Read Article

Suzuki新型ハスラー|デュアルセンサーブレーキサポート搭載|2019年12月発売予想

スズキはヒットモデル・ハスラーのフルモデルチェンジを2019年12月に行う予定で
東京モーターショー2019で発表・発売の流れが予想されています。

期待の改良内容は、最近のスズキ車に見られた最新技術を総投入となりそうです。
エクステリアは、ハスラー派生のXBEEから還元される要素を取り込むでしょう。

 

安全機能は、旧型のデュアルカメラブレーキサポートから
デュアルセンサーブレーキサポートへ変更。

また、フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ採用など、
新型ハスラーも生まれ変わりを果たします。

今回はフルモデルチェンジが実施される新型ハスラーの情報を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新型ハスラーのエクステリアデザイン

新型ハスラーは現行モデルで人気となっているデザインアクセントや、
軽自動車クロスオーバースタイルが維持されることは確実で、

2017年12月に登場したハスラーの普通乗車バージョンとも呼べる
「クロスビー」との共通性を持たせたエクステリアとなることが考えられます。

また、ボディサイズに関しては現行型と同様に
軽自動車規格の限界サイズとなる見込みです。

 

エクステリアコンセプト予想

最新デザインとなる「XBEE」の肉厚でスペーシーな要素を採り入れつつ
ハスラーの特別仕様車「タフワイルド」に見られるSUVの力強さを
新型デザインに採用する流れではないでしょうか。

▽XBEEXBEE2

▽ハスラー「TOUGH WILD」タフワイルド

上記画像のように、ルーフ上部と後端をブラックアウトしたのは
「ハスラークーペ」を連想させる擬装とも取れるので、

ハスラークーペ1

次期型ハスラーのエクステリアに「クーペ要素」を少し仕掛ける可能性も考えられますね。

 

フロントマスク

ハスラー

スズキのデザイン志向はいま、「原点回帰」をテーマに
レトロをより現代風にアレンジしているので、

このハスラーの象徴となった丸目ヘッドライトは継承するか
もしくは完全に新しいものに変えてくるのか、期待されます。

 

 

プラットフォームは現行型ワゴンRと共通「HERTECT」

ハーテクト

新型ハスラーのプラットフォームはスズキが誇る
軽量・高剛性設計の「HERTECT」が採用される見込みとなっています。

HERTECTは「屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐ」
理想的で合理性に長けるプラットフォームです。

 

このプラットフォームは8代目アルトから採用が始まり、
現行型ワゴンRにも採用されています。

新型ハスラーは、現行型と比べて大幅な軽量化に成功し、
燃費性能や運動性能が向上する事が確実です。

 

 

パワートレイン

658cc直列3気筒DOHCエンジンの自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が用意され、
全てのグレードでマイルドハイブリッドが採用される可能性が高いです。

このマイルドハイブリッドは「Sエネチャージ」を発展させ

  • IGS(モーター機能付発電機)高出力化
  • 100Vのリチウムイオンバッテリー大容量化

を果たしたシステムになります。

このマイルドハイブリッドにより最長10秒間モーターのみでのクリープ走行も可能となり、
Sエネチャージで魅力のエンジン再始動音がない「アイドリングストップ」の作動範囲も拡大されます。

 

 

新型ハスラーの安全装備

新型ハスラーの安全装備は、衝突被害軽減ブレーキには
現行型のスイフトやワゴンRに採用されている

単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた
「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用されます。

その他にもハイビームとロービームを自動的に切り替える
「ハイビームアシスト機能」も追加されます。

 

デュアルセンサーブレーキサポート

デュアルセンサーブレーキサポート

デュアルセンサーブレーキサポートは、最新モデルの
ワゴンR・スペーシア・ジムニーが先行搭載しています。

単眼カメラ+レーザーレーダーの「2種類のセンサー」で前方を検知するシステムです。

レーザーレーダーは、近距離や夜間の検知に優れ、
単眼カメラは、中・長距離に強く、歩行者も認識します。

 

ワゴンR・スペーシアの予防安全機能を比較すると
最新型のスペーシアには「後退時ブレーキサポート」が追加されていて

  • 「後方誤発進抑制機能」
  • 「標識認識機能」

が採用されている点で、より優れています。

 

この最新機能を搭載したデュアルセンサーブレーキサポートを
新型ハスラーにも採用し、安全性を高めます。

 

 

最新センサーブレーキサポートを追加すれば、準じて以下の機能も設定されるのでしょうか。

新型ハスラーに採用される可能性が高い装備

スペーシアやワゴンRで採用され人気となっている「ヘッドアップディスプレイ」があります。

ヘッドアップディスプレイとは、フロントガラスや専用の表示板に
速度やエンジン回転数、エアコン、ナビ使用時の交差点案内といった情報を表示する装備です。

ドライバーは視線を下げることなくドライビングに集中することが出来るようになります。

 

その他にも

  • 「アンブレラホルダー」:後席ドアの両側に濡れたままの状態でも収納可能
  • 「レーンチェンジウインカー」:レーンチェンジ時に3回ウインカーを点滅させる機能

といった装備が採用されることが考えられます。

 

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイとは?

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ

視線の先に焦点を合わせやすいように表示され、
メーターパネルを見なくても走行中に必要な情報を確認可能になります。

スペーシアには「軽初」で搭載されました。

 

ヘッドアップディスプレイ|機能

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ5

  1. 運転に必要な情報をフロントガラスにカラー表示
  2. 情報:車速/シフト位置/ブレーキサポートの警告など

ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献します。

 

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイは
スペーシアはメーカーオプションで設定されました。

  • 全方位モニター用カメラパッケージ装着車
  • アップグレードパッケージ装着車
  • 2トーンルーフパッケージ装着車

に搭載できる限定オプション扱いとなっています。

 

ヘッドアップディスプレイ表示例

※実際のバックグラウンドは透明です。

交差点案内

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ8

エアコン表示

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ7

エンジン回転数

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ6

前方衝突警報

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ9
以上です。

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top