Read Article

スポンサードリンク

新型IS|ES採用新デザインスピンドルグリルで登場|2019年7月発売予想

LEXUSの4ドアセダンであるISがフルモデルチェンジを実施し、
2020年度内にお披露目後、発売との情報が流れています。

また、4世代目となる新型ISにはFを設定するとの情報です。

  • 新デザインスピンドルグリル採
  • 大胆なヘッドライトデザイン
  • 大型L型LED
  • クーペスタイル
  • フロント~リアに伸びるキャラクターライン
  • 立体的な印象を与える曲線を多用

など、スポーティさを際立たせるデザインとなり
2020年度内にワールドプレミアされる方向性のようです。

今回は新型ISについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型ISのプラットフォーム

新型ISではLEXUS LSやLCに採用されている
「GA-Lプラットフォーム」が採用される可能性が高くなっています。

このGA-Lプラットフォームは、

LEXUSが新開発したFR車向けのシャーシとなっており、
ボディサイズが一回り大きくなることが予想されます。

そのため、後席の広さが弱点とされる
現行モデルと比較して、

それなりのスペースが確保される見込みです。

 

パワートレイン

  • 2.5L直列4気筒Dynamic Force Engine+モーター|ハイブリッド
  • 最高出力:185ps
  • 新開発|2.4L直列4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:322ps

 

 

IS F|スペック

  • 3.5L V6ツインターボ搭載
  • 10速AT
  • 最高出力:422ps

IS F

 

 

新型ISのエクステリアデザイン

新型ESと同じようなデザインとなる可能性が高く
スピンドルグリルのデザインが新しくなると予想されています。

この新型ESが採用した新しいデザインの
スピンドルグリル
は、

Fスポーツ以外のグレードでグリル内のラインが
横から縦に変更されています。

Fスポーツは従来通りのメッシュ状となっていますが、
新たに二重のデザインとすることで繊細さを表現しています。

▽ESLEXUS新型ES01

 

 

先進安全装備

「LEXUS Safety System +A」を搭載して
大幅に安全性を強化することが考えられます。

現行ISは歩行者検知機能付のプリクラッシュセーフティシステム、
レーダークルーズコントロール等をパッケージングした安全装備の

「LEXUS  Safety System+」を全車に標準装備しています。

 

しかし、新型ではこれらの予防安全機能に加えて、

ドライバー異常時停車支援システムや
アクティブ操舵回避支援システムといった
新機能が追加されます。

 

 

予想価格

現行モデルから30万〜40万円程度上昇した
「500万〜600万円」になると予想されます。

大幅に価格が上昇する理由は、

新型プラットフォームの「GA-L」を採用することで
ボディサイズが一回り大きくなるためです。

また、バージョンアップされたLEXUS  Safety System+Aを
採用することに伴ってコストが上昇するためです。

 

 

LEXUS ISの概要

IS2

ISはLEXUSがヨーロッパでの展開を見据えて開発された
「スポーティセダン」で1999年に初代モデルが登場しました。

当時の日本市場では、LEXUSブランドを展開していないこともあり、
ISのトヨタ版とも呼べる「アルテッツァ」として販売されていました。

その後、2005年に登場した2代目モデル以降は、

日本でもLEXUSブランドが展開されたこともあり、
トヨタ版のアルテッツァは販売を終了して、

ISとして販売を開始しました。

IS1

現行型は2013年に登場した3代目モデルとなっており
「New Chapter LEXUS 」の集大成として、

「真に走る楽しさの体現」をキーワードに開発を行っており、
ISはLEXUSスポーツの象徴となっています。

 

ISに搭載されているエンジンは、

  1. 3500ccV型6気筒エンジン:最高出力318ps
  2. 2500cc直列4気筒エンジンハイブリッド:システム最高出力220ps
  3. 2000cc直列4気筒インタークーラー付ターボ:最高出力245ps

の3種類が用意されています。

 

また、ISは従来のスポット溶接より

溶接打点間ピッチを細かくすることが出来る
新工法の「レーザースクリューウェルディング」や

ボディを面で結合することでたわみを抑える
構造用接着剤を採用。

高張力鋼板の使用範囲の拡大を行うことで、
軽量化とボディ剛性の向上を両立させています。

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://lexusenthusiast.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top