Read Article

これがC-HR GRMN!?C-HR「超」スポーツコンセプト

現在の情報では、C-HRに「GR SPORT」「GR」が2018年10月設定予定です。
しかし、根強いファンが期待するのは「GRMN」ではないでしょうか。

C-HRはノーマルエクステリアで十分カッコイイモデルですが、
たまに見かけるのは、ゴリゴリにエアロを装着した
レーシングスポーティタイプのマニアックC-HRです。

 

C-HRは、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「C-HR Racing」で
ニュルブルクリンク24時間耐久レース2016参戦しています。

その影響で「競技」の印象がかなり強く、
ファンは発売と同時にこってりしたカスタマイズを検討し、
お金を盛れるだけ盛ったデザインに仕上げたでしょう。

 

発売から2年連続SUV販売台数で上位をキープしたC-HRですが、
早い段階で「GR SPORT」は設定されなかったので、
そういう濃いファンをやきもきさせているかもしれませんね。

 

これがC-HR GRMN!?C-HR「超」スポーツコンセプト

C-HRに「GRMN」は設定される?

「GR SPORT」「GR」は、初めにお伝えした通り、2018年10月発売です。

では、最上級モデルとなる「GRMN」は、今後発売されるのか、追ってみたいと思います。

 

C-HRベースのハイパフォーマンスバージョン「Hy-Powerコンセプト」が
2017年9月12日に発表されています。

このモデルがC-HR GRMNとして市販?と予想します。

C-HR「超」スポーツコンセプト

マットなボディカラーで存在感を強調。C-HRのGRモデルか?と言われています。
ですがこれはどう見ても「ショーモデル」ですね。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト 2

C-HR超スポーツコンセプトは、大きなカスタマイズは採用しない代わりに
「革新的な色・仕上げ・ディテール」の使用で
ベースモデルの品質をさらに増すデザインとなります。

ボディは、鋭いラインと深く彫刻された造形部分との相互作用を強調する
「艶消し仕上げ」のダークカーボンシルバーペイントを使用。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト 3

  • フロントリップスポイラーの下部
  • トヨタのエンブレムの上の領域
  • アーチトリム

に「ピアノブラック」を使用することにより、
ボディカラーの艶消しとのコントラストを強調しています。

 

エクステリアの特徴は強烈なオレンジトーン。

スタイリングがより深まるバーニングオレンジを採用

トヨタC-HRハイパワーコンセプト 2
ボディ全体からパーツに目を向けると

  • フロントピラー
  • ドアミラーのハウジング
  • ヘッドランプユニット内のアクセント

からバーニングオレンジを滲(にじ)ませるデザインとなっています。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト14トヨタC-HRハイパワーコンセプト23

そこへ輝きある「ダーククロムメッキ」を使用した

  • ヘッドランプ
  • 20インチの合金ホイール

が合わされ、ボディの「マットシルバー」の深みを増幅しています。

c-hr-hypowerconcept

艶消しと光沢のあるコントラストがモデル表面全体を覆い、
鮮やかな印象を表現していますね。

 

バーニングオレンジ採用箇所はほかにも随所

  • ロアグリルのブラックダイヤモンドメッシュパターン内
  • ルーフ全体のハイライト

として使用されています。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト1トヨタC-HRハイパワーコンセプト12

 

インテリア

「トーン オン トーン」の色使いでコンセプトのデザイン力を表現。

エクステリアのテーマを引き継ぎ、黒の室内装飾と
バーニングオレンジとを組み合わせています。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト4トヨタC-HRハイパワーコンセプト

ユニークなステッチパターンでグラデーション糸と
高品質の革のトリムを組み合わすことにより、
複数のダイヤモンド形状の非対称キルティングパターンを形作っています。

シートは、オレンジのヘッドレストを備える「黒革」仕上げのシートです。

トヨタC-HRハイパワーコンセプト5

個性的なバーニングオレンジは、シートバックから座面にも渡るデザインとなっており
包み込まれるような造りで、質感や雰囲気を高めます。

バーニングオレンジは、ドアパネル内側の「アームレスト」にも使用。

 

そして、パワートレーン。

高性能エンジンを特別に搭載?

GRスポーツは「エンジンに手を加えない」ですが、
C-HR超スポーツコンセプトは、ベースモデルとは異なる高性能エンジンを搭載

もし市販されるとしたら、GRスポーツだけどエンジンもチューニングされる特別仕様車となりそうです。

なので、C-HR GRMNではないかと思います。

 

以下、搭載が予想されているエンジンです。

1.5L 直噴ターボ/最高出力200ps

エンジンは、1.5L 直噴ターボをチューニングし、
最高出力200psに向上させたエンジンを搭載します。

 

そしてハイブリッドも特別なようです。

ハイブリッドは「超ハイブリッド」システム?

「ハイパフォーマンス・ハイブリッド仕様」を投入して、
燃費と走りを高次元で両立する超ハイブリッドを搭載するとの情報です。

このハイブリッドの詳細は、2018年、明らかになるようです。

 

スペックをまとめておきます。

予想スペック|ハイブリッド

全長:4400mm
全幅:1800mm
全高:1550mm
ホイールベース:2640mm
重量:1440キロ
エンジン:直4 1.8L+モーター
最高出力:98ps/14.5kgm
最大トルク:92ps/18.2kgm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
燃費:27キロ
価格:320万円~350万円

 

 

 

追伸情報

関連記事

 

Return Top