Read Article

マツダ新型ファミリアバン商用|衝突回避支援パッケージ全車装備|2018年6月21日発売

マツダは、新型商用車となる「ファミリアバン」を発売。
懐かしいネーミングだな~。

日産AD/ADエキスパート改め
トヨタのプロボックス・サクシードOEMとなりました。
どんどんトヨタに取り込まれていくんですね。

価格は159万3000円~187万2720円。

 

全車に衝突回避支援パッケージ搭載。

  • 衝突被害軽減ブレーキ
  • 車線逸脱警報
  • オートマチックハイビーム

を標準装備して「サポカー」該当です。

 

OEM元のプロボックス・サクシードには
ハイブリッド設定予想となってますが、
今回ファミリアバンに設定はありません。

 

スポンサードリンク

 

価格

DX
1,593,000円(2WD)
1,777,680円(4WD)

VE
1,664,280円(2WD)
1,834,920円(4WD)

GX
1,702,080円(2WD)
1,872,720円(4WD)

 

エクステリア

マツダ新型ファミリアバン引用元:http://www.mazda.co.jp

ボディカラー|全2色

  • ホワイト
  • シルバーマイカメタリック

 

インテリア|長距離走行の身体負担軽減

運転席・助手席:シート構造最適化

ヒップポイントを乗り降りしやすさ
良好な視界を確保しやすい高さに最適化。

運転席シートリフター標準装備

最適なドライビングポジションを調整可能となります。

ビジネスに最適な内装

A4サイズのノートPCが置けるインパネテーブル装備。
また、多彩な収納スペースが設定され、
荷室の積載量も充実しています。

荷室長

1810mm(2名乗車時)

  • A4コピー用紙箱:89個分
  • 最大積載:400kg(2WD)可能

 

 

衝突回避支援パッケージ|全車標準装備

機能|レーザーレーダー+単眼カメラ方式

  • 衝突被害軽減ブレーキ・プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)
  • オートマチックハイビーム

経済産業省や国土交通省などが普及推進する「安全運転サポート車」の「サポカー」に該当。

 

搭載エンジン&燃費性能

搭載エンジンやトランスミッションは、
1.5Lガソリン+CVT搭載モデルです。

アイドリングストップが設定されており、
JC08モード燃費は、
15.8キロ(4WD)~19.6キロ(2WD)を実現しています。

 

 

追伸情報

関連記事


 

Return Top