Read Article

スバル新車発売情報2019

スポンサードリンク

スバルの新型モデル情報|2019年

レヴォーグ|マイナーチェンジ

WRX STI 20B-STIバージョン|新型

インプレッサ STIスポーツ|新型

 

スバルの新型モデル情報|2020年

レガシィ|フルモデルチェンジ

  • HV・PHV・EV搭載
  • 新開発プラットフォーム(SGP)採用
  • セダン(B4)/SUV(アウトバック)をグレード設定
  • 新開発2Lターボ搭載(ダウンサイズ)
  • 内外装の質感向上

レガシィアウトバック|フルモデルチェンジ

  • 新開発2.5Lターボ搭載(3.5L 6気筒 北米仕様廃止)
  • 価格帯:320~380万円

レヴォーグ|フルモデルチェンジ

  • SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTデザイン踏襲
  • 新型プラットフォーム(SGP)採用
  • ボディ剛性向上・ハンドリング性能や乗り心地も向上
  • 新型ダウンサイジングターボ搭載予定
  • 1.8L・1.5L直噴ターボ搭載(270ps・150ps)
  • 先に1.8Lターボエンジンモデルが登場(FA20型ターボ置換)
  • 1.5Lターボエンジン仕様は2020年追加発売(FA16ターボ後継エンジン)
  • 燃費性能向上(JC08モード:15km/L・18km/L)
  • CVT採用
  • HV・PHV・EV搭載

WRX STI|フルモデルチェンジ

  • 新型インプレッサベースに開発
  • スバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用
  • ボディ剛性の向上
  • FA20ターボエンジン搭載か?(S4搭載エンジン)
  • その場合310ps/43.0kgm発揮
  • 6MTトランスミッション採用

WRX S4|フルモデルチェンジ

アセント|新型

  • 日本モデルが登場との予想
  • 2.4Lターボ搭載
  • SGPによりボディ剛性向上
  • X-MODE搭載
  • アイサイト全車標準装備
  • 3列シート
  • フラグシップモデルに位置

 

スバルの新型モデル情報|2021年

スバルは電気自動車(EV)を2021年日本で発売する方針と発表。トヨタやマツダが設立したEV技術開発の新会社へ参加を検討中。

環境性能の高さと運転する楽しさを両立させた車を開発。

既存車種のEV版・候補モデル

  • レガシィ/アウトバック/フォレスター/インプレッサ
  • 独自開発技術をベースにEV化させる

スバル新型クーペSUV|VIZIV ADRENALINE CONCEPTの市販

BRZ|新型

  • エンジン:2.4LNAエンジン採用予想
  • 最高出力:235ps予想
  • ボディサイズやホイールベースは変更なし
  • フロントマスクは現行フェアレディZ似(予想)
  • 6角型ラジエーターグリル採用
  • コの字型LEDポジションランプ採用

インプレッサ|新型

  • ハイブリッド搭載

ミッドシップスポーツ|新型

 

追伸情報

スバルのモデル情報|2018年

エクシーガ クロスオーバー7|生産終了
  • 2018年3月末
  • 販売店の注文締め切りは2017年12月18日
  • 後継の多人数乗車モデル投入の予定はなし
  • スバル唯一の3列目シートモデルだった
インプレッサ|特別仕様車

  • 特別仕様車1.6i-L EyeSight S-styleをSPORT/G4に設定
  • 先行受注:2月1日開始
  • 1.6i-L EyeSightグレードベース
  • LEDライト・6スピーカー特別装備
  • 2WD(FF):210万6000円
  • 4WD:232万2000円
レヴォーグ|一部改良

サンバートラック|一部改良

WRX STI|一部改良

WRX S4 STIスポーツ|追加

フォレスター2.5L NA|6月20日発売

WRX STI タイプRA-R|新型

WRX S4 STIスポーツ|新型

BRZ|年次改良

フォレスター2.0L E-BOXERマイルドハイブリッド|9月14日発売

レガシィアウトバック|一部改良|X-BREAK

レガシィB4|一部改良|X-BREAK

XV HYBRID|マイナーチェンジ

スバル新型PHVモデル|新型

「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用」

骨格から見直され、ボディの肉付けがこれまでのスバルとは異なり、精悍なエクステリアを表現できるようになります。しかし、スバルはEyeSightの自主開発を断念。その他

  • 水平対向6気筒エンジン廃止(フラット6・3.6リッターNAエンジンを現行にて終了)
  • 2020年までにディーゼルエンジンを廃止
  • WRX STI搭載EJ型エンジン廃止
  • 次世代ダウンサイジングターボ・現行F型にエンジンラインアップを集約

するという情報です。

2018年は、フォレスターPHEVや新しい大型SUVなどチャレンジの年となっていきます。また、現在レヴォーグとBRZに展開されるSTI Sportの対応車種を今後拡大させていくと東京オートサロン2018で発表しています。

「2018年10月は燃費表示変更の時期です」

世界基準のWLTCモードは、3つの走行環境(市街地/郊外/高速道路)ごとの各燃費と、その平均値を表示するようになります。

これにより、ユーザーは自分が一番多く利用する走行シーンの実燃費を想定しながらクルマ選びが可能に。その1年後の2019年10月は、消費税率10%への引き上げ予定時期です。ますますシビアなクルマ選びが必要になってきますね。

Return Top