Read Article

Mazda新型デミオ|発電専用ロータリーEV搭載|2020年9月発売予想

マツダのコンパクトカーであるデミオが、2020年9月にフルモデルチェンジを実施するとの情報が入って来ました。

新型デミオは車の基幹となるプラットフォームから一新されることになるので、
全ての面において刷新された新型モデルとなります。

今回は新型デミオに関する情報を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型デミオ|エクステリアデザイン

新型デミオのエクステリアデザインは、
新型アクセラのコンセプトカーである「マツダ 魁 CONCEPT」をベースに、
コンパクトカー用にアレンジが加えられたものとなる予想となっています。

マツダ 魁 CONCEPT8マツダ 魁 CONCEPT3

 

 

新型デミオ|採用プラットフォーム

新型デミオではプラットフォームが全面的に刷新され、
次世代車両構造「SKYACTIVE-Vehicle Architecture」が採用されます。

SKYACTIVビークルアーキテクチャー

この新型プラットフォームにより、SKYACTIVEを全面的に採用した現行モデル以上に
軽量化を実現しながらも、操縦安定性や静粛性といった面の向上が図られます。

 

「SKYACTIVE-Vehicle Architecture」が目指すのは、マツダの人間中心の設計思想をさらに追求し、
人間の体が本来持っているバランス保持能力を最大限に活用することです。

この実現によって、すべての乗員により快適で疲れにくく環境変化にも即座に対応できる乗り心地をもたらします。

同時に運転操作に対して体のバランスをとりやすくなるため、意のままの走り・究極の人馬一体感を
より高いレベルで提供することが可能になります。

SKYACTIVE-Vehicle Architecture

それを形にした装備が以下のようになります。

  1. 骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持できる「シート」
  2. 多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達する「ボディ」
  3. 各部品が相互に連携してばね上に伝える力を滑らかにコントロールする「シャシー」
  4. エネルギーの特質や人間が音を感じるメカニズムに基づいて造り込んだ「騒音・振動・ハーシュネス性能」

各機能を改良し、クルマ全体が人に最適化される構造を実現します。

 

 

新型デミオに「電気自動車」が設定される?

 

マツダは2030年までに全モデルを電動化する計画があることを発表しています。

またマツダのEVパワートレインは、資本提携したトヨタや、
スズキ・ダイハツ・スバル・日野の技術者で構成される合弁会社「EV C.A.Spirit」で開発が進められており、

EVパワートレインの開発状況次第では、グループ内の他社のコンパクトカーに比べて
少量生産に向いているデミオに搭載される可能性があります。

 

 

RE(ロータリー)レンジエクステンダーEV搭載?

マツダの高性能スポーツカーに搭載されたことで
小型軽量かつ高出力のスポーツユニットとして名高いロータリーエンジンは、
「一定速で回転し続ける必要がある発電機」としての特性に優れたエンジンです。

このメリットを活かして、デミオの電気自動車モデルに新型発電用ロータリーエンジンを搭載した
「REレンジエクステンダー」が設定される可能性があります。

一度は途絶えたマツダの象徴であるロータリーエンジンが、新世代ジェネレーターとして復活することになるかもしれません。

 

 

SKYACTIVE-Xが採用される可能性が高い

SKYACTIVE-Xは、マツダが開発を進めている新しいガソリンエンジンで、
従来のガソリンエンジンのようにスパークプラグを用いた点火ではなく
ディーゼルエンジンのように圧縮着火するHCCIと呼ばれる方式のエンジンとなります。

そのためガソリンエンジンの出力とディーゼルエンジンのトルクを持つ夢のようなエンジンとなり、
第一弾モデルとして2019年に登場する次期アクセラに搭載される予定となっています。

この第ニ弾モデルとして、デミオにSKYACTIVE-Xが搭載される可能性は高いといえるでしょう。

 

 

マツダ デミオ|来歴

デミオの初代モデルは1996年に登場しました。当時のマツダは経営危機の状況にあり、
その危機を打開するために、既存のコンポーネントを活用した
「2列座席で荷室を広く採ったシンプルな小型ワゴン」として開発されたのがデミオです。

構造・スタイル共に「道具に徹したシンプルさ」がうけて、マツダを経営危機から救うヒットモデルとなりました。

 

初代モデル・2代目モデルの「汎用ミニバン」のコンセプトでしたが、

現行型2014年誕生の4代目モデルは、3代目モデルからのキープコンセプトモデルとなっており、
欧州市場に軸足を置いた「一般的なコンパクトハッチバック」へと路線変更したモデルです。

 

現行型デミオの大きな特徴としては国産コンパクトカーとしては珍しく
ディーゼルエンジンが設定されている点が挙げられ、
搭載されているディーゼルエンジンは、1498cc直列4気筒ディーゼルターボエンジン。

AT車は2500ccガソリンエンジン車に匹敵する最大トルク25.5kgf・mを発揮し、
MT車はハイブリッド車を除く登録車で最高レベルとなるJC08モード燃費30.0km/Lという燃費性能を実現しています。

 

 

追伸情報

関連記事

「コンパクト」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:http://www2.mazda.com
画像引用元:http://www.mazda.co.jp

Return Top