノワール エトワールMブラン クリスタルの2色がラインナップされています。

ルノー トゥインゴ テンポ2TWINGO TEMPO

 

 

ルノー トゥインゴ テンポのスペックと販売価格

ボディサイズ:全長3630mm・全幅1660mm・全高1545mm
エンジン:897cc直列3気筒DOHC12バルブターボチャージャー付
最高出力:90馬力/5500rpm
最大トルク:13.8kgm/2500rpm
トランスミッション:6速EDC(エフィシエント デュアルクラッチ)
車両重量:1020kg
燃費性能:JC08モード燃費21.7km/L
販売価格:199万円(150台の限定販売)

 

追伸情報

画像引用元:https://www.renault.jp

Return Top