Read Article

Lexus新型GS GS F|新開発2500cc直列4気筒エンジン搭載?|2019年10月発売予想

LEXUSの4ドア・セダンであるGSとGS Fが2019年10月にフルモデルチェンジを実施するとの噂が入って来ましたので、
今回は新型GSの情報について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型GSの噂

LEXUS GSは「ES」と統合されて撤廃されるとの情報が一部のメディアで掲載されていましたが、
これは公式な情報や決め手となるソースは一切なく、あくまでも噂レベルの話となっています。

しかし、LEXUS GSは最上級モデルとなる「LS」やLEXUS唯一の前輪駆動型セダンの「ES」に挟まれる形で
売り上げを落としていることは事実となっており、

新型LEXUS GSは現行型モデルからのキープコンセプトでフルモデルチェンジを実施するのではなく、

エクステリアデザインに関してはリフトバックに近いルックスの4ドア・セダンになるか、
4ドア・クーペのようなスタイルになることも考えられます。

 

 

新型GSに採用されるプラットフォーム

新型GSのプラットフォームにはトヨタの次世代車両作りのシステムでもある
「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の技術が使用されることが確実視されており、

トヨタ・クラウンやLEXUS LSにも採用された「GA-Lプラットフォーム」がGSにも採用される予想となっています。

GS01 GS03 GS10 GS12

 

 

新型GSに搭載されるエンジン

新型GSに搭載されるエンジンに関しては様々な情報が流れていますが、有力なものとしては現行モデルにも採用されている

  1. 「3500ccV型6気筒エンジン」
  2. 「3500ccV型6気筒ハイブリッドエンジン」

を引継ぎ、新開発された「2500cc直列4気筒エンジン」が新たにラインナップするといったプランが挙げられています。

 

 

新型GSに採用される先進安全装備

新型GSに採用される予防安全装備や自動運転に関しては、
2017年11月に発表された第2世代型の予防安全パッケージである「Lexus Safety System+」となります。

この予防安全パッケージは2018年より日本、北米、欧州を中心に導入車種を増やしており、

夜間の歩行者も検知可能なプリクラッシュセーフティや、
同一車線内操舵支援機能である「Lexus CoDrive」などを備えています。

 

この他にも2018年10月下旬に発売予定となっているLEXUS ESにて量産車として初めて採用された
「デジタルアウターミラー」がGSにも設定されることが確実視されています。

このデジタルアウターミラーはサイドミラーをデジタルカメラに置き換えて、モニターを左右Aピラー根本に設置することにより、
悪天候時での後方視認性の向上やドアミラーの小型化により風切音の軽減が期待されています。

 

 

LEXUS GSの概要

GS10

LEXUS GSの初代モデルは1991年に登場したトヨタ アリストのLEXUSブランド版として1993年に登場しました。
その後、1997年にアリストが2代目モデルに移行した翌年にGSもフルモデルチェンジを実施し2代目モデルとなりました。

この初代モデルと2代目モデルは日本国内でレクサスが展開されていなかったこともあり販売されていませんでしたが、

2005年に日本国内でもLEXUSブランドが開業すると、
日本LEXUSの第1弾としてフルモデルチェンジを果たした3代目モデルが登場しました。

GS11

現行型は2012年に登場した4代目モデルとなっており、今後のLEXUSの方向性を象徴するクルマとして

  1. 「一目でLEXUSと分かる先進かつ洗練されたデザイン」
  2. 「エモーショナルな走り」
  3. 「ハイブリッドを軸とした先進・環境技術」

の3点を重視して開発されています。

 

現行型のパワートレインにはガソリンモデルでは3500ccV型6気筒DOHCエンジンが1種類と、
ハイブリッドモデルでは3500ccV型6気筒DOHCエンジンにモーターを組み合わせたもの、

2500cc直列4気筒DOHCエンジンにモーターを組み合わせたものの2種類が用意されており、

それぞれ新世代の直噴システムとアトキンソンサイクルを採用することで、
GSに相応しいハイパワーとクラストップレベルの燃費性能の両立を実現しています。

 

 

追伸情報

関連記事

「セダン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top