Read Article

Lexus新型IS|ES採用新デザインスピンドルグリルで登場|2019年4月発売予想

LEXUSの4ドアセダンであるISがフルモデルチェンジを実施し、2019年4月発売するとの情報が流れています。
今回は新型ISについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型ISのプラットフォーム

新型ISではLEXUS LSやLCに採用されている「GA-Lプラットフォーム」が採用される可能性が高くなっています。

このGA-Lプラットフォームは、LEXUSが新開発したFR車向けのシャーシとなっており、
ボディサイズが一回り大きくなることが予想されます。

そのため、後席の広さが弱点とされる現行モデルと比較して、それなりのスペースが確保される見込みです。

 

 

新型ISのエクステリアデザイン

新型ISのエクステリアデザインは、新型ESと同じようなデザインとなる可能性が高く
スピンドルグリルのデザインが新しくなると予想されています。

この新型ESが採用した新しいデザインのスピンドルグリルは、
Fスポーツ以外のグレードでグリル内のラインが横から縦に変更されており、

Fスポーツは従来通りのメッシュ状となっていますが、新たに二重のデザインとすることで繊細さを表現しています。

▽ESLEXUS新型ES01

 

 

新型ISの先進安全装備

新型ISの先進安全装備に関しては「LEXUS Safety System +A」を搭載させて大幅に安全性を強化することが考えられます。

現行型のISでは、歩行者検知機能付のプリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロール等を
パッケージングした安全装備の「LEXUS  Safety System+」を全車に標準装備しています。

しかし、新型ではこれらの予防安全機能に加えて、ドライバー異常時停車支援システム
アクティブ操舵回避支援システムといった新機能が追加されます。

 

 

新型ISの予想販売価格

新型ISの販売価格帯は、現行モデルから30万〜40万円程度上昇した「500万〜600万円」になると予想されます。

大幅に価格が上昇する理由としては、新型プラットフォームの「GA-L」を採用することでボディサイズが一回り大きくなる上に、
バージョンアップされたLEXUS  Safety System+Aを採用することに伴ってコストが上昇するからです。

 

 

LEXUS ISの概要

IS2

ISはLEXUSがヨーロッパでの展開を見据えて開発された「スポーティセダン」で1999年に初代モデルが登場しました。

当時の日本市場では、LEXUSブランドを展開していないこともあり、
ISのトヨタ版とも呼べる「アルテッツァ」として販売されていました。

その後、2005年に登場した2代目モデル以降は、日本でもLEXUSブランドが展開されたこともあり、
トヨタ版のアルテッツァは販売を終了して、ISとして販売を開始しました。

IS1

現行型は2013年に登場した3代目モデルとなっており「New Chapter LEXUS 」の集大成として、
「真に走る楽しさの体現」をキーワードに開発を行っており、ISはLEXUSスポーツの象徴となっています。

ISに搭載されているエンジンは、

  1. 最高出力318馬力を発揮する3500ccV型6気筒エンジン
  2. システム最高出力220馬力を発揮する2500cc直列4気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドエンジン
  3. 最高出力245馬力を発揮する2000cc直列4気筒インタークーラー付ターボ

の3種類が用意されています。

 

また、ISは従来のスポット溶接より溶接打点間ピッチを細かくすることが出来る新工法の「レーザースクリューウェルディング」
ボディを面で結合することでたわみを抑える構造用接着剤の採用、

高張力鋼板の使用範囲の拡大を行うことで、軽量化とボディ剛性の向上を両立させています。

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top