Read Article

MazdaCX-5 特別仕様車Exclusive Mode|2018年11月22日発売

マツダはCX-5のマイナーチェンジと同時に「特別仕様車Exclusive Mode」を設定しました。

簡単に情報をまとめます。

 

スポンサードリンク

 

専用機能・エクステリア|標準装備

  1. 「360°ビューモニター」
  2. 「高輝度ダーク塗装専用19インチアルミホイール」

 

ボディカラー

  1. マシーングレープレミアムメタリック
  2. チタニウムフラッシュマイカ
  3. ジェットブラックマイカ
  4. ディープクリスタルブルーマイカ
  5. エターナルブルーマイカ
  6. スノーフレイクホワイトパールマイカ
  7. ソニックシルバーメタリック

 

 

インテリア

インテリア上部にブラック採用。下部をディープレッドにした
専用カラーコーディネートで特別感を演出しています。

シート表皮にナッパレザーを採用し、フロントシートに「シートベンチレーション機能」を採用して
”熱気を吸う”ことによる快適性を向上しています。

車内照明には「白色LED」を採用して統一感を演出し、
フロント・リアシート「イルミネーション機能」を標準装備しました。

また、「本杢」加飾によりインテリアを新鮮であったかいんだから~の演出。

ルームミラーには、縁取りOFFの「フレームレスインナーミラー」採用により
広い視野・使い勝手の良さ・シンプルな室内の演出がされています。

 

 

価格

特別仕様車25T Exclusive Mode|360°ビューモニター標準装備
3,650,400円(2WD)|WLTCモード燃費:12.6キロ
3,877,200円(4WD)|WLTCモード燃費:12.2キロ

特別仕様車XD Exclusive Mode|360°ビューモニター標準装備
3,655,800円(2WD)|AT|WLTCモード燃費:17.4キロ
3,655,800円(2WD)|MT|WLTCモード燃費:19.4キロ

特別仕様車XD Exclusive Mode|360°ビューモニター標準装備
3,882,600円(4WD)|AT|WLTCモード燃費:16.6キロ
3,882,600円(4WD)|MT|WLTCモード燃費:18.6キロ

 

 

初搭載される「G-ベクタリングコントロールプラス」とは?

G-ベクタリングコントロールの進化版で、コーナリングを出る際に
ステアリング戻し操作に対する直進安定性を取り戻す機能です。

これまでのGVCは、コーナリング侵入時のステアリング操作でエンジントルクを低下し前輪の荷重を増加。
車両の横Gと前後Gをすべてコントロールし、ハンドル操作の応答性・挙動の気持ちよさを実現しています。

新GVCは、コーナリングを中心とする外前輪に少しブレーキ操作を行い、
ブレーキ操作により左(または右)回転力を発生。車両を直進状態へ戻す復元回転力を働かせます。

この復元力の働きで不要な挙動を抑制・収束、車両安定性を向上します。

GVC機能が役立つ状況

  1. 緊急時の危険回避
  2. 高速時の車線変更
  3. 雪道など滑りやすい路面環境

【動画】G Vectoring Control Plus

 

 

SKYACTIV-G 2.5T(2.5Lガソリンターボ)の性能は?

CX-5-3

SKYACTIV-G 2.5Tは、NAシリーズ初のターボエンジンとして開発されています。
北米仕様CX-9搭載「SKYACTIV-G 2.5」をベースに改良を加えた「レギュラー仕様」のエンジンです。

燃費、中低速域の加速感に優れていて、ターボラグを感じさせない応答性を実現しています。

気になるパワーを「kgf・m」「ps」で表現すると

  • 最大出力:230ps
  • 最大トルク:4.0L V8 NAエンジン並みの「42.8kgf・m」

となります。

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」特別仕様車一覧

画像引用元:https://car.watch.impress.co.jp

Return Top