Read Article

ノア 一部改良|特別仕様車「Si W×B」設定|2019年1月7日発売

トヨタのミニバンであるノアが2019年1月7日に一部改良を実施し、特別仕様車「ノアSi W×BⅡ」を新設定するとの情報が入っています。

今回はノアについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ノアの先進安全装備は?

ノアの安全装備は2018年6月に

「Toyota Safety Sense(レーザーレーダー+単眼カメラ)」が
すでに採用されており、

プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)が
「対車両」のみに対応しました。

2019年の一部改良では、

このプリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)に
「対歩行者」を加え性能向上。

最新のToyota Safety Senseは「対歩行者・対車両(昼夜)」に対応します。

昨年マイナーチェンジが行われたシエンタも
「対歩行者」「対車両」のみに収まっています。

 

加えて、

アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、
障害物を検知して自動的にブレーキをかける

インテリジェントクリアランスソナーも新設定されています。

 

Toyota Safety Senseとは?

レーザーレーダー(またはミリ波レーダー※最新)と
カメラを用いることで、優れた認識性能と信頼性を確保するとともに

  1. 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減ブレーキ)
  2. 車線逸脱を防止するレーンディパーチャーアラート
  3. オートマチックハイビーム

をパッケージ化することで優れた安全性能を発揮しています。

 

 

ノアの燃費性能は?

今回の一部改良は主に安全性能の向上が
目的に行われており、

エンジンやトランスミッションに
大幅な改良が加えられることは無いので、

燃費性能は現状維持となる予想です。

そのため、ガソリンエンジン仕様の2WDの燃費は16.0km/L、
4WD(一部グレード除く)の燃費は15.0km、

ハイブリッド仕様の燃費は23.8km/Lとなります。

 

 

ノアの販売価格は?

ノアの販売価格は先進安全装備の内容が充実することにより、
小幅のアップがされる予想となっています。

その価格変更は3万円程度に抑えられます。

 

 

 

【2017年7月3日】ノア マイナーチェンジ

2000年代初期からファミリーミニバンを牽(けん)引してきたノア&ヴォクシー。
あのボックス型は、もう完全にミニバンのイメージとなりました。

  • 5ドア・5~8人乗り
  • FF/4WD仕様
  • 両側スライドドア

を採用するファミリーで使い勝手の良いモデルで
ファミリーに限らず、幅広いユーザーの要望を満たしています。

ノア/ヴォクシー/エスクァイアのマイナーチェンジ概要

  • エクステリアデザイン&機能変更
  • エンジン改良&燃費向上
  • グレード体系見直し

 

エクステリアデザイン大幅変更

ヘッドライト・フロングリル・バンパー・テールランプのデザインを大幅に変更。
現行を保有するユーザーも欲しくなるエクステリアに様変わりしました。

ノアCM新垣結衣ヴォクシーCM柳楽優弥エスクァイアCM長谷川博己

その他、変更点としては、新色(ブラック&ブラウン系)追加、
LEDフォグランプ標準装備、エンジン改良&燃費向上となります。

エンジンシステム向上により、燃費は
ガソリン(2.0L):16キロ(2WD)
ハイブリッド(1.8L):23.8キロへ向上。

ライバルのハイブリッド燃費

セレナe-POWER(2017年夏秋発売):26.2キロ
ステップワゴンスパーダハイブリッド(2017年夏発売):25キロ

ノアのハイブリッド燃費は、ライバルに大きく離されます。


しかし、ノアは次期フルモデルチェンジで
新開発エンジンを搭載して追いつくはずです。

 

 

グレード体系見直し

廃止モデル

ノア特別仕様車「Si WxB」
ヴォクシー特別仕様車「ZS 煌Ⅱ」
G’s

G’sは廃止され「GR」スポーツコンバージョンモデルとして、
2017年11月追加。

 

 

追伸情報

関連記事

「ミニバン」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://toyota.jp

 

ノア|来歴

ノアは先代モデルとなる「タウンエースノア」・「ライトエースノア」が採用していた後輪駆動方式から、
イプサムのプラットフォームを活用した前輪駆動方式へと転換することで低床化し、

後席の左右両側にスライドドアを採用するなど現代的な改良が加えられたモデルとして2001年に登場しました。

現行型は2014年に登場した3代目モデルとなっており、兄弟モデルであるヴォクシーと共通のデザインコンセプトとなる「EMOTIONAL BOX」を掲げることにより、車外からも車内空間の広さが分かる力強い箱型とし、

さらにアンダーグリルと一体化させた大型フロントグリルとヘッドライトの組み合わせによって、
ミニバンの王道を行く「堂々感」を表現しています。

また、3代目モデルでは、2000cc直列4気筒DOHCエンジンを採用したガソリンエンジン仕様の他に、

3代目プリウスのハイブリッドシステムを移植した形となる
「1800cc直列4気筒DOHCミラーサイクルエンジン」にモーターを組み合わせた
リダクション機構付THS2を採用したハイブリッド車を新設定しています。

Return Top